コイツは絶頂ターボの予感 ポルシェ 911 ターボ S

絶対ターボ主義というみなさんに、絶頂を極めそうなモデル、ポルシェ911 ターボSをご紹介しよう。ジュネーブショーで出るぞと、さまざまなメディアで予想がなされていた、注目のモデルだ。ラインナップは、クーペとカブリオレ。最高出力650PSを発揮する2つの可変タービンジオメトリー(VTG)ターボチャージャーを備えた新しい3.8リッター水平対向エンジンは、先代よりも70PS増加した。最大トルクは800Nm(50Nm増加)、ターボ専用8速ポルシェ ドッペルクップルング(PDK)仕様車の0-100km/h加速タイムはわずか2.7秒(0.2秒短縮)で、最高速度は330km/hに達する。特筆すべきは、0-200km/h加速で、先代を1秒短縮する8.9秒をマークしている。

3/31に、911 ターボ Sの日本価格が発表になった。911 ターボ Sは28,920,000円、911 ターボ S カブリオレは31,800,000円。どちらも8速PDKだ。

911ターボSのまったく新しいエンジンは、現行モデルの911カレラのエンジンがベースとなっている。再設計された給気冷却システム、電動調整可能なウエストゲートフラップを備えた対称レイアウトの新しい大型VTGターボチャージャー、および応答性、出力、トルク特性、エミッション挙動、吹け上がり性能に関する車の特性を大幅に改善するピエゾインジェクターの使用を特徴としている。
この新しい6気筒エンジンは、全く新しいエアインテークシステムによって吸気されている。そのために、処理空気と給気冷却の以前の経路が入れ替えられ、処理された空気の一部は、リアサイドセクションの特徴的なターボエアインテークを通って流される。リアフェンダーに備わるエアフィルターの前方にも、リアリッドグリルを通る2つの別のエアフローが組み込まれている。全体の断面積が大きく空気抵抗の小さな4つのエアアインテークを備え、エンジン効率の向上を助けているということだ。可変タービンジオメトリー(VTG)を備えて対称に配置された2つの大型ターボチャージャーが以前のパーツに代わり、コンプレッサーとタービンホイールは反対方向に回転する。タービンホイールの直径は55mm(5mm増加)に、コンプレッサーホイールの直径は61mm(3mm増加)に、それぞれ拡大された。ウエストゲートフラップは、ステッピングモーターによって電気的に制御されている。強化された4WDシステムのポルシェ トラクションマネジメント(PTM)によって、最大で500Nmのトルクがフロントホイールに供給される。標準装備される新世代PASMシャシーもさらにスポーティーに改善され、より迅速かつ精確に制御されるダンパーが、ロール安定性、ロードホールディング、ステアリング挙動、コーナリングスピードのダイナミクスに大きなメリットを提供する。

エクステリアでは、強化されたドライビングダイナミクスに合わせて大幅にボディサイズが拡大されている。フロントアクスル上部では45mmワイドになり1,840mm、リアアクスル上部では20mmワイドとなり全幅が1,900mmになりました。トレッド幅の変更、エアロダイナミクスの改善、およびサイズの異なる新しいタイヤ構成によって、俊敏性とスポーツ性が向上している。トレッドはフロントが42mm、リアが10mmワイドになった。さらに、アダプティブエアロダイナミクスには、フロントの制御式クーリングエアフラップが含まれており、大型のリアウイングは、さらに大きなダウンフォースを提供するように設計されている。911 ターボ Sは、初めて2つの異なるサイズのタイヤでパワーを路面に伝える。フロントに20インチホイール(タイヤサイズ:255/35)、リアに21インチホイール(タイヤサイズ:315/30)を装着している。また、新しい装備オプションも充実。車高を10mm低く設定するポルシェ アクティブサスペンションマネジメント(PASM)スポーツシャシーや、調節可能なフラップを備えたスポーツエグゾーストシステムなどが含まれる。

よりワイドなエアインテーク、デュアルフロントライトモジュール、標準装備のダークインサート付LEDマトリックスヘッドライトを装備する新しいフロントエンドは、ターボ特有の外観を備えている。再設計された空気圧展開式フロントスポイラーと大型リアウイングはダウンフォースを15%強化し、エアインテークを統合する力強いリアウイングセクションはターボSの流線型のボディを強調した。ハイグロスブラックのターボスタイルの角型テールパイプを備えた新しいリアエンドが、車両のリアの外見を引き立てている。
インテリアももちろん、スポーティさにあふれる。標準装備には、フルレザーインテリア、およびライトシルバーのアクセントを組み合わせたカーボントリムを配した。18wayスポーツシートには、初めて911ターボ(タイプ930)に敬意を表するステッチが施されている。PCMのセンターディスプレイのサイズは10.9インチで、新しいアーキテクチャーによって気を散らすことなく迅速に操作することができる。その他のハイライトには、GTスポーツステアリングホイール、新しいポルシェ トラックプレシジョンアプリを統合したスポーツクロノパッケージ、BOSE®サラウンドサウンドシステムがある。

…と、ターボ Sは、ターボファンの期待を裏切らない絶頂ターボが期待される一台。まだ、価格は未定だが、まあ、それ相当の覚悟は必要となるだろう。バーンと一括で購入できる人は別だが、今からコツコツ貯金をするか、ギャンブルで一発当てるか、どちらかしかなさそうだ。

ポルシェ ターボ S




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューターのオススメ・テレワークに最適なパソコン特集