ピレリがグッドウッドでP Zero ファミリーの新製品3つを発表

ピレリは、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでエクスクルーシブ・タイヤ・パートナーを務め、3つの新製品、P ZERO E、P ZERO R、P ZERO TROFEO RSを発表した。


ピレリは、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでエクスクルーシブ・タイヤ・パートナーを務め、3つの新製品、P ZERO E、P ZERO R、P ZERO TROFEO RSを発表した。これらは、P Zeroファミリーに新たに加わる製品であり、永続的な開発路線を継続している。P Zeroは1986年以来、世界の主要自動車メーカーから1,300以上のホモロゲーションを取得している。P Zeroファミリーは自動車メーカーと消費者の要望に応え、特に持続可能性と効率性に重点を置いて進化し続けている。これら3つの新製品はすべて、ピレリの「エコ・セーフティ・デザイン」アプローチに従って開発され、バーチャライゼーション技術を含む革新的な手法と素材を用いて相反する要求を調和させている。

P Zero Eは、他のP Zeroシリーズを補完するテクノロジーと持続可能性を凝縮した新製品だ。このタイヤは、転がり抵抗、ウエットブレーキ、騒音などの性能をヨーロッパのタイヤラベルでトリプルA評価を獲得している。また、天然素材またはリサイクル素材を55%以上使用し、CO2排出量を従来品のピレリタイヤと比較して24%削減するなど、持続可能な特性を備えている。さらに、RunForwardテクノロジーを搭載し、パンク後も最高時速80kmで約40km走行することが可能だ。

P Zero Rは、最もパワフルなスーパーカーに適したタイヤでありながら、日常使用にも対応している。ピレリは各モデル専用に開発され、ウェット・ドライ両条件下でのドライビング・コントロール、転がり抵抗の改善、ロードノイズの低減、スポーツ走行時の安定性の向上に取り組んでいる。

Pirelli P Zero Trofeo RSは、サーキットでのパフォーマンスに特化したタイヤであり、ハイパーカー用の純正装着用として専用開発された公道用セミスリックタイヤだ。従来品に比べてより安定した性能を発揮し、ウェット路面での安全性も向上している。

ピレリのP Zeroファミリーは、これらの新製品によりより充実し、市場で最もプレステージ性の高い車との伝統的な結びつきが強まった。P Zeroブランドは、グループBのランチア デルタ S4やフェラーリ F40に装着されたことで誕生し、世界ラリー選手権、GTレースなどでも使用されている。グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードのピレリ・ブースは、ピレリのパイオニア・スピリットを反映した空間となった。ピレリは150年以上にわたる開発の歴史を持ち、ハイテク製品、モータースポーツへの情熱、芸術と文化へのコミットメント、そして持続可能性への細心の配慮によって成り立っている。ピレリの二輪車事業も、ドゥカティ・スーパーレッジェーラやトレック・マドン・レーシングのレプリカ・ロードバイクなど、ユニークなアイテムが展示された。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/07/61575/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ