ホールドアップ!マイケル ジョーダンがガチ使用していたS600がeBayに

ただのエアジョーダン・メルセデスではなく、1990年代を席捲したロリンザーが息を吹き込んだもの。
マイケル・ジョーダンのドキュメンタリー「ラストダンス」は、当然ながら、見たよね?もし観ていないなら、ロックダウン中に、キミは何をしていたのかね?Netflixのとんでもなく面白いマイケル・ジョーダンのドキュメンタリーは、みんなをバスケに夢中にさせ、80年代後半から90年代がどれだけクールだったかを思い出させてくれた。

もちろん、MJのブザービーター(試合の終了直前にシュートを放たれ、ボールがプレーフィールド内にある間に残り時間が0となり、ゴールに入るショットのこと)にちょっと興奮しすぎただけでなく、彼のクルマへのハッキリとしたこだわりにも夢中になった。誰か他に、白い911ターボ・スラントノーズ・カブリオレなんか持っている人がいた?なんということだろう。

ドキュメンタリーにも登場していた、この写真。マイケル ジョーダン所有していた、ロリンザーチューンドのV12エンジンのメルセデス S600 クーペだ。これが、現在、eBayで売りに出されている。

この愛らしいC140はビバリーヒルズカークラブに掲載されており、この記事を書いている時点での最高入札額は202,200ドル(2,150万円)となっている。もちろん、史上最も偉大なバスケットボール選手が購入したということもあり、この特別なS600は工場出荷時からハイスペックであった。クルマの電話の電源を入れると、ダッシュにジョーダンの名前がポップアップするというスペシャル感満載だ。
標準的なS600には満足せず、ジョーダンはドイツのチューナーであるロリンザーにクロームホイールと6.0リッターV12へのアップグレードを依頼し、400hpのマークを超えている。Netflixで、熱病にかかってしまったアナタ、入札してみるのはいかが?




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール