どれも話題になったなぁ:テスラの傑作9選

テスラの傑作9選をご紹介。小型電気ファミリーカーから、どんな地形も克服するトラックまで、テスラの最高の瞬間。しかし、どれも話題になったのがスゴイ。

 

テスラ モデル 3


最初のモデル 3は2017年7月にテスラの生産ラインからロールオフされ、一般購入者がまともな価格で購入できる、真に利用しやすい最初のテスラとなった。この車は2021年に販売台数100万台を突破し(電気自動車としては初の快挙)、正式に世界で最も売れているEVとなったのである。

テスラ モデル Y


モデル 3をベースに、より実用的なハッチバックのセットアップを施したYは、米国では2020年初頭に登場したが、英国に到着したのは2022年だった。7人乗りのオプションはまだないが、それでもバイヤーたちがYを手にするのを止めることはない。

テスラ モデル X


モデル Xは本当に衝撃的だ。7人乗りのゼロエミッションファミリーカーで、踊るような「ファルコン ウィング」ドアと1,020bhpのプラッド仕様がある。後者は0-97km/hを2.5秒という驚異的なスピードで駆け抜けるが(米国のローリングスタートによる)、航続距離は公式には333マイル(536km)とされている。

テスラ モデル S プラッド


イーロンは2021年にプラッドを発表し、「これまでで最も速い市販車」だと主張した。マテ リマックは異論を唱えるかもしれないが、0-97km/h加速2.0秒以下、最高速度200mph(322km/h)、3基のeモーターで1,006bhpを発生させるのだから、決して馬鹿にはできない。これだけの性能をわずか12万ポンド(2,150万円)で手に入れられる。

テスラ モデル S シューティングブレーク


テスラ本社では、まだエステートカー市場をターゲットにしていないが、何年もの間、多くのアフターマーケットソリューションが登場している。イギリスのQWest社が先鞭をつけたが、オランダのNiels van Roij Designによるこのバージョンは、これまで見た中で最高のものだ。

テスラ ロードスター[MkⅠ]


テスラの物語は、ロータス エリーゼをベースとし、パワートレインを除いて実際にロータスが製造した初代ロードスターから始まる。リチウムイオンバッテリーを使用した最初の量産EVであり、200マイル(322km)の航続距離は今でも印象的だ。トップギアTVに登場した後には、軽い論争も起こったっけ。

テスラ ロードスター[MkⅡ]


我々は2017年に初めて次世代ロードスターのレンダリングを見た。もし登場するとしたら、かなり速いだろう。0-97km/hは1.9秒以下で、さらに、航続距離は600マイル(965km)以上と謳われている。

テスラ サイバートラック


テスラ サイバートラックがついに到着した。「テスラ サイバートラックには、言い知れぬ磁力があり、行く先々で唖然とするような不信感と息をのむような陶酔感を引き起こす」とTGのジャック リックスは言う。

テスラ セミ


トラックの次もあるのかよ!なんて、笑わないで。セミは、トラック輸送の世界を変えようとするテスラの協調的な試みなんだから。ペプシは生産モデルの最初のオーダーを済ませており、航続距離は500マイル(805km)を超え、発電ステーションに直接接続できれば1,000kWで充電できる。

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058




=海外の反応=
ああ、そうだ。確かに9台のグレイテストヒッツだ。でも、そのうち1曲はまだ存在しないし、もう1曲はテスラが作ったものでもない」
↑「私は "テスラ信奉者"ではないし、テスラの大げさな約束がたくさんあったことは、認めるつもりだ。しかし、彼らが実質的に独力でEV革命を推進したことは認めなければならない。もしロードスターやSがなかったら、プリウスやインサイトがあっただけで、今があったと思う?」
↑「いや、たった一人でEV革命を推進したのか?そうではない。ここイギリスでは、EVの普及を牽引したのは日産 リーフであり、ばかばかしいほど高価で粗悪なモデルSではなかった」
↑「登場から10年間で、英国で販売されたリーフは約5万6000台。これは今年だけで英国で販売された3およびYの台数とほぼ同じだ!」
「2台目のロードスターがリストに?そんなものは存在しない。ある種の空想の産物か失敗作リスト以外に、どのようなリストが加えられるのか分からない。
デビューから何年も経つのに生産されていない。何という失敗だ」
↑「面白い事実 - ロードスター II の発表から現在までの期間は、初代ロードスターの発表から生産終了までの期間よりも長い」
「テスラのファンボーイでもないが、私は多くのことを研究している。私は統計の専門家であり、ほとんどの人が単に勉強不足だということを知っている。ただ、少なくとも(トップギアはYに関してこの記事を訂正すべきだ)bbc TopGearが省略したこと、そして彼らが間違った統計について、議論に付け加えようと思っただけだ。記事を書くときは、下調べをしてほしい。テスラ モデル Y SUVは、モデル 3ではなく、世界で最も売れている電気自動車である。では、いくつかの事実を紹介しよう。モデル Yだけで、他のすべての電気自動車会社のモデルの合計の5倍も売れている。モデル X Plaidは世界で最も速い市販SUVである。テスラ モデル S プラッドが2021年6月に初めて発売されたとき、ポルシェ 911やランボルギーニ、さらには360万ドルのブガッティ シロン スーパースポーツなど、3倍以上の30万ドル以上のスーパーカーを抑えて世界最速の市販車となった。テスラ レースカー(テスラのレーシング部門)の改良型は8.73秒だ。現在、1/4マイル最速車ランキングは以下の通り:
ピニンファリーナ・バティスタ - 8.55s.
リマック・ネヴェーラ - 8.58s.
テスラ・レースカー - 8.73s.
ダッジ・チャレンジャーSRTデーモン - 8.91s.
ルーシッド・エアー・サファイア - 9.20s.
テスラ・モデルS・プレイド - 9.23s.
ブガッティ・シロン・スーパースポーツ300+ - 9.4s.
マクラーレン765LT - 9.37s.
フェラーリ SF90 ストラダーレ - 9.50秒
テスラ・モデルX・プレイドSUV - 9.75s
ポルシェ911ターボS(992)-9.90s
テスラ サイバートラック ビーストモード - 11.00s
テスラ・モデル3 - 11.52s
リビアンR1T - 11.70s
GMCハマー - 11.78s
テスラ・モデルY - 11.90s
フォード F-150 ライトニング - 12.70s
繰り返しになるが、これらは単なる事実であり、テスラが自動車会社としていかに新しいかを考えれば、彼らが本当に信じられないようなエンジニアリングの偉業を成し遂げていることは否定できない。また、すべてのテスラモデルが、米国道路安全保険協会(IIHS)、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)、欧州新車アセスメントプログラム(Euro NCAP)による衝突試験で最高評価を獲得し、現在市販されているクルマの中で最も安全なクルマであるという事実も含まれている。これらすべての統計を考慮すると、彼らを憎むのは難しいが、それは個人的な意見だ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/12/66215/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ