ピニンファリーナ B95は1,900psの鬼パワーを発揮する7億円「から」の電動バルケッタ 日本でも受注開始

ピニンファリーナ B95は、1,900psの10台限定電気バルケッタ。バティスタのパワートレインをクラシカルな2シーターに組み込んだピニンファリーナ最新モデルは、7億円「から」だが、日本でも受注を開始している。

「B」は「バルケッタ」の頭文字で、「95」は、伝説的なイタリアのデザインハウス、ピニンファリーナの創立95周年を意味する。それは2023年の現在ではなく、このクルマの製造と納車が始まる2025年だ。だが、それ以外の部分では、現実味がない、なんて言われてしまうかも。ルーフとフロントウィンドウのないクルマにもかかわらず、100km/hまで2秒足らずで加速するのはどんな感じだろうと考えてみれば、わかるだろう。また、価格は440万ユーロ(7億円)「から」で、生産予定台数はわずか10台だ。

アストンマーティンV12スピードスター、フェラーリ モンツァ SP1/SP2、マクラーレンエルバ、そして完全に馬鹿げているがますますカッコよくなっているメルセデス マクラーレン SLR スターリング モスを思い浮かべてほしい。運転は爽快だが、なぜフロントガラスがあると便利なのかはすぐにわかる。クラッシュヘルメットとF1ドライバーのような首の筋肉がなければ、その性能を最大限に引き出すことはできない。そして今、そのリストに、この完全な電気自動車を加えることができるようになったのだ。そのリストは、だいたい遊び目的でもある。

しかし、実現可能なのだろうか?B95をよく見ると、一対のエアロスクリーンが見えるだろう。アウトモビリ ピニンファリーナによれば、高速で移動する空気が乗員の上空に送られるようになっている。スクリーンはポリカーボネート製で完全に調整可能で、むき出しのアルミニウム製支柱の上に設置される。このスクリーンは、現代のスーパーバイクとヴィンテージの戦闘機から視覚的なインスピレーションを得ている。アウトモビリ・ピニンファリーナの最高技術責任者であるアンドレア クレスピ氏は、「調整可能なエアロスクリーンを作るための技術の応用は、2輪モーターレースからインスピレーションを得ており、このクルマが先駆的なロードカーであることを保証しているのです」と述べている。「この特許取得済みの新技術により、オープントップのスリルを味わうことができ、しかもB95が出せるような高速走行時でも快適なのです」

この新型車は、プーラ ビジョンのデザインコンセプトの直後に発表されたものだ。プーラ ビジョンは印象的なほど奇抜なSUV的なものであり、このまだ若い精神を持つ会社がその進化の次の段階へと力強く突き進んでいることを物語っている。超高速バルケッタをチョコレートのティーポットみたいな自動車だと思うかどうかはともかく、B95が本気でクールなクルマであることは間違いない。ベースとなったバティスタがスーパーカーの常識をクラシカルに表現したものだとすれば、このクルマは歓迎すべき賑やかさを加えている。ボディのかなりの部分を削ることでそれを追加しているのだ。ミニマルなヘッドライトを備えた素晴らしいまったく新しいフロントのトリートメントがある一方、ルーフをなくすことで、フロントとリアのウイング(フェンダーと呼ぶなら)とボディサイドの彫刻的な側面が強調されている。プーラ ビジョンコンセプトと同様、上からの眺めは特に印象的だ。不屈のデザイナー、デイブ アマンテアが率いるデザインチームは、ガラスハウスを持たないキャビンを、シート、エアロスクリーン、シート後方のドームで構成する「取り囲むループ」にまとめあげた。

7億円という高額であっても、これは単なるスタートに過ぎない。B95のオーナーは、ピニンファリーナの新しい電動バルケッタをパーソナライズすることができる。モントレー・カー・ウィークでお披露目されたこのクルマは、ゴールドフレークで彩られたメタリックなブロンズスペルガという色で仕上げられ、ノーズと運転席側のシートバックドームにはイエローのアルネイスグロスが施されている。B95はまた、センターロックリングにブラッシュドアルミニウムとブラックアルマイト処理を施した、マットブラックの新しいデザインのアロイホイールを採用している。フロントは比較的控えめな20インチ、リアは21インチ。

インテリアでは、カーボンファイバー製のダッシュボードがサステイナブルなタンレザーで覆われ、アルマイト処理されたブラックとカーボンファイバーのコントラストが「フローティングウィング」効果を生み出している。ヘッドレストはピエ ド プールの千鳥格子(Pied de Poule Houndstooth)で仕上げられ、ドアプレートにはレーザー刻印が施されている。資金さえあれば、何でもできますよ、というメッセージだ。もちろん、このオーナーになる人は、例えばマーク ザッカーバーグにアプリを1100億ドル(16兆円)で売ったばかり、みたいな人たちなのだから。

B95はバティスタのパワートレインを共有し、120kWhのリチウムイオンバッテリーを使用して1,900psを発生する。水冷式で、カーボンファイバー製のハウジングの中にT字型に収まっている。定格270kWのDC急速充電器があれば、B95は25分で20%から80%まで充電できる。もしあなたがこのクルマに440万ユーロ(7億円)もの大金をつぎ込んだのなら、おそらくクルマの充電を唯一の仕事とする専属係員を雇っていることだろう。現在、5つの走行モードが用意されており、その獰猛さはさまざまだ: Calma、Pura、Energica、Furiosa、Carattereだ。

一番最後のCarattereは「個性」を意味し、アウトモビリ ピニンファリーナB95に欠けているものではない。ルーフを失ったことで、B95はさらに多くのものを手に入れたようだ。

で、このクルマは、日本でもピニンファリーナ ジャパンにて、受注が開始されている。日本の超富裕層のみなさん、ご興味あれば、ぜひ、お問い合わせを。

ピニンファリーナも電動SUVを出す時代 PURA Visionコンセプト

世界限定5台のEVハイパーカー、4.8億円のピニンファリーナ バッティスタ エディツィオーネ ニーノ ファリーナが日本でも受注開始

ピニンファリーナデザインのヴィンファストのEVがパリモーターショーに登場





=海外の反応=
「あのデュラセルのカラーリングがぴったり」
「バルケッタをデザインする方法は限られているが、フェラーリが訴えたなら根拠がありそうだ」
↑「フェラーリの最も象徴的な車を作ったデザインハウスを訴えるのか!ああ、フェラーリのデザインカタログのほぼ全てをデザインしたデザインハウスがフェラーリに似た車を作るなんて、ショックだ」
↑「彼らはもう何年もフェラーリをデザインしていないけどね」
「インターシティ125っぽい」
「信じられないほど印象的だった!美しい、限定版、そして特別に速い」
↑「モンツァSP2の雰囲気が満載だが、これはインサイドアウトの方が良さそう。ヘルメットアウト!( pic.2が大好き )」
「私ならパースペックスのバブルキャノピーでカスタマイズする。多分、前面にヒンジをつけるな」
「日曜のドライブにヘルメットが必要だなんて馬鹿げてる。でも、イエロー(ごめん、イエローアルネイス)のフェンダーラインがイエローキャリパーに続いているのが素敵」
「あのオープントップでエキゾーストノートを聞くのは、どんなに楽しいことだろう」
↑「EVだけど」
「フェラーリのエンジンが必要」
↑「電気自動車は信頼性が高い。高額な部品(ベルト、スパークプラグ、ウォーターポンプ、オイル)などがないし、もっと速く走れるし…」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/09/63456/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ