フォルクスワーゲン初の電気自動車SUV「ID.4」の生産開始

いやはや、もはやID.3どこの騒ぎじゃない。フォルクスワーゲン初の電気自動車SUV、「ID.4」の生産がツヴィッカウで開始された。「ID.4」は、9月末に世界初公開される。一番下の動画では、その姿が少しわかるようになっている。
フォルクスワーゲングループは、2024年までに約330億ユーロ(4.2兆円)を投資し、そのうちの110億ユーロ(1.4兆円)はフォルクスワーゲンブランドに割り当てられる。フォルクスワーゲンブランドは、2025年に150万台の電気自動車を生産するという目標を掲げている。
「フォルクスワーゲンは今回の“ID.4”をもって、世界最大の成長セグメントであるコンパクトSUVクラスに新たなEVで進出します」と、フォルクスワーゲンブランド最高経営責任者(CEO)のラルフブランドシュテッターは述べている。「“ID.4”は、“ID.3”に続き、モジュラーエレクトリックドライブマトリックス(MEB)をベースにした2番目のモデルです。将来的にこのモデルは、ヨーロッパおよび中国で、その後は米国でも生産・販売する予定です。これにより、世界規模でMEBプラットフォームのスケールメリットを活かし、“ID.”
ファミリーを成功に導くための経済的基盤を構築します」
e-モビリティ担当取締役のトーマスウルブリッヒは、次のように述べている。「フォルクスワーゲンブランドにおけるe-モビリティへの変革プロセスは、予定通りに進んでいます。今回、“ID.3”に続き、“ID.4”の生産が開始されました。この数カ月間で直面した大きな社会的課題を考えると、“ID.4”の生産を開始できたことは、大きな成果と言えるでしょう。特にフォルクスワーゲンザクセンのIDチームのすべてのメンバーに感謝します。“ID.”ファミリーの2番目のモデルは、つい最近まで内燃エンジン搭載車を生産していたこの工場から、既にラインオフしているのです」
ツヴィッカウは、e-モビリティへの移行において重要な役割を果たす。大規模な自動車工場が、e-モビリティ専用工場へと全面的に改装されるのは初のことである。投資額は、約12億ユーロ(1,500億円)に上る。すべての改装作業は、予定通りに今年完了する。EV専用工場としてフル稼働する最初の年となる2021年には、モジュラーエレクトリックドライブマトリックス(MEB)をベースにする約30万台の電気自動車が、ツヴィッカウ工場からラインオフする予定だ。それにより、この拠点は、ヨーロッパ最大かつ最も効率的なEV工場となり、フォルクスワーゲンのグローバルな生産ネットワークの変革を先導する役割を果たすことになる。
この電気自動車SUVを、世界レベルで展開する準備も本格化している。中国の安亭工場では、「ID.4」の量産試作を既に開始しており、米国のチャタヌーガ工場では2022年から「ID.4」
の生産を開始する予定だ。

「ID.4」は、フォルクスワーゲンのモジュラーエレクトリックドライブマトリックス(MEB)をベースにしている。MEBは、e-モビリティが提供する可能性を最大化するために開発された、電気自動車専用のプラットフォームだ。「ID.4」は、0.28の低い空気抵抗係数(Cd値)と、拡張可能なバッテリーシステムにより、500km以上(WLTP)の航続距離を実現できる。
この新型モデルは、広々とした室内スペースも提供し、力強いプロポーションによる非常に
モダンなエクステリアデザインを特徴としている。

発売当初、「ID.4」は後輪駆動モデルとして発売されるが、後日、電動4輪駆動バージョンが追加される。サンドイッチ構造の高電圧バッテリーをアンダーボディに搭載することにより、ドライビングダイナミクスの面で理想的な低重心が実現すると同時に、バランスの取れた車軸荷重配分を達成している。新しいモジュラーエレクトリックドライブマトリックス(MEB)をベースにするすべてのモデルと同様、「ID.4」は、コンパクトな電気駆動テクノロジーにより、非常に広々とした室内を備えている。このゼロエミッションSUVのコックピットは構造化され、広範囲にデジタル化されています。各種機能の操作は、主にタッチパネルと直感的な操作が可能なボイスコントロールを使用して行うことができる。

フォルクスワーゲンでは、パリ協定の気候目標に従い、2050年までに完全にカーボンニュートラルな企業になるという目標を設定しているフォルクスワーゲンブランドにとって、「ID.4」と「ID.3」は重要な節目となるモデルだ。「ID.3」同様、その姉妹モデルとなる電気自動車SUVの「ID.4」も、持続可能性に関して新たなベンチマークを設定している。ザクセン州で行われている生産は、カーボンニュートラルであり、電気SUVは、カーボンフットプリントがゼロの状態で、納車される。「ID.4」に搭載され、多くのエネルギーを必要とするバッテリーセルの生産は、グリーン電力のみを使用して行われる。

明確な方向性を持ってe-モビリティ市場へと参入したフォルクスワーゲンは、気候保護に対して重要な貢献を果たし、それにより、ドイツ国内の工場で働いている約10万人の従業員に、長期的な展望をもたらそうとしている。ツヴィッカウ工場での生産とは別に、ブラウンシュヴァイク、カッセル、ザルツギッター、ウォルフスブルグにあるコンポーネント工場も電気自動車の生産に関与している。これらの工場では、電気モーターやバッテリーシステムといった重要なコンポーネントを製造している。「ID.3」は、2021年からドレスデンの「ガラスの工場」でも生産される。2022年からは、エムデンとハノーバーの工場でも、電気自動車の生産を開始する予定だ。
次世代の覇権を握るのは、どの自動車メーカーになるだろうか。フォルクスワーゲンが有力候補の一つであることは、間違いがない。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール