イネオス グレナディアの水素燃料版と’クォーターマスター’ピックアップトラックが登場

イネオスのグレナディア・ピックアップが登場、その名は「クォーターマスター」。グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで、ダブルキャブ・ピックアップと水素燃料搭載のグレナディアがデビューする。


旧式の新型イネオス グレナディアの外観は気に入ったけれど、むき出しの収納スペースが足りないとお悩みだって?大丈夫、いいニュースがあるんだ。ダブルキャブのピックアップトラック仕様が登場するんだって。

数週間後に開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで、旧型ディフェンダーではない5人乗りピックアップ・バージョンが初公開されるのだ。その名もイネオス グレナディア クォーターマスター。素晴らしい名前じゃない?

フェスティバル・オブ・スピードでお披露目されるにもかかわらず、クォーターマスターはおそらくそれほどスピードは出ないだろう。実際、標準のグレナディアと同じ6気筒BMW製パワートレイン、283bhpの3.0リッターのターボガソリンか、248bhpの3.0リッターツインターボディーゼルが搭載されるだろう。ハードトップバージョンの車重はすでに2.7トンもあることをお忘れなく。

しかし、グレナディアにはもうひとつのパワートレイン・オプションがあり、それも今年のFoSで発表される予定だという。みなさんにお知らせしよう…*深呼吸*…グレナディア水素燃料電池(FCEV)テクノロジーデモンストレーター。

どうやらそのクルマは、「ゼロエミッション技術が将来の長距離4X4オフローダーにとっていかに適しているか」を示すために設計されたプロトタイプで、グッドウッドで新型クオーターマスターと並んで丘を駆け上がることになるようだ。

イネオスが水素に関心を持っていることは、以前から知られていた。イネオスは2020年にヒュンダイと覚書を交わし、両社の知識を結集して水素の世界的な生産・供給システムの開発を試みているのだから。そして当時、ヒュンダイ ネクソの燃料電池パワートレインをグレナディアに移植してテストすると聞いていた。

それが実現したのかどうかわからないけれど、水素グレナディアの可能性はあるのだろうか?

=海外の反応=
「もちろん、うまくいくわけない。燃料タンクとして使えるのは、巨大で寿命が短く、リサイクルが難しく、汚くて高価なバッテリーだけなのだから。というのも、大手のバッテリービジネスを所有する人々は、科学者たちが「おそらくバッテリーはよりクリーンになる」と言うような多くの「研究」にすでにお金を支払っているから」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/07/61114/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ