ベントレーが韓国に世界初のベントレー・キューブをオープン、限定マリナーモデルも発表

日本でも同様のコンセプトでポップアップショップも運営されていた

ベントレーソウルは、ソウルの清潭にベントレー・キューブをグランドオープンした。コンテンポラリーなラグジュアリーライフスタイルを反映したベントレー初のリテールコンセプトであるベントレー・キューブは、今後の世界中のベントレーのリテールおよびエクスペリエンスコンセプトに影響を与える新しいデザインコンセプトを表している。

ベントレー・キューブは、特別なカスタマージャーニーを提供するため、ソウルで最も高級なファッション地区の中心で、ベントレーの顧客のためのラグジュアリーなライフスタイルを提案する。ベントレー・キューブ内のバトゥール・スタジオ・スイートでは、ベントレーのパーソナルコミッショニング部門であるマリナーを通じて、顧客だけのベントレーを製作することができ、アズール・ラウンジでは、顧客がリラックスしてネットワークを広げるための特別な空間を提供する。

地下1階にあるサウンド・プレイグラウンドは、顧客に最高水準の音楽を体験していただくためのスペースだ。ベントレーの長年のコラボレーションパートナーであるネイム社のオーディオ機器を備えたサウンドシアターもあり、ベントレーの顧客の中でも最も耳の肥えたオーディオファンを満足させる究極の車内オーディオ体験を実現する。

エンベデッドダイヤモンドコンセプトは、ベントレーが車両を展示し、車業界を超えてブランドを確立するために考案した現代的なディスプレイだ。

柾目のウォールナットは、ベントレーの初期の車に使用され、現在でも顧客に最も人気のあるウッドパネルの一つであるなど、ベントレーブランドと長い関係を持つ素材だが、素材の自然の美しさを尊重した現代的な造形表現で再構築されている。

構造体を縦に整列させることで、空いた部分がダイアモンドの形になるようにデザインされている。ダイアモンドのモチーフは、ベントレーのマトリックスグリルやローレット加工、キルティングシートなど、さまざまな形で活用されてきたブランドの象徴的なグラフィックにさりげなくちなんだものだ。カーステージを囲む曲線のフォルムは、見る人がその周りを移動するにつれて見えてくるパターンをより深く見るように誘い、構造体を囲むフレームはベントレーのフライングBへのオマージュとなっている。

ベントレーモーターズの会長兼CEOであるエイドリアン・ホールマークは、次のように述べている。
「世界有数のラグジュアリー市場の中心であるソウルに来れたことに感激しています。ベントレー・キューブの発表は、ベントレーにとって韓国市場の重要性が高まっていることを表しています。韓国におけるベントレーの今日の成功は、お客様からのサポート、そして信頼できるパートナーであるチャームゾーン・オートモティブ社の情熱と献身なくしてはありえません」

ベントレーは将来を見据え、世界で最も持続可能な高級自動車ブランドになるためのビヨンド100戦略を推し進めている。電動化とクルーを世界有数の「ドリームファクトリー」に変えるための持続可能な投資に取り組んでいるほか、ベントレーのグローバルなディーラーネットワークにおけるカーボンニュートラルを2025年までに達成し、ベントレー・キューブもこの変革の一つだ。

チャームゾーン・オートモティブ社のCEOであるハンジュン・キムは、次のように述べている。

「ベントレー・キューブのオープンは、韓国における特別なカスタマージャーニーの新しい章を示すものであり、昨年ソウルのベントレー・タワーのオープンとともに開始したベントレーソウル・メンバーシッププログラムによる特別な顧客体験の大きなマイルストーンを基礎とするものです。2006年に韓国に進出した最初の高級車ブランドの一つであり、過去17年間韓国の高級車市場をリードしてきた経験を背景に、ベントレー・キューブによって、チャームゾーン・オートモティブ社は、ベントレーを韓国における主要な高級ライフスタイルブランドとして確立します」

ベントレー・キューブのオープニングでバトゥール・スタジオ・スイートに展示されたベントレー・バトゥール・バイ・マリナーは、マリナーが製作した最新のコーチビルト車だ。世界限定18台のバトゥールは、新しいミニマルなデザイン言語を特徴とし、来るべき電気自動車の時代におけるベントレーのスタイルを定義している。

マリナーは、自動車のデザインと専門技術の最高峰を体現しており、ベントレーのビジネスにおけるマリナーの重要性を裏付けている。韓国では、機能、コレクション、コーチビルトを包含するパーソナルコミッショニングサービスの存在感がさらに高まっていくことだろう。

ベントレー・キューブのオープニングイベントでは、現代美術家ハ・テイムとのコラボレーションによる限定版マリナーコレクションを発表した。コンチネンタルGTのシリーズに限定されたマリナーコレクションの車両には、ハ・テイムの特徴である「色帯」と彼女の芸術におけるリズミカルな造形言語が反映されている。各車両には、限定モデルを記念してハ・テイムが制作したユニークなアートワークが組み合わされる予定だ。このプロジェクトは、韓国における初のマリナーコレクションプロジェクトとしてエキサイティングな展開となり、今後も続々と展開される予定だ。

韓国は昨年、775台を納車し、アジア太平洋地域でベントレーが最も好調で、最も急速に成長している市場だ。今年、Sモデルとアズールモデルが韓国に導入されることで、韓国の顧客にさらに多くの選択肢を提供することができる。すべてのベントレーがラグジュアリーとパフォーマンスを体現していますが、Sモデルはグランドツーリングを再定義し、ドライビングの楽しさを中心に据えたモデルであり、アズールモデルはデザインとテクノロジーによって究極のウェルビーイングと車内での快適性を提供するモデルだ。

「これらにより、私たちは新しいターゲットグループへのアピールを強化し、今年、韓国でさらに高いレベルの販売を成功させることができると確信している」と自新を見せる。

規模は違えど、先日まで東京・青山で開かれていたポップアップショップにコンセプトは良く似ている。世界共通のCIでラグジュアリーの定義づけを行っているベントレー。こういった部分でも、業績好調の理由の一端がうかがえる。




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/03/57901/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ