やったね!MINIが耐久レースで3ペダルMTを復活させるって



今月末のニュルブルクリンク24時間に挑む

あなたは「マニュアル車を救え!」という主張をするチームのメンバーかな?私たちTGもそうなんだが、ミニからの最新のちょっとしたニュースには、本当に興奮させられる。

今月末に開催されるニュルブルクリンク24時間レースで、ミニのパートナーであるブルドッグレーシングが2台のマシンを走らせることが発表されたが、そのうちの1台はマニュアルギアボックスを搭載しているとのこと。めっちゃ嬉しい!

ミニはマニュアルのジョンクーパーワークスの技術的な詳細をまだ発表していないが、軽く改造された2.0リッターターボの市販車のためのVT2-FWDクラスに出場することは分かっている。

ドライバーのチーム(英国人レーサーのチャーリー クーパー:ミニの高速走行を始めた伝説の人物ジョン クーパーの孫)が、ニュルブルクリンクで24時間、最新のレースカーでギアを漕ぐことになるのだ。スゴくうらやましい。

5月20日、21日に行われるニュルブルクリンクでのレースは、ゼッケン126番を付けて走ることになる。なお、2台目のミニは、昨年SP3Tクラスで活躍した赤い112号車だ。







=海外の反応=
「けど、ミニは兄弟車や他の競合車に対して不利になりそうでもある」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/05/59356/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ