ケーニグセグ ジェメラの2,300psのハイブリッドV8パワートレインが降臨

ケーニグセグが4シーターのスーパーカー、ジェメラの最終生産仕様を発表。パワートレインは3気筒かV8が選べる。


しっかりと椅子に座っていて。というのも、このニュースはあなたを驚かせ、そして完全にノックアウトしてしまうからだ。

ケーニグセグは、2020年にコンセプトモデルとして発表され、このスウェーデンのメーカーが「世界初の4シーター・メガカー」と表現するジェメラの最終生産仕様を公開した。本日、ボスのクリスチャン フォン ケーニグセグがパワートレインのオプションも変更したことがわかった。

当初、このコンセプトは、600bhpのツインターボ2.0リッター3気筒エンジン(タイニーフレンドリー ジャイアントとして知られる)と、4輪駆動用の3つの電気モーターを搭載し、合計1,700bhpを発揮しいていた。しかし、ケーニグセグによれば、ジェスコのために開発したLight Speed Transmission(LST)を組み込んだという。これは本当に特別なことなのだ。LSTとは、フライホイールがないトランスミッションのことで、ジェメラで開発された後、ケーニグセグはこれをライトスピード トゥールビヨン トランスミッション(LSTT)と命名したのである。

さらに、ケーニグセグが「ダークマター」と命名した新しいラクシャルフラックス(Raxial Flux)電気モーター(ラジアルとアキシャルを巧みに掛け合わせたもの)も搭載されている。ダークマターモーターはわずか39kgにもかかわらず、単体で800psを発生し、タイニー フレンドリー ジャイアント エンジンと合わせて1,400ps、1,849Nmを発揮する。

「私たちは、この驚くべき機能と利点をジェメラの量産モデルに取り入れる可能性を探らずにはいられず、ライトスピード トゥールビヨン トランスミッションというエキサイティングな新開発ツールの道を歩むことになりました」とケーニグセグ氏は語る。

パワーフィギュアが(巨大ではあるが)コンセプトよりわずかに小さいことにお気づきだろうが、ケーニグセグはこの新しいセットアップによってドライブトレインが「より軽く、より小さく、より魅力的に」なると断言している。

「新しい軽量な電気推進システムと、LSTTによるTFGの回転域の最適な利用のおかげで、ジェメラの加速とパフォーマンスは、すでに非常に優れたパフォーマンスと速さを誇っていた前バージョンと比較して、大幅に改善されました」と付け加えた。

とはいえ、ここであなたはもっと頑丈なものに腰掛け直す必要がある。というのも、ケーニグセグは、より大きなパワーを求める人のために、ジェスコのツインターボV8の5.0リッターバージョンを用意し、これは2列目シートの後ろに搭載したのだから。ケーニグセグ ジェメラHV8(ホットV8)バージョン(エキゾーストがエンジン上部から出ているため)として知られるこのV8は、1,500psを発生する。これにダークマターモーターを組み合わせ、合計2,300psを発揮するというわけだ。

「ジェメラ HV8は、1kgあたり1.11hpという驚異的なパワーを持つ、地球上で最もパワフルでエクストリームな市販車であるだけでなく、これまでに作られた中で最も実用的でユーザーフレンドリーなスポーツカーでもあります。その驚異的なレスポンス、ハンドリング、エンジンサウンド、歯切れの良いトランスミッション、広々とした室内空間、そして4輪駆動システムが組み合わさって、かつてない比類なきドライビング・エクスペリエンスが生み出され、サーキットや直線でのパフォーマンスで数々の記録を打ち立てる用意があるのです」

すごい。つまり、簡単にまとめると、1,400psのTFGと2,300psのHV8がある。どちらも14kWhのバッテリーパックを使用し、どちらも9速ギアボックスを備え、各ホイールにトルクベクタリングを備えた4輪駆動である。さらに、200リットルの収納スペース(ミニのハッチとほぼ同じ)、Apple CarPlayコネクティビティ、チャイルドシート用Isofixマウント、ルーフラックマウント、シートヒーター、電動調整機能付きシートを備えている。真に実用的なケーニグセグであり、さらに別のパフォーマンスアップグレードを提供する「ゴーストパッケージ」の恩恵も受けられる。詳細が入り次第、追ってお伝えする。

さらに、ケーニグセグ氏から、グッドニュースもある。ジェメラは、エンゲルホルムのケーニグセグキャンパスに新設された建物で製造される。11,000平方メートルの「グリペンアトリエ」が完成し、2024年末にジェメラの生産が開始され、2025年初頭には顧客に引き渡される予定だ。

3気筒かV8、どちらを選ぶか?

=海外の反応=
「ケーニグセグはいつも、クレイジーなほど素晴らしい方法で仕事を終了させる。私は彼らのやり方が大好きだ」
「中国の新しいロータスバッジ付き吉利汽車のSUV/BEVについて、私たちが明らかに感じている「怒り」から注意をそらすためのものだ。私はとても憤慨している。激怒している。自分の怒りに完全に集中しすぎて、世界で起きている他のあらゆる残虐行為をすっかり忘れてしまったほど」
↑「ロータスは2000kgを目指すと言っていた。実車は2600kgって、マジかよ。AMGのONEもそうだった。1200kgを約束し、1700kgにした」
「これまでで最も魅力的な車かもしれない」
「1000馬力を超えるファミリーセダンがこれほど圧倒される時代も珍しい。この数字に対する畏敬の念は、ヴェイロンが発売されたときと似ている。HV8パワートレインの次の用途は、ミッドエンジンの2シーターだと思う。それは避けられない。そうなれば、ジェスコが手ぬるく見えるような、他のすべてのハイパーカーを終わらせるハイパーカーになるだろう」
「CvTと彼のチームの技術には驚かされる。このルックスは万人受けするものではないかもしれない。私にとっては、過去最高のKだ」
「面白いデザインだ!バックエンドはフェラーリF430を思い出させるね」
「3気筒のオリジナルデザインはすでに本当にクールだったが、トルクコンバーターを最高の9spdに交換し、電気モーターを3つから1つに変更し、さらに軽量な(もしかしたらさらに小型の)バッテリーを搭載する。
V8のペナルティは何だろう?おそらく、カーブを曲がるときに空で走らせると顕著にわかるだろう。余分な重量が少し後ろにあることで、よりテールハッピーになる?
オリジナルのデザインは気に入っていたが、トルクコンバーターしかないICEの回転数を最適化することなく、小さなパワーのICEと大きなバッテリーパワーで満タンにし続けるのは、重量オーバーで面倒くさくなっていたのかもしれない。少し野心的だったかもしれない。大きなシングル電気モーターがどの程度機能するのか、また、そのパワーが必要に応じてリアアクスルをどの程度助けることができるのかが気になる。そのモーターで39kgは本当にすごい。ルシッド エアの約2倍のパワーがある。しかし、熱管理が重要だ。
HV8のトリックはかなりのもの。ジェメラを端正なGTから「ブガッティ、出番だ」チャレンジャーに変える。シロンとほぼ同じ重量で、よりパワフルなハイブリッドと巨大なタンク、これはすごい。あ、あと2シート追加して」
「緑色の塗装がまた流行って嬉しい」
「ああ、彼らの車は生産に入る2年前にすでに完売しているから、宣伝が必要なわけではないんだ。そのため、我々はそれを見ることはないだろう。少なくともこのモデルでは。ジェスコはあるかもしれないけど」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/07/61325/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ