GT-Rを撮るにはGT-Rじゃなきゃダメ マットブラックのGT-R撮影車両がめちゃめちゃカッコいい件

日産 GT-Rを撮影したマットブラックのGT-R

新型車両のデビュー時には、プロモーション動画がつきもの。フツーのクルマなら、高性能SUVなんかの撮影車両でいいのだが、それが「日産 GT-R ニスモ」となると、ちとハナシは変わってくる。

このGT-Rには、車両のアクションシーンを撮影する専門ドライバーであり、大型予算の大ヒット映画や自動車関連テレビ番組のコーディネーターとしても著名なマウロ カロが乗り込み、サーキットで「日産 GT-R ニスモ」2020年モデルを追いかけながら撮影した。カロが究極のスピードで走行するカメラカーという夢を実現し、サーキットを疾走する「日産 GT-R ニスモ」2020年モデルを走りながら撮影するには、もう一台のGT-Rが必要になったというわけだ。

カロは、「高性能なカメラカーの開発を考え始めてすぐ、『日産 GT-R』だけが基準を満たすクルマだと気がつきました。スーパースポーツカーとしての高い動力性能と四輪駆動、優れたハンドリングと走行安定性を備えており、カメラシステムを操作するクルーを全員乗せるためのシートも備えています。候補となるモデルは他にはありませんでした」と語った。

GT-Rの場合、4座席全部をいつも使用しているオーナーの方は多くはない。確かに、ぎっちり満席で走っているGT-Rは見たことがない。たいてい1人、多くても2人くらいか。しかし、撮影では通常、カメラクルー全員が乗車する必要がある。運転席のカロの他に、ジンバルを操作するスタッフやフォーカスプーラー、そしてディレクターなどクルー全員が同時にクルマに乗らなければ、高速で疾走する世界最速のクルマを高解像度のビデオで美しく撮影することはできないのだ。GT-R史上、最も速く最も高性能な「日産 GT-R ニスモ」2020年モデルを撮影できるのは、GT-Rをおいて他に存在しなかった。しかし、何よりもカッコいいのが、このマットブラックのボディ。光を吸収し、反射を抑えるためだったというが、結果的に本家を凌ぐほどの迫力になっている。これを見て、同じ仕様にしたくなるというオーナーも出てくるのではないだろうか。

カロは、「『日産 GT-R』には写真やビデオ撮影で乗ったことがあり、素晴らしいクルマであることは知っていました。今回、この『日産 GT-R』を高速カメラカーに改造し、トラックを走る世界最速のクルマを撮影してみて、改めてその性能、信頼性、安定性へ深い敬意を抱きました。このGT-Rと同様の撮影を可能とするクルマは他には存在しません。撮影を重ねるにつれて、チームメンバーの感動も高まりました」と語っている。

ドイツのユーロスピードウェイ ラウジッツで行われた「日産 GT-R ニスモ」2020年モデルの試乗会では、「日産 GT-R ニスモ」とGT-Rのカメラカーが互いに追いかける姿を披露した。この模様を記録した映像は、YouTube や様々なSNSにて既に数百万回再生されている。




マウスコンピューター/G-Tune

アーカイブ

subscribe RSS