ジープ初のプラグインハイブリッド、レネゲード 4xeで電動化へ舵を切る

Jeep®のコンパクトSUV、レネゲードから、日本に輸入するジープとしては初めてプラグインハイブリッド車「レネゲード 4xe(フォー・バイ・イー)を設定することが、オンライン発表会を通じて発表された。「ジープブランドは今後数年間で全モデルが電動化される」ということで、本格的な電動化へ舵を切ったかたちだ。FCAグループとしては、将来的にフルEVの新型500も見据え、日本市場へも電動モデルの導入が進んでいくことが予測される。
販売は11月28日(土)からで、価格は、「レネゲード リミテッド 4xe」が4,980,000円、「レネゲード トレイルホーク 4xe」は5,030,000円(いずれも消費税込)。なお、両モデルともに、今後ジープ全車種に標準付帯される「Jeep Wave(ジープ・ウェイブ)」プログラムが標準付帯される。

日本に導入されるブランド初のプラグインハイブリッド車「レネゲード 4xe」はジープ史上最高の燃費効率を達成しながら、ジープの名にふさわしい悪路走破性もいっそう高めたモデルだ。

レネゲード 4xeは、1.3Lエンジンと電気モーター2基、6速オートマチックトランスミッション、リチウムイオンバッテリーからなるプラグインハイブリッドシステムを搭載。
リチウムイオンバッテリーは家庭用200V充電器や公共の充電設備などの外部電源から充電でき、モーターのみで最長48kmの走行が可能となっている。バッテリーの電気を使い切った後は、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車として機能するため、長距離移動にも安心だ。
レネゲード 4xeのハイブリッドシステムは、1.3Lガソリンエンジンにより前輪を駆動する。リアには独立したモーター(定格出力60ps、最大トルク250Nm)を備え、状況に応じて後輪を駆動させる。電気駆動システムはトルクを増大させる上、きわめて高い精度で制御が可能であることから、あらゆる路面で4×4性能がいちだんと高まり、困難なオフロード走行にも対応できる。本格的にオフロード走行を行う場合は、パワーループを採用した電気モーター2基によりeAWDトラクションが常に確保される。
フロントモーターは、減速時およびアクセルオフ時には路面からの運動エネルギーを回収し、電気に変換してバッテリーに蓄える回生ブレーキとして機能する。アクセルオフでの減速の強さは2段階で調整が可能だ。

ハイブリッドシステムの作動状況は3つのモードを選択できる。「HYBRID(ハイブリッド)」モードでは、走行状況に応じて自動的にエンジンとモーターを最も効率の良い状態で使い分ける。「ELECTRIC(エレクトリック)」モードでは、モーターを最大限に活用し、最長48kmまでEV走行が可能となる。毎日の通勤をEVのみで行うという人もいるだろう。
EV状態での最高速度は130km/h。「E-SAVE(イーセーブ)」モードは、バッテリーの消費を抑えるためにエンジンを活用して走行を行うモードとなっている。

改良型セレクテレイン回転スイッチ(4WD Lock、4WD Low、ヒルディセントコントロールの3つのeAWDモード付)も備えている。この回転スイッチはドライブモード(AUTO、SNOW、MUD & SAND、ROCK*トレイルホーク 4×eのみ)も切り替えられるが、今回はレネゲード 4xe専用モードとして、スロットルレスポンスとステアリングをシャープにする新たにSPORTモードを追加している。

レネゲード 4xeには、「リミテッド 4xe」と「トレイルホーク 4xe」の2モデルが用意される。パワートレインの構成は同じだが、エンジンチューニングの違いによりシステム全体の最高出力はリミテッド 4xeが191ps、トレイルホーク 4xeは239psとなっている。燃費性能は前者が17.3km/L、後者は16.0km/L(WLTCモード)となっている。

エクステリアは、4xeではフロントのJeepバッジ、サイドのレネゲードバッジ、およびリアのJeep/4xeバッジにブルーのアクセントがあしらわれる。
その他は従来のガソリンモデルのデザインを踏襲している。ボディカラーは、アルパインホワイトC/C、コロラドレッドC/C、ブラックC/C、スレートブルーP/Cの4色が設定される。

レネゲード4xeの発売を機に、ジープ全車種に対して新オーナーロイヤリティ向上プログラム「Jeep Wave」が導入され、購入者にはもれなく3年間フリーメンテナンスやその他オーナー優遇サービスや特典が提供される。
また、FCAジャパンが導入する初の電動化モデルレネゲード4xeの発売を記念して、ジープ初となる購入のデジタル化も開始される。ジープオフィシャルウェブサイトでのオンライン予約を通じて購入した先着30名には、ジープ・オフィシャル家庭用充電器がプレゼントされる。さらに、今年中にレネゲード4xeを成約するともれなく、「ジープ里山BONSAIキット」が送られる。これは、ジープが2012年より協力しているNPO「プレゼントツリー」が取り組む日本の森の保全活動の一環であり、ジープはこうした活動を通じてコミュニティに利益を還元しているのだ。

FCAジャパンは、2020年初から9月までで、輸入車全体が対昨年比21%減になる中で、14%減と落ち込みを最小限に食い止め、コロナ禍にあっても、粘り強い人気を見せた。その結果、9月には3,000台以上を販売し、昨年消費増税前の駆け込み需要に次ぐ、歴代2位の月間販売台数記録を出した。中でもジープブランドがその牽引役となり、9月には1,824台を販売し、こちらも昨年9月に次ぐ販売台数となった。レネゲードは9月に600台以上を販売し、歴代最高となっている。今回のレネゲード 4xeが、さらなる人気を獲得することは、いうまでもない。そして、そのさきには、FCAグループの電動化戦略、同じく電動化を進めているPSAとの合併も控えていることから、電動化の一大勢力となっていくことも大いに期待されるのだ。

https://www.jeep-japan.com/4xe-hybrid/renegade-4xe.html




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール