ポルシェが600馬力超の新型マカンEVの技術的詳細を一挙公開

ポルシェ、600馬力超のマカンEVの技術的詳細を公開。インテリア画像も見られた。

ポルシェは何十年もの間、電気自動車マカンに関する情報を少しずつ出してきた。10月に行われた最後の発表では、主にボートの話題が中心だったが、どうにかパワートレインの詳細が明らかになった。しかし今回、技術的な情報がかなり大量に提供され、市販車のインテリアも初めて見ることができるようになったのは、画期的!

まずはインテリアから。ご覧の通り、マカンEV(正式名称ではなく、現在ポルシェはこれを「新型マカン」と呼んでいる)のインテリアは、タイカン、カイエン、次期パナメーラのものと驚くほどよく似ている。つまり、最大3つのスクリーンがあるということだ。12.6インチのデジタルダイヤルディスプレイと10.9インチのセンタータッチスクリーンはどちらも標準装備だが、2つ目の10.9インチ助手席タッチスクリーンはオプションで、特殊なフィルムを使ってドライバーに内容が見えないようになっている。とはいえ、ボタン付きの独立した空調コントロールパネルであることに変わりはない。これは、良いニュースだ。

ポルシェはまた、このマカンで初めてAR(拡張現実)ヘッドアップディスプレイを提供することを明らかにした。ナビゲーションの矢印やドライバーアシスト機能が、ドライバーの視界に近い位置に表示される。

他には?56個のLEDで構成されるライトストリップがインテリアの前面を横切り、挨拶や警告、充電状態などを伝える。そして、BBC Sounds、Spotify、YouTube、さらにはTikTokのようなサードパーティ製アプリをダウンロードできる新しいPorsche App Centreにもアクセスできる。また、ボイスコントロール技術もアップデートされ、インフォテインメントシステム全体がよりクイックにアップグレードされたと聞いている。さらに、クーペのような傾斜したルーフラインは、想像しているよりもずっと傾斜がキツかった。

さて、パワートレイン。マカンには、ポルシェがアウディと提携して開発したプレミアムプラットフォームエレクトリック(PPE)プラットフォームが採用されることはすでに分かっていた。また、270kWの急速充電が可能な800ボルトのアーキテクチャーを採用することや、100kWhのバッテリーを2つのバンクに分割し、充電器が400ボルトまでしか対応できない場合に同時に充電できることもわかっていた。全く持って、賢い。

ポルシェは現在、最高スペック(ターボ S?)のトリムでは「ピークパワーはおよそ603bhpになる」と語っており、最大トルクは1,000Nm以上になると聞いている。すごい。発売時にはこのモデルと、よりパワーの低いリアモーターを搭載したエントリーモデルが用意され、レンジトップモデルにはリアアクスルに電子制御式デフロックが標準装備される。そして、このバージョンに同乗してみたところ、かなり速いことが確認できた。

マカンを止めたいときには、240kWの回生が可能で、操縦性を助けるためにオプションで後輪ステアリングが用意され、ターンサークルを1メートル以上小さくし、高速道路での安定性を助けるはずだ。そう、マカンで!エアサスペンションは最高仕様車に標準装備され、それ以外はオプションとなる。オフロードモードでは最大40mm車高を上げることができ、スポーツモードでは30mm車高を下げることができる。

このオールエレクトリックマカンは成功するだろうか?

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058





=海外の反応=
「郊外を横断する旅はミッション・インポッシブルだから」
「これは軽く10万ポンド(1,800万円)以上しそうだ。ポルシェは、中間管理職や不動産業者に何を売りつけるつもりなんだろう?」
↑「100kWhのバッテリーはすごい。マカンのポイントは、ポルシェのエントリーレベルのSUVであるということだが、これはカイエンの上に位置するように聞こえる」
「ポルシェを手に入れるということは、車の美学には興味がないということだ。ポルシェは通常、それぞれのクラスで最も美しい選択ではないが、最も醜い選択でもない。ポルシェに求められるのは能力なのだ」
↑「助手席側にスクリーンがあることに気づいた。なぜ?最近、周囲を見渡すことは、とても風流なことになっているのだろうか」
「マカンはいつも息子のサッカークラブの送迎をするママの選択だった。電気パワートレインはとてもよく似合うと思う」
「このEVが発売される前に、特別なガソリン車のマカンを作って欲しい。GT部門に任せて」
「タイカンやおそらくこのEVマカンが、ICEポルシェと比べてヘッドライトが違う理由を誰か説明してくれない?」
「ピークで603bhp?タイカンのように、最高出力はローンチコントロールモードでしか発揮されないため、まったく意味のない数字になるのだろうか」
「ポルシェ、早く完全版出してくれよ😂」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/12/65690/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ