ベントレーがW12とのお別れをスピード エディション12で始める

2024年4月でベントレーの強力なW12にさようなら

ご存知のように、ベントレーは来年6.0リッターW12の製造を終了するが、20年以上にわたるサービスを記念して、コンチネンタル GTクーペとコンバーチブル、フライングスパー、ベンテイガ、4モデル各120台の「スピード エディション 12」を製作することになった。

スピード エディション 12とは何だろうか?それは、ベントレーのスピード(Speed)仕様に基づくもので、バッジ、トレッドプレート、シート、フェイシアなど、多くのパーツに12という数字が入っている。それと、エンジンのプレート。そして、それが本質的なところだ。

もちろん、ベントレーである以上、細部にまで注意が払われている。22インチのブラックホイールには、他のモデルでは見られないシルバーのブレーキキャリパーが組み合わされ、上に見えるオパライトグリーンのペイントは特別に調合されたもので、オプションとなっている。

インテリアでは、刺繍やシートステッチにベントレーのこだわりが感じられ、よく見るとダッシュボードにはW12の発射シーケンスが刻み込まれている。いい感じだ。

6.0リッターW12エンジンは、2003年にVWグループの所有となった最初のニューモデルに搭載され、それ以来、10万台以上が販売された。ベントレーは、このエンジンを「現代において最も成功した12気筒エンジン」と主張している。

それ以来、出力は37%増の659ps、トルクは54%増の900Nm(わずか1,500rpmから発揮)へと向上している。感動的とも言える数字だ。

忘れてならないのは、スピード エディション 12を購入すると、W12の15%スケールのアルミキャストモデルが手渡されること。これだけでもほしいなあ。

=海外の反応=
「エルビス プレスリーの死と同じです。それ以来、彼のような人は二度と出てきていない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/05/59964/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ