170万枚以上のレンダリング画像を使用したベントレーのオンラインカーコンフィギュレーターに新型ベントレー ベンテイガが登場


ベントレーのオンラインカーコンフィギュレーターが公開され、新型ベントレー ベンテイガがラインナップに加わった。
https://www.bentleymotors.com/en/misc/car-configurator.html
ベントレーのように、 無限大と言ってもいいほどのバリエーションを持つがラグジュアリーブランドであれば、コンフィギュレーターは、インスピレーションを得るのに最適なツールになる。
完成したコンフィギュレーターは、170万枚以上のレンダリング画像を使用して、ベントレーの全モデルのほぼ無限のオプションを再現してくれるのだ。
単一コンポーネントの画像は、ベントレーのデジタルアーカイブから直接取得され、エンジニアリングおよび製造システムにリンクされており、車両の実物そっくりのレンダリングが表示される。デジタルクラフツマンシップがベントレーの高い水準の物理的な世界を表現していることを確認するために、新型ベンテイガの28万枚の画像すべてを分析し、ベニヤやステッチの位置合わせ、キャビン全体のハンドクロスステッチの流れなどをチェックする必要があった。
完璧さを保証するために、デジタルクラフトマンたちは、ベントレーの製造部門の熟練した従業員たちと同じプロセスと技術でトレーニングを受けている。
ベントレーのバーチャルメディアマネージャー、ポール・チャップマンのコメントは以下の通りだ。
「私の仕事は、テクノロジーとラグジュアリーを融合させ、クラフツマンシップ、革新性、持続可能性を兼ね備えたデジタル・ベントレーの生産を、現物車と同じように実現することです。最大100億通りの構成が可能なベントレーをデジタル空間で再現するには、どれだけの画像が必要かとよく聞かれますが、新型ベンテイガでは、お客様のすべてのオプションを表示するために28万枚の画像を必要としました」
「A4の紙に全部印刷するとしたら、紙の山は28メートルにもなります」
近年、車両の複雑さが増し、しかも製品を市場に投入するまでの時間が短縮されるため、コンフィグレータ内で新しいモデルを提供するためには、より俊敏で効果的なデジタルソリューションが必要となる。 ヨーロッパとハリウッドの多くの国際的なサプライヤーにアプローチした結果、インテルoneAPIレンダリング・ツールキットの一部であるインテルOSPRayを介した高度なレイトレーシングの知識と経験を持つインテルとのコラボレーションが実現した。
レイトレーシングは、光の経路をピクセルとしてトレースし、仮想オブジェクトとの反応の効果をシミュレートすることで画像を生成する技術です。これにより、高度なリアリズムが得られますが、かなりの計算能力と時間を必要とする。
2017年からの共同作業により、ベントレーとインテルは大幅な改善を実現した。インテルが人工知能(AI)をOSPRayに統合し、ベントレーから提供されたフィードバックとデータを活用することで、これまで以上に高速にレンダリングできるようになりました。コンフィギュレーターの制作時間が短縮されたことで、エラーの排除に集中できる時間が増えた。第1世代と第2世代のベンテイガ用コンフィギュレータの間では、コンテンツが600パーセント増加したにもかかわらず、エラー発見では33パーセントの改善が見られた。
技術プラットフォームのコラボレーションとソフトウェアの進歩により、大量のデータをレンダリングすることが可能になり、リアルタイムでインタラクティブに車両を満載したデジタルディーラーを提供し、非常に正確なビジュアライゼーションを実現した。本物の3次元エンジニアリングデータを、驚くほど詳細に視覚的に表示することができる。計算時間と消費エネルギーの削減は、持続可能性の向上にもつながっている。
ベントレーは現在、インテルのレンダリング性能と最適化されたAIツールキットをベントレーのデジタルクラフツマンシップと組み合わせることで、このプロジェクトをさらに拡大したいと考えている。
製品の正確性と品質基準を理解するためにソフトウェアをトレーニングすることで、効率性を高め、イメージを提供するために必要な時間を短縮し、顧客のモチベーションを高め、将来のインタラクティブなラグジュアリー体験を提供し続けている。
アフターコロナで、よりこのような高度なAIを駆使したコンフィギュレーションの必要性が増していくだろう。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール