パガーニ ウアイラ R Evoは888bhpを発揮するルーフレスのサーキット専用ハイパーカー

パガーニ ウアイラR Evoは888bhpを発揮するルーフレスのサーキット専用ハイパーカー。標準のHuayra Rよりもパワーがあり、ヘッドルームがはるかに広いロングテールのモンスター。

汝の耳と心を準備せよ、これが新型パガーニ ウアイラ R エボだ:2021年の「スタンダード」なウアイラ Rはちょっと遅くて、ちょっと静かすぎるかもしれないと思っている人たちのためのクルマである。

明らかに、そういったユーザーからの需要は存在し、期待に応えてくれる。というのも、新型エボは6.0リッターHWAパワープラントをリフレッシュし、新しいインテークマニホールド、新しいカムシャフト、再調整されたECUを採用することで、最高出力888bhp(Rの850bhpに対して)、レッドライン9,200rpm(Rの9,000に対して)を実現しているから。この数字なら、そのような人たちは満足するのではないだろうか。

実際、このエボは実に魅力的に見える。ボスのオラチオ パガーニは、「ウアイラ R Evoのデザインのインスピレーションは、ナッシュビルで開催されたフォーミュラインディレースで得られたのです」と述べている。「エアロスクリーンを装備したシングルシーターカーを観察しているうちに、保護ポリカーボネート製サーフェスと、2枚のルーフパネルを取り外すことで、空気の魅力と魅惑的なエンジンサウンドを存分に味わうことができるクルマを作るというアイデアが浮かんだのです」

「その瞬間から、主観的な言葉かもしれませんが、調和のとれたラインと力強い個性を持つ、美しい車を作ることを目標に出発しました。最終的な結果は、お客様に最も愛されている車のひとつであるウアイラ Rの正真正銘の子孫なのです」

この男は詩人であると同時に、技術的な魔術師でもある。もちろん、ロングテールのボディは特別仕様のロードカーであるウアイラ コダルンガ(Huayra Codalunga)からそのまま受け継いだものだが、これを最新のサーキット用ハイパーカーのベースとして使用することで、190mmの延長によってダウンフォースが45%、空力効率が21%向上したとパガーニは言う。悪くないじゃないか。

巨大な新型ディフューザーがその一助となり、さらに巨大なリアウイングには中央の「スタビライジング」フィンが追加された。また、パガーニによれば、パネルを取り外してルーフをオープンにすることで、ダウンフォースはさらに5パーセント増加するという。

その他では、カーボンセラミック製ブレンボブレーキが改良され、フロントのディスクとパッドの制動面積が14パーセント増加した。タイヤもピレリ Pゼロのスリックタイヤに変更され、フロントスプリッターは101mm前方に張り出している。エンジンと6速シーケンシャルギアボックスは、カーボン製チューブに直接ボルトで固定された構造部材のままであり、ダウンフォースが増加したため、サスペンションセットアップにはまったく新しいヒーブダンパー(第3の油圧エレメント)が追加されたと聞いている。

これらのアップデートのおかげで、エボは現行のLMP2マシンとほぼ同等のパフォーマンスを発揮できるようになったようだ。もし十分な資金があれば、パガーニのアルテ イン ピスタのサーキット走行日にエボを購入し、そのまま乗り込むことだってできる。

これらのサーキット走行日は、Huayra R、Zonda R、Zonda Revolucionsと共有されるため、騒音はかなり特別なものになるはずだ。そしてパガーニは、あなたを指導するプロのドライバー、車の世話をするプロのメカニック、体を温めお弁当を作るモータースポーツ専門の理学療法士と栄養士を同行させてくれる。

さて、誰か古いウアイラ RをEvoに乗り換えようと考えている人はいるかな?

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「ゾンダはやはりパガーニのヒーローだと思う。最新のイテレーションはオーバーワークで、ちょっと頑張っているように見える。ルーフレスなのにシュノーケルスクープ?ちょっと妥協しているようだな」
↑「ほとんどの人は、車に興味を持ち始めた頃のフラッグシップカーを、そのブランドのヒーローカーとして見ていると思う。同年代の人たちにとってはゾンダ、若い人たちにとってはウアイラだろう。ランボルギーニの場合は、レヴエルトではなく、ムルシエラゴやアヴェンタドールの世代の1台をヒーローカーとして見るのではないだろうか?もちろんすべての人に当てはまるわけではないけど」
↑「僕にとってムルシエラゴLP640は特別なマシンなんだ。初めてランボルギーニのファクトリーに行って、引退前の伝説的なドライバー、バレンティーノ バルボーニと一緒に試乗したからね。でも、ゾンダもかっこよかったな」
「ルーフ付きバージョンと比べてみると、実はかなり違ってる。こちらはフロントガラスが分割されているし!ルーフのエアインテークもまったく違う。すごいね」
「このような車にまだ興奮できればいいのだが、似たような性能の別のハイパーカーに似ている別のハイパーカーにはもう飽きた。誤解しないでほしいのだが、これはパガーニ(私は大好きだ)を批判しているのではない。
携帯電話からテレビ、電気自動車に至るまで、インテリアも性能も同じようなものばかり」
「狂ってる!(いい意味で)彼は止められない!」
「彼はビジネスマンで、ル・マンの表彰台に上ったこともあるレーシングドライバーでもある。サーキットではたいていGT3のレーシングカーを運転している。それ以外のときはパガーニに乗っている。まじめな話、もし私にお金があったら…間違いなくこれを買うだろうね」
「Huayra R evo Stradaleが出る可能性は...と言いたい。でも、フロントスプリッターは小石で擦れそう」
「サイドビューはマッハ5を思い出させる」
「このペイントスキームとホイールはどうなんだろう?」
↑「写真7,8,9では、異なる塗装スキームの車を示している。最後の写真では、フロント(ベビーブルー)とダークリアのものは、古いBMW M1 PRO-CARの古いデニムのカラーリングを思い出させる」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/02/66956/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ