トヨタがボルボ EX30のライバル、アーバン SUV コンセプトをプレビュー

トヨタ アーバン SUV コンセプト、小型EVクロスオーバーをプレビュー。トヨタのボルボEX30のライバルは、来年には完全な市販型として発表される予定だ。ウィングミラーにカメラを搭載した前菜をどうぞ。

トヨタは2026年までに欧州で5つの新型EVをラインナップに加える予定で、bZ4XのようなFAX的なマシン(日本は、まだ、仕事でFAX使ってるって噂だけど、ホント?)もあるけれど、いずれリフレッシュされる可能性が高い。そして、上にあるボックス型の小さなものは、その中で最も小さく、最も安いものになるだろう。

まあ、そんなところだ。現在はアーバン SUV コンセプトとして知られているが、2024年前半に正式な市販バージョンが発表されるときには、この名前に何らかのbZの文字が付け加えられることになるだろう。さあ、上の写真で、リアライトシグネチャーにbZの形を見つけた人はいる?

このコンパクトクロスオーバーの具体的な詳細はまだあまりわかっていないが、トヨタは前輪駆動と四輪駆動の両方が提供されると述べている。見た目もかなりクールでしょう?私たちは、小さくてもがっしりした雰囲気の大ファンだ。

まだ名前の知られていないこのEVは、主な競争相手の1つであるボルボ EX30に続いて、2つの異なるバッテリーオプションを提供し、「入手しやすい」エントリーレベルと、より高価で航続距離の長いバージョンがあることを保証する。しかし、その航続距離がどの程度になるかはまだ誰にもわからない。

6つのうちのもう1つについての詳細は?トヨタはまた、新型EVのうち最大のものは、今年4月に初公開されたスポーツ クロスオーバー コンセプトに似たものになることを確認している。アーバン SUV コンセプトのスタイリッシュさとは対照的に、何か流線型のような…。

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058



トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/12/65445/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ