ルイス ハミルトンが複数年契約で2025年からフェラーリに移籍

ルイス ハミルトン、複数年契約でフェラーリに衝撃的な移籍を果たすという公式発表があった。2025年にフェラーリへ移籍することが確定。

ルイス ハミルトン、2025年にフェラーリ入り。繰り返すけれど、ルイス ハミルトンは2025年にフェラーリに加入する。いや、マジで?

この移籍は何年も前から話題になっていたもので、7度のチャンピオンに輝いたF1キャリアに完璧な別れを告げるものだと見る向きもある。しかし、ハミルトン自身は昨年の5月にそれについて考えていないと否定していた。

それに、8月にはメルセデスと2年契約を結び、40歳の誕生日以降もシルバーアローに在籍することになっていたのに。

しかし、今となっては2年目はあくまでもオプションであったようで、ルイスは12カ月以内にシャルル ルクレールとともにフェラーリのセカンドシートに座る自由を手にすることになるようだ。まさか、まさか!

「このチームで素晴らしい11年間を過ごすことができたことを誇りに思います」と、ハミルトンは述べた。「13歳のときからメルセデスは僕の人生の一部でした。自分を成長させてくれた場所ですから、離れる決断をするのはこれまでで最も難しい決断のひとつでした。でも、このステップを踏むべき時が来たし、新たなチャレンジができることに興奮しているのです」

「メルセデスファミリーの素晴らしいサポート、特にトトの友情とリーダーシップには一生感謝しています。今シーズン、最高のパフォーマンスを発揮し、シルバーアローでのラストイヤーを忘れられないものにすることに100パーセント全力を尽くすつもりです」

彼の上司であるチーム代表のトト ヴォルフはこう語った:「チームとドライバーのコンビという点では、ルイスとの関係はこのスポーツで最も成功したものとなりました。それは誇りに思えることです」

「ルイスはメルセデスのモータースポーツの歴史において、常に重要な役割を果たすでしょう。我々はルイスが新たな挑戦を求める決断をしたことを受け入れており、将来へのチャンスは考えるだけでもわくわくするものです。しかし、今はまだ1シーズンが残っており、力強い2024年を実現するためにレースに集中しています」

ルイスの新しいボスは?マラネロからのシンプルな1行の声明:「スクーデリア フェラーリは、ルイス ハミルトンが2025年に複数年契約でチームに加わることを発表できることをうれしく思う」

これはすごい出来事だ。まるで、巨大な怪物。そしてハミルトンにとっては、1950年以来全シーズンに参戦している唯一のチームであり、彼の幼少時代のヒーローであるアイルトン セナが果たせなかったような、グリッド上で最も権威のあるチームでワールドチャンピオンを獲得するという見通しが立った。

2007年のキミ ライコネン以来、フェラーリでドライバーズタイトルを獲得したドライバーはおらず、チームはその後も信頼性の問題や戦略ミスを繰り返し、良いけれども、十分ではないといったパフォーマンスに拍車をかけている。

ルイスは先週、フェラーリとの契約を「あと数シーズン」延長したばかりのルクレールとコンビを組む。残念ながら、これはカルロス サインツが2024年末にハミルトンに道を譲らなければならないことを意味する。

ウィリアムズでグリッドに復帰して以来、静かな印象を残してきたアレックス アルボンは、チームが彼に与えられる以上の競争力のあるマシンを手に入れる価値があるのは明らかだ。しかし、彼はトップチームでの再挑戦の準備ができているのだろうか?

それにメルセデスの他のオプションには、解任されたサインツ - 2回のレース優勝者、忘れてはいけない人物がいる。また、レッドブル復帰の道が閉ざされた場合、ダニエル リカルドにもチャンスがあるかもしれない。フェルナンド・アロンソは?

ただ、ただ、この一件を処理するのに時間がかかりそうだ。

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「退職後の乗り物にアクセスするための巧妙な手口」
↑「別にお金がないわけじゃないからね。でも、フェラーリは最後の砦になるかもしれない。少なくともその点では、彼は良い手を持っているだろう」
「フェラーリにとっては信じられないほど奇妙な契約だろう。彼らは間違いなくグリッド上で最高のコンビを擁しており、2人の間にはほとんど摩擦がない。そのサインツに代わって、当時40歳で、現在2年間優勝経験がなく、一般的に競争力のあるチームメートとあまりうまくいっていない男を起用するのは奇妙な決断だろう。
ハミルトンがルクレールのウイングマンになることを喜ぶとは思えないし、ルクレールもハミルトンを満足させるために2、3年脇に追いやられることを喜ぶとは思えない。ルクレールはハミルトンを満足させるために2、3年脇に追いやられることに満足しないだろう。
非論理的で無意味な決定だが、フェラーリがそれを良い方向に持っていけることを私は期待している」
↑「短期的にも長期的にも、どんな意味でも意味がない。フェラーリにとっては絶対に完璧だ。またしても4Dチェスで我々を驚かせてくれる。ルイスはボノを連れてくるのだろうか?」
↑「理にかなっている。ハミルトンは明らかにメルセデスの本当の状態について我々よりも知っている。メルセデスが今年も良いパフォーマンスを見せることはないだろう」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/02/66854/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ