ベントレーが初代コンチネンタルGTの現代版スピードを製作し、20周年を祝う


マリナーがオリジナルの初代コンチネンタルGTを現代風にアレンジし、20歳の誕生日を祝った。2023年コンチネンタルGTスピード、2003年の最初のコンチネンタルGTの仕様にインスパイアされ、アメリカ人コレクターに売却された1台限りの車だ。

そうそう、初代ってこんな感じだったよね!と思う人も多いだろう。ベントレーモーターズは、2003年に発売された最初のコンチネンタルGTの仕様にインスパイアされた1台限りのコンチネンタルGTスピードを公開し、販売することで、今や同社のアイコン的存在となったコンチネンタルGTの誕生20周年を祝った。このプロジェクトのミューズであるクルーの生産ラインから出荷された最初のGT、VIN20001は、2023年バージョンとともに、モントレーカーウィークの一環として開催された、コンチネンタル誕生20周年を祝うザ・クエイル, モータースポーツ・ギャザリングに展示されたのである。

2003年に発表され、21世紀のベントレーブランドを再定義し、販売台数を10倍に伸ばしたコンチネンタルGTは、現代のラグジュアリーグランドツアラーのベンチマークであり続けている。ベントレーのヘリテージコレクションの中で最も重要な現代車であるこの最初の生産車は、サイプレスグリーンの塗装が施され、サドルレザーのシートとバーウォールナットの化粧板を使用したインテリアで仕上げられている。特注の2023 コンチネンタルGTスピードは、その偉大な先代モデルからインスピレーションを得て特別に製作されたインテリアを備えている。

サドルレザーとバーウォールナットパネルはどちらのキャビンにも採用されているが、3代目モデルでは、オリジナルモデルのテーマがさりげなく強調されている。リッチなサドルカラーは、「スペシャルグリーン」のアクセントハイドで引き立てられ、コントラストカラーのステッチが全体に施されている。フェイシアとウェストレールには、オープンポアのダークバーウォールナットとハイグロスのダークバーウォールナットの2種類のウッド仕上げが施され、サイプレスのピンストライプペイントがインテリアとエクステリアをつないでいる。

ブラックライン、ツーリング、スタイリングの各仕様には、ポリッシュドブラックのエクステリア・ブライトウェア、一連のテクニカルな機能強化、カーボンファイバー製フロントスプリッター、サイドスカート、ディフューザー、繊細なトランクリップ・スポイラーなど、豊富な装備が用意されている。

セルフレベリング機能付きのマリナーホイールバッジが、ダークグレーサテンの22インチスポーツホイールを仕上げている。インテリアにはネイム・フォー・ベントレーのオーディオとローテーションディスプレイが装備され、パーソナライズされたトレッドプレートには「20 years of the Continental GT by Bentley Mulliner」と記されている。フェイシア、センターコンソール、アウターシルには、2003年と2023年のコンチネンタルGTのアウトラインが描かれている。

この記念すべき1台はすでに販売され、ザ・クエイルで新しいオーナーに引き渡された。
また、ベントレーの歴史におけるこの節目を祝う4ヶ月間の活動とイベントのハイライトとなった。

初代ベントレーGTの衝撃は大きく、ベントレーを現代的なラグジュアリーブランドとして再定義しただけでなく、新たなマーケットセクターを創造した。1920年の初代3リッター以来、キャリーオーバーコンポーネントのない初のオールニューベントレーとなったコンチネンタルGTは、当時のデザインディレクターであったディルク・ヴァン・ブレッケルとエクステリアデザインの責任者であったラウル・ピレスの下、クルーのスタジオでデザインされた。ベントレーの新しいグランドツアラーの流麗なラインは、1952年のRタイプコンチネンタルからインスピレーションを得ており、フロントの低い位置から始まり、ボンネットとドアのショルダーラインに沿って、筋肉質なリアハンチに合流するベントレーの「パワーライン」が特徴的だ。ツインラウンドヘッドランプとメッシュグリルは、1920年代のル・マンで轟音を響かせたレーサーを彷彿とさせる。

ボンネットの下には新開発の6.0リッターツインターボ48バルブW12エンジンを搭載。このコンパクトでスムーズかつパワフルな設計により、最高出力550bhp、最大トルク650Nmを発生し、ZF製6速オートマチック・トランスミッションを介して4輪を駆動し、0-100km/h加速は4.8秒、最高速度は200 mphをわずかに下回るパフォーマンスを実現した。

そして、初代コンチネンタルGTが生産され続けた7年の間に、コンチネンタルGTコンバーチブル、コンチネンタル・フライングスパー、コンチネンタルGTスピード、スーパースポーツなどのモデルファミリーが誕生した。

2010年のパリモーターショーで6.0リッターW12エンジンを搭載して発表された第2世代のコンチネンタルGTには、2つ目の新型ベントレーエンジンも登場した。2012年にデビューした効率的でカリスマ的な4.0リッターV8エンジンは、コンチネンタルGTに活発で俊敏、かつレスポンスの良いキャラクターを与え、特徴的なV8エグゾーストのバックビートを伴いた。2017年には、チームベントレーのレーシングGT3にインスパイアされた限定モデル、710PS のスーパースポーツもラインナップに加わった。

ベントレーの第3世代コンチネンタルGTは2018年に発表された。全く新しいデザインで、よりシャープで滑らかなラインは、目的に沿って設計された新しいプラットフォームを最大限に活用している。W12エンジンも一新され、新しいデュアルクラッチトランスミッションが組み合わされた。新型モデルの仕様のハイライトは、3チャンバー・エアスプリングと48V電動アクティブ・アンチロール・コントロールであり、同時に、先代モデルよりも速く、快適で、効率的で、ラグジュアリーでありながらも、紛れもなくコンチネンタルGTであり続けた。

コンチネンタルGTの主要ラインが表現され、自社で設計・製作されたベントレーの「バトン」がモントレーに到着した。これからヨーロッパ、中東、中国、アジア太平洋地域、最後は米国からクルーに戻るまで、コンチネンタルGTのさまざまなモデルとともに世界一周の旅が開始される。旅の終わりには、クルーにあるベントレーのドリームファクトリーで、このバトン(ツアーで使用された20個の記念品が収められている)はタイムカプセルとなり、このユニークな旅を永久に思い起こさせるものとなるだろう。

85%スケールの電動ベントレー ブロワーは完全に公道走行可 なお、リトルカーカンパニーが製作したけど、そこまで小っちゃくない

2.7億円のベントレー バカラルと過ごすめちゃめちゃブリティッシュな週末

ベントレー コンチネンタル GT試乗:スポーティかつ快適、伝統的でありながらモダンという真の二面性は、どのライバルよりもGTに適しているということだ



トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/08/62983/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ