ベントレー、カーボンニュートラルな「ドリームファクトリー」での太陽光発電10周年を記念して、新世代のソーラーパネルを導入

2013年比60%増強された発電量

本日より、クルーにあるベントレーモーターズのカーボンニュートラルな「ドリームファクトリー」では、敷地内のソーラーパネルを36,418枚に増設するための工事が開始される。この発表は、ベントレーの全モデルが製造されているピムズ・レーンの工場で初めてソーラーパネルが設置されてから10周年を迎えることに合わせて行われた。このソーラーパネルの総面積は60,911 ㎡で、サッカー場9面分、テニスコート311面分に相当する。

追加された最新鋭のパネルは非常に効率的で、2013年に設置されたものと比べて、パネル1枚あたりの発電量が60%近く増加した。これにより、ベントレーの敷地内の発電量はさらに2メガワット増加し、合計10メガワットの発電能力を持つことになる。36,418枚のソーラーパネルを組み合わせたシステムは、2023年5月を基準として、ベントレーの日中の電力需要の最大75%を平均して発電し、ピーク時には100%に達すると予測されている。これは、年間2,370戸以上の家庭の電力に相当するエネルギーだ。新しいパネルは11月までに稼働する予定で、これに相当するCO2排出量を年間407,477トン削減することができる。

工場の既存の10カ所の屋根部分への設置は、太陽の力を利用するベントレーの取り組みの最新フェーズにほかならない。2019年には、クルーにあるベントレーの拠点に、英国最大の太陽光発電カーポートが設置された。現在、ベントレー車の製造に使用される電力はすべて太陽光発電、またはグリーンエネルギー認定を受けている。ソーラーパネルの設置は、ソーラーカーパークの設計で英国をリードする3ti社と共同で行われている。

ベントレーモーターズの生産計画担当ディレクターであるセバスチャン・ベンドルフは、次のように述べている:「クルー本社にソーラーパネルが追加されたことは、ベントレーのビヨンド100戦略への継続的な取り組み、すなわち最高レベルのラグジュアリー・サステイナブルモビリティを実現するためのものです。これは、103年の歴史を持つ高級車メーカーを、自動車産業全体にとって持続可能な新しいロールモデルに変えるというビジョンの一部です」

「ビヨンド100戦略は、20年にわたる革新と達成の集大成です。2030年までにエンド・ツー・エンドでカーボンニュートラルを実現するために、ベントレーの全事業と製品群における変革は加速しています」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/06/60784/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ