BMW i16の極秘スケッチ公開 i8の後継は幻となり、代わりに手に入れられたのはXM

BMWが「i16」の極秘スーパーカースケッチを公開。未来はこうなるはずだった。その代わり、私たちはXMを手に入れることに…*ため息*

BMWは、革新的なスーパーカーi8の後継モデルを示すスケッチ一式を公開した。世界よ、我々が手に入れるべきだったクルマ、BMW i16を紹介しよう。

BMWのデザインボスであるドマゴイ ドゥケックは、ソーシャルメディアを通じて秘密のスケッチを公開した。それは、i8のゴージャスなラインを受け継ぎ、2019年に公開された同じく魅力的なVision M Nextのショーカーの要素をかなり取り入れたクルマを示唆している。

「これはもうひとつの秘密、i16です」とドゥケックは言った。「BMW i8の後継モデルとして開発されたこのプロジェクトは、私が個人的に関わったものです」

「i16は、未来のクラシックのスタイルをすべて備えていましたが、M1からデザインを前進させる斬新なタッチもありました。12カ月もかからずに、内外装ともに完成したのです。キーとなったのは、BMW i8のコンポジット構造を採用することでした。よく見れば、いくつかのヒントが見つかるはずです!」

確かによく見ていますよ、デュークさん。もちろん、2019年にトップギアでは、i8のエキゾチックな構造と哲学、そしてフルファットなパワーを融合させたVision M Nextのバージョンが数年以内に生産されると報じている。

実際、2019年のヴィジョン Mコンセプトは、真ん中に搭載された強力なターボ付きの4気筒と、600bhpを発揮する2基の電気モーターを組み合わせていた。当時、BMWはEVモードだけで、ヴィジョン Mのパワーはi8の合計パワーを上回ると見積もっていた。

重量は?BMWは1,600kgから1,700kgを目標に掲げていたが、これらのスケッチでは、オリジナルのBMW M1とi8の両方から大きく影響を受けたゴージャスなシルエットを中心に、その目標がしっかりと設定されていることがわかる。かなりの生産準備が整っているように見えない?

まだ時間はあるよ、BMW。i16を復活させてくれるなら、XMのことは許す。

だが残念なことに、数年前の出来事によってその未来は閉ざされてしまったようだ。「歴史は作られませんでした」とデュケックは投稿で記している。「我々がプッシュしている間、2020年に世界は変わってしまったのです。それで、このプロジェクトは残念ながら中止せざるを得ませんでした」

「しかし、人生とはそういうものです。デザイナーとして、私たちはこのようなプロジェクトの紆余曲折を熟知しています。それでも、私たちは夢見ることをやめず、新たな可能性を探求し、常に新しいプロジェクトが角の向こうに待っているのです」と付け加えた。

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「BMWの取締役会にはもはや熱心な自動車愛好家はいない。残っているのは金儲けのことしか考えない裏切り者ばかりだ。これが生産に至る可能性があるとは思えない。彼らに対する私の最大の怨恨は、XMでもなく、BMW 3.0 CSL(2023年)の量産型が美しいコンセプトと何も共通点がないこと」
↑「毎回BMWを思い出すたびに、元妻を思い出す。彼女は素晴らしい存在だったが、彼女は大抵、僕がいいと思うものを選ばなかった」
↑「おそらく、このサイトの歴史の中で最高のコメントの1つかもしれない」
「もちろんBMWはこれを作らないだろう、彼らは醜い車しか作らないから」
「ここで少数派になるかもしれないが、これが中止されたのは良かったことだ。それは即座に時代遅れで、進歩的でなく、素晴らしいi8からの一歩後退したデザインだからだ」
↑「そうとも言えるけれど、M1へのオマージュと呼ぶこともできる。それでも、私にとっては、i8以来のBMWが行ったものよりもはるかに良く見えただろう。彼らは醜い風刺画のブランドになってしまった、すなわち、運転後に笑顔で振り返らないクルマを作るメーカーに」
↑「私は最初のM2/Competitionの外観が好きだが、それはi8の後に来た。しかし、G世代は全体的に攻撃的に醜い」
「i8の第2章かな?」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/02/66971/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ