ジャン トッドも歓迎 フェラーリがル・マンのハイパーカークラスに参戦表明

フェラーリが、耐久レースの新しい「ハイパーカー」クラスでレースに参戦しようとしていることを確認した。

かなり衝撃的なニュースなことは、みんなも同意するんじゃない? なぜなら1973年以来初めて、フェラーリがWECと、もちろんル・マンでも、勝利を争うことになるからだ。

そう、出番が来たのだ。フェラーリは2023年のシリーズ参戦を目指している。それも、全く新型のハイパーカーで。もう、想像しただけで本当に血みどろの仁義なき戦いになりそうだ。フェラーリはこの新しいLMHカーの開発フェーズ(デザインやシミュレーションなど)を開始したと言われているが、「コーステストプログラム、車名、公式クルーを構成するドライバー」などの詳細は今後明らかになっていく予定だ。

それは、別の大きくて有名なメーカーが、道路を走行できるマシンの中から、フェラーリを攻撃できるようなものを生み出す必要が出てくることを意味している。トヨタ、プジョー、ポルシェ、アウディ、そしてグリッケンハウスのようなメーカーが、現時点ですべてエントリーすることが確認できているので、信じられないほどエキサイティングなレースシリーズになりそうだ。

フェラーリはル・マンで9回も優勝しており、最後の優勝は1965年の250LMで、その時は「フォード」という、まだあまり名の通ってない集団と大騒ぎを繰り広げていたのだ。

それはまた、GTカテゴリーでも、強気に成功を収めている - 488 GTE エボは、2019年の「ビフォータイムズ」でGTEプロクラスを獲得し、4回のWEC LMGTEプロタイトルを主張してきた。

フェラーリのジョン エルカン社長は次のように語っている。「70年以上のレースの歴史の中で、世界中のサーキットで、私たちは最先端の技術ソリューションを探求することで、クローズドホイールカーを勝利に導いてきました:サーキットから生まれるイノベーションは、マラネッロで生産されるすべてのロードカーを非凡なものにしていくのです」

「新しいル・マン・ハイパーカー・プログラムによって、フェラーリは世界の主要なモータースポーツイベントの主役になるためのスポーツへのコミットメントと決意を、再び表明しました」

FIAのボスであるジャン トッドは、フェラーリのハイパーカーシリーズへの参入は「素晴らしいニュース」と付け加えた。「FIA WECやル・マン24時間レースに参戦するハイパーカーのコンセプトについては、信頼しています。伝説的なブランドが、野心的なプロジェクトに挑むのを楽しみにしています」と語った。

FIAの耐久コミッションの会長である高級時計のリシャール・ミルは、「我々はル・マン・ハイパーカーのコンセプトを開発するために多くのリスクを冒してきましたが、LMHに求めていたもの、つまり技術的なアプローチやマシンの美学の面で様々な哲学を許容するために、多くの努力と根気が必要でした」

「今日、フェラーリが他の有名ブランドの仲間入りをしたことで、達成された結果に満足することができます。フェラーリは、スポーツカーレースにおいて長く名誉ある記録を持っており、直近ではFIA世界耐久GTマニュファクチャラーズ選手権で優勝しただけでなく、ル・マン24時間レースでも複数の総合優勝を果たしています。まだまだやるべきことはたくさんあるのですが、我々はすでに歴史の転換点を目の当たりにすることになり、数年後にはFIA WECのグリッドは史上最強のものになるでしょう」と語った。

新しいハイパーカーの公式画像がないので、上の写真は完全に非公式なレンダリングである。あるデジタルアーティストが考えたものなんだが、何かに似てるよね…?

アーカイブ

subscribe RSS