89%の水使用量を削減してきたベントレーが新たに雨水貯留システムを設置

ベントレーモータースがまた、世界で最も持続可能な高級車メーカーになる日が近づいた。英国クルーの本社および生産施設に先進的な雨水貯留システムを導入したのである。これは、英国ブランドの水使用量削減プログラムの最新のステップである。

この設置作業は、6月5日の世界環境デー(環境保護のための世界的な意識と行動を促す国連の日)に合わせて行われているものだ。ベントレーが水の使用量に対して注目してきた20年の間に、車両1台あたりの製造に使用される水の量を89%削減してきた。

最近の取り組みとしては、製造工程で使用する水のリサイクルシステムを導入し、現在、降雨からくみ上げた水を施設の維持管理に利用している。

ベントレーの雨水貯留システムは、クルーの敷地内に設置された1つの貯水タンクから構成されており、2つのフィルターとポンプを内蔵しており、設備に直接加圧された水を供給している。

この新しいシステムの容量は20,000リットルで、毎日平均1,800リットル以上の水を供給することが期待されているのだが、もちろん、この数字は通常の予測可能な範囲でのクルーの気候状況により試算されている。

製造部門の取締役であるピーターボッシュは次のように述べている。「ベントレーでは、環境、社会、経済への影響を考慮に入れながら、持続可能なラグジュアリーモビリティの提供で業界をリードすることに注力しています。長期にわたる水使用量の削減に向けた当社の取り組みは目覚ましく、環境を保護するための新しい革新的な方法を見つけ続けています。今回の新システムの導入により、私たちのビジネスが水道供給に求める需要をさらに削減することができ、環境に配慮しながら行うことができます」

ベントレーは、世界最高の自動車を開発・生産すると同時に、環境への影響を減らす努力をしている。昨年、クルー工場はカーボントラス社からカーボンニュートラル認証を取得し、水の使用量、エネルギー使用量、CO2排出量をさらに削減するために、さまざまな技術への投資を続けているのだ。

同時に、2026年に予定されている初の完全電気自動車ベントレーの導入に向け、電動化への取り組みを加速させている。初のラグジュアリープラグインハイブリッド車であるベンテイガ ハイブリッドの発売に続き、英国の高級車メーカーとして2023年までに全モデルにハイブリッド車または電気自動車を導入することを目標としている。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール