スモーキー永田氏に山内一典氏、トヨタ GR ヤリスと日本のヒーローがゾクゾク登場「トップギア・ジャパン034号」

トップギア・ジャパン034紙の雑誌/発売日:2020年3月31日

書泉グランデ(神保町) https://www.shosen.co.jp/grande/ と、

書泉ブックタワー(秋葉原) https://www.shosen.co.jp/tower/ でもお買い求めいただけます。

1)送料無料のダイレクト販売

※定期購読もあります。5冊以上まとめ定期購読は割引制度がありますので、問い合わせフォームからご連絡ください。PWつきのシークレットサイトをご案内させていただきます。

●年間定期購読(8冊) 10%OFF

https://topgear.thebase.in

※インターネット決済ができない方には、銀行振込もご利用いただけます。

問い合わせフォーム

FAX:03-4589-5320

にて、お問い合わせください。

2)Amazon

(紙)トップギア・ジャパン 034

(電子版)

Amazon Kindle + Kindle Unlimited

https://amzn.to/2vYoXWC

※Kindle Unlimited会員の方は無料でお読みいただけます。

5日間の無料キャンペーンも随時行っていきますので、ツイッターをチェックしていただけると嬉しいです。

スモーキー永田氏に山内一典氏と日本人ゾクゾク登場 034号

「もう、忖度はコリゴリ」というアナタにおすすめしたい、トップギア・ジャパン034号。

2020年は新車ラッシュということで、2020年注目のクルマ特集だ。本当は3月のジュネーブモーターショーで一挙発表予定だったものもあるが、ご承知の通り、新型コロナの影響でショーも中止となってしまった。だからこそ、逆に、この特集で俯瞰してみてほしい。巻頭は、見ているだけで心臓がバクバクするマクラーレン スピードテールクリス ハリスがご案内。トップギアだけのオリジナル企画だ。そして、台風の目になりそうなトヨタ GRヤリス。海外でもスープラ同様、熱い注目を集めているので、日本の株が上がると良いと思う。アストンマーティンDBXは、会社の成功の鍵を握る、大事な一台だ。それから、マクラーレン GT、ベントレー コンチネンタル GT、ポールスター 1と、3台のゴージャスなGTを用意した。そして、UKから来日して取材した記事も2本ある。1本目は、シミュレーションレースという概念を永遠に変えてしまった「グランツーリスモ」山内一典氏にインタビューだ。もう1本は、ミスター「トップシークレット」、スモーキー永田氏へのインタビュー。20年前、イギリスのA1道路で起こした、スピード違反。この伝説の一夜に迫る。

 2020年注目のクルマ

 2020年は新車ラッシュ。絶対に手に入れたいクルマの巻頭は、見ているだけで心臓がバクバクするマクラーレン スピードテールだ。クリス ハリスがご案内。

トヨタ GRヤリス

この名前だけは忘れちゃいけない。トヨタのレッドホットなポケットのロケットが、もうアイドリングを始めているぞ。台風の目になりそうだ。

アストンマーティン DBX

このクルマの成功は、アストンマーティンの世界征服計画を遂行するために、必ず必要なものだ。さあ、一緒にアストンマーティンの初SUVを見に行こう。

ゴージャスGT

改めて問う、GTとはなんぞや?その疑問に答えるべく、3台の異なるアプローチのGTを用意。スピードとラグジュアリーのブレンド具合が違うのよね。

Mr.グランツーリスモ

シミュレーションレースという概念を永遠に変えてしまった男に会いに行った。山内一典の待つ、東京の本社へ。

スモーキー永田

ミスター「トップシークレット」、仲間にはスモーキー永田で通ってる。20年前、イギリスのA1道路で起こした、スピード違反。伝説の一夜に迫る。

【トレンド レポート】

アストンマーティンDBX・ケイマンGTS・ランボ ラットロッド

アストンマーティンのSUV、DBXの試乗を中東オマーンで行った。SUVの性能を試すにはぴったり。ポルシェやランボルギーニのワクワクするニュース。

プロゴルファーの愛車・H.モーザー

ゴルファーとクルマの親和性は高いもの。トヨタの未来の街づくり、ソニーの自動車。かっこいい、黒い時計が大集合。

【ドライビング】

三菱vs BMW vs VWハイブリッド対決

 ハイブリッドに注力している自動車メーカー3台の対決。英国で大人気の三菱 アウトランダー PHEVも参戦。ドイツメーカー車に勝てるか?

アルピーヌA110Sポルシェ ケイマンベントレー ベンテイガ スピードフォード プーマなど、いち早くインプレッション。

トップギアTVの最新情報はこちらの記事をどうぞ。旧作も新作もガンガン公開されている。旧作ファンも新作ファンも、トップギアを好きなことに変わりはない。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューターのオススメ・テレワークに最適なパソコン特集