新型シボレー コルベットのクーペとコンバーチブルが右ハンドルで日本に導入


「ガイシャは左ハンドルがいい」「アメ車は左ハンドル」そんな向きには、寂しいお知らせかもしれない。新型シボレー コルベットの仕様と価格が決定され、日本には右ハンドルが導入される。またコルベット史上初のハードトップを採用した「シボレー コルベット コンバーチブル」も日本市場にやってくる。
価格は「シボレー コルベット クーペ 2LT」が11,800,000円、「シボレー コルベット クーペ 3LT」が14,000,000円、「シボレー コルベット コンバーチブル」が15,500,000円。デリバリー開始は2021年5月を予定している。
コルベットは、2019年7月にアメリカで8世代目となる新型「シボレー コルベット」を発表。初となるミッドシップの駆動レイアウトをはじめ、快適かつ圧倒的なパフォーマンスは北米のジャーナリストからも高い支持を獲得し、「2020北米カー・オブ・ザ・イヤー」に選出されたほか、アジアプレミアとなった2020年1月の日本初公開でも大きなセンセーションを巻き起こした。日本市場へはコルベットブランド初の右ハンドルを導入するほか、クーペモデルには「2LT」および「3LT」の2トリムが用意される。

新型「シボレー コルベット コンバーチブル」はコルベット史上初となるリトラクタブルハードトップを採用した。従来のソフトトップに比べより静粛なキャビンと、セキュリティの向上、シームレスな格納によるクリーンな外観を実現し、48km/hまでの走行時でも所要時間わずか16秒の開閉が可能となっている。トップ収納時もゴルフバッグ2個分を搭載可能なトランクスペースを確保し、フロントの収納スペースと合わせてクーペと同等の実用性を維持している。

GMジャパンが株式会社ゼンリンデータコムと共同開発した完全通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」を標準装備し、トンネルなどGPSで測位できない環境でも自律航法が可能。最新の地図を常にストリーミングし、データ更新の煩わしさから開放される。パフォーマンス向上はもとより、快適性を重視した新型コルベットは、冒頭の左ハンドル好き以上に、新規の右ハンドルLikeなファンを呼び寄せることになりそうだ。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール