三菱がインドネシアで人気のパジェロスポーツをモデルチェンジ

インドネシアで人気の三菱パジェロスポーツがモデルチェンジを行った。三菱の世界戦略車であるパジェロスポーツは当店本格 SUV のパジェロで培ったオフロード性能と信頼性・耐久性を継承しながら塔10快適性や機能性を兼ね備えたミッドサイズSUVである。今回のモデルチェンジでは洗練された力強いスタイリングと上質なインテリアを実現するとともに、8インチカラー液晶メーターやスマートフォンでも開閉できるエレクトリックテールゲートなどを新たに装備した。

今回の新型パジェロスポーツは、2015年に登場したシリーズ三代目を大幅に改良したモデルである。三代目モデルの世界累計販売台数は2021年1月までに348000台に達し、インドネシアでの累計販売台数は約89000台に上っている。新型パジェロスポーツはインドネシアにおける乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(所在地:西ジャワ州ブカシ県)にて生産が行われる。なお一部の国や地域ではモンテロスポーツという名前で販売が行われている。

Co-COOの矢田部陽一郎は「インドネシアは当社の事業中各地である汗の中でも最重要市場の一つであり、政府やステークホルダー、そして多くのお客様に支えられ、事業開始から昨年で5周年を迎えました。パジェロスポーツはお客様のニーズに応え、先進的な機能装備と上質で快適なインテリアを実現した新しいパジェロスポーツによって、市場でのプレゼンスを更に高めていきたいと考えています」と述べている。

アーカイブ

subscribe RSS