2023年型プジョー 508のサルーン&エステートが新しい顔になる



プジョーは、昨年イギリスで実際に購入された数少ないクルマの最新のイテレーションを公開した。新型(ってか、フェイスリフトと読んで)、そして依然として非常に魅力的なプジョー 508サルーン&エステートへようこそ。

そして、その顔は確かにリフトアップされた。プジョーは、新しいブランドバッジを中心に、グリルがバンパーの「ボリューム」と一体化していることを強調している。その結果、フロントグリルの概念がほとんどなくなり、非常に細い怒った目つきとプジョーのトレードマークである「爪」パターンがサイドを走るのみとなった。

LEDライトは新型508に標準装備され、「プジョー史上最もシャープな、ネコのようなルックス」を目指してデザインされている。このLEDライトは一体型で、同じくLEDで作られた新しいリアライトシグネチャーを補完している。にしても、LEDがたくさん使われてるな。

その他の重要なアップデートとして、2023年型508をカバーするバッジはすべて新しくなり、新しいタイポグラフィーで更新されている。カラーは全7色から新たに3色(ホワイト、ブルー、「チタニウム」グレー)が選択可能だ。ホイールも新しいデザインで、ダイヤモンドパターンを特徴とする「エフェラ」と名付けられた18インチのアルミニウム製だ。

わずかだが効果的なエクステリアの調整だが、プジョーは508のフィロソフィーをすべて書き直す必要はなかった。508は現在販売されている大型サルーンやエステートの中で最も見栄えのするモデルの一つであり、多くの人がこれに憧れ、称賛していたのだから…最終的にドイツ車に乗り換えがちだけれども。

508はいいクルマだし、この新型も本質的な良さを引き継いでいるだけに、その点は残念だ。トリムレベルはAllure、GT、Peugeot Sport Engineeredの3種類で、フロントドライブのハイブリッドガソリンドライブトレインのペア(150bhp/180bhpガソリンエンジン+81kW eモーター)、2種類のガソリンと1種類のディーゼルによる3種類の純ICEオプション、4WD 360bhp PSEハイブリッドが用意されている。後者には、9X8レーサーのエネルギーマネジメントシステムが採用されている。

i-Cockpitは、相変わらず好き嫌いが分かれるところだ。このリフレッシュ版では、ステアリングホイールの紋章が変更され、12インチスクリーンの表示モードも変更されている。もちろん、多くの運転支援が提供され、新しいインテリア内装のオプションがあり、そしておそらく最も重要なことは、8つの利用可能なマッサージプログラムから3つの新しいマッサージが提供されることである。

価格はまだ明らかにされていないが、これは今年後半に発売される。それまでにこのニューフェイスは、もう少し多くの人の注目を集めることができるのではないでだろうか?








=海外の反応=
「508は、このような大きな車にしてはガソリンエンジンがアンダーパワーで、しかもプラグインバージョンが絶望的に高価で、車を思い通りにスペック変更ができないので、特定の装備が欲しければ、高いトリムレベルに上がるしかなく、すると価格はさらに上がり、欲しくもない装備が与えられるという、どうしようもない状態になっている。
プラグインハイブリッドにこれだけお金をかけるなら、ジュリアを買うか、他の高級車の方がはるかに賢明な選択だ。クラシックプジョーが懐かしい」
「4気筒のガソリンは出ないのかな?」
↑「たぶん、出ると思う」
「前モデルほど成功していないように見えるのは同意するけれど、それでも素晴らしい外観の車であることに変わりはない。とはいえ、販売台数を見てみたら、欧州では3シリーズが113,000前後、508が29,000前後だ。排他性を求めるなら508を買えということのようだ」
「フロントグリルは、非常にうるさいオーバースタイルだ。それ以外は前バージョン同様、ハンサムな車なので残念」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/02/57480/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ