地味?…んなこたーない!最高の4気筒エンジンを搭載したクルマ、ベスト5

地味な4気筒エンジンの祭典として、最高の4気筒エンジンを搭載した5台のスターを紹介しよう。

アルファ ロメオ GTV 2.0 Twin Spark


アルファのツインスパーク開発は105シリーズで終わったわけではない。実際、アルファは2009年に直噴ユニットに置き換わるまでTSエンジンを使い続けたのだから。GTVに採用された2.0リッター、ツインスパークは、特別パワフルではなかったが(150馬力)、その唸るようなキャラクターと高回転域での熱心なところが有名だった。

ホンダ シビック タイプ R K20A


ホンダは60年代から素晴らしいエンジンを製造してきた。1965年に10,000rpmまで回転したS800の800cc 4気筒を筆頭に、ここに紹介できるようなエンジンはいくつでもあっただろう。しかしその中でも、EP3シビック タイプRを支えたK20Aは、絶対的な秀逸さを持っていた。メカニカルに破綻がなく、VTECのトップエンドが猛烈に吹け上がるというのは、興奮以外の何ものでもない。

ホンダ S2000 F20C


「なんだよー、またホンダかよ」エンジンに共通点があるにもかかわらず、ここに2台のホンダを取り上げたことをお詫びするつもりはないぞ!(笑)S2000のF20CはK20Aから1世代を経ており、後のバージョンでは2.2リッターになったため、ホンダの「ビッグブロック」エンジンとみなされている。しかし、我々が最も気に入っているのは、237bhpの2.0 VTECであり、特にその9,000rpmの限界と120bhp/リットルの比出力である。

スバル インプレッサ WRX STi EJ207


悩ましい選択だった…。スバルのEJ207か三菱の4G63Tのどちらかがこの座を占めていたのである。ランサーエボのエンジンはよりフィジーでレスポンスが良く、WRX STiのフラット4はより良いサウンドを持っている。私たちは、トップ5の中で唯一のターボエンジンとして、後者を選んだ。有名な22Bのためにボアアップされ、EJ22と改名された。

BMW M3 S14


組み合わされたエンジン 初代E30 M3に搭載されたS14は、M10(1962年から生産され、BMWのターボF1時代にも使用されたブロック)の旧型シリンダーブロックを使用し、シリンダーを2つ取り除いたS38ストレート6のシリンダーヘッドと組み合わせた。その結果、タフでアグレッシブ、そして回転数の高いエンジンが誕生したというわけである。

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058




=海外の反応=
「1982年から2003年にかけて、M10エンジンを搭載した1972年式のBMW 2000ツーリングに乗っていた。なんと素晴らしいエンジンだったことか」
「4G63は?」
「2L 4ポットで421馬力を発揮する信頼性の高いhot4のメルセデスのエンジンを無視するの?」
「J ウォルター クリスティーが1907年に発表したレーシングカーと、その20リッター(誤字ではない)V4(誤字ではない)前輪3輪をダイレクトドライブ(誤字ではない)する(いや、本当に)V4レーシングカーにエールを送ろう。コースに適したホイール径を選択することで、加速と最高速のバランスを調整しているレーサーを最後に聞いたのはいつだろう?」
「このリストは的を得ている 😍」
「スバルEJが4G63Tより良いのは、音が良いから?信頼性、チューナビリティは?」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/12/66073/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ