マクラーレンがアップデートパッケージの新型720S GT3 EVOを発表



マクラーレン モータースポーツは、2023年シーズン以降も国際的なGT3レースの頂点に立つ720Sの成功を継続するべく、新型720S GT3 EVOを発表した。

新車または既存車へのアップデートパッケージとして720S GT3 EVOは、2023年シーズンに向けて認定される予定だ。今回の変更は、初戦からGT3マシンのトップランナーとして活躍した720S GT3の経験と、チームからのフィードバックを反映したもので、カスタマーとドライバーに対して、Artura GT4を含む、全ての機能の操作性を高めたものとなっている。

720S GT3 EVOは、フロントバンパーやスプリッターなどのボディワークが改良され、クイックリリースファスナーで容易に脱着できるようになった。また空力特性の改善、ダウンフォースを向上させるとともに、全体のバランスを前方へシフトし、走行中における安定性を向上させた。

またフロントボンネットのガーニーもバランスと冷却性能をアップさせ、さらに補助ランプの位置を変更することで長距離イベント時の夜間走行における視認性を向上させた。リアにおいては、ウィングのパイロン機能を簡単に調整できるようになり、リアウィングガーニーを高くすることで、全体のバランスを崩すことなくダウンフォースの向上に成功した。

720S GT3 EVOのサスペンションには、高周波数ピストンと長さの調整が可能な新型のTTX40オーリンズ製4ウェイ・アジャスタブル・ダンパーが採用、さらに多くの改良が加えられている。フロントとリアのアッパーウィッシュボーンが変更され、フロントはタイヤマネジメントのオプションを向上させるために調整可能になり、新しいクレビスでドループを増加させることも可能だ。リアはアップライトの変更に対応するため、ジオメトリーが改良されている。

アップライトも刷新し、フロントはブレーキキャリパーをボルトで固定し、システム全体をユニットとして素早く交換できるようになった。またトラックロッドクレビスを内蔵することで、ホイール同士の接触に対する耐久性も向上している。リアアップライトにも適用され、タイヤマネジメントのためのジオメトリーが改善され、セットアップの選択肢が増えた。また720S GT3 EVOのブレーキには、ディスクの耐久性を向上させるためにクローズドフェイスベルを採用した。

現在、720S GT3 EVOは注文を受け付けており、既に720S GT3を所有している人は、購入可能だ。720S GT3オーナーとチームは、既存のハブユニットを使用したフルアップデートキット、または完全なアップライトアセンブリーキットを購入することができる。

「マクラーレン720S GT3は、4年前のデビュー以来、GT3レースで驚異的な成功を収め、ガルフ12時間レースにおいては数時間にわたってレースをリードしてきました。それ以来、多くのレースで勝利を重ね、昨年はアジアン・ル・マン・シリーズ、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権、GTワールドチャレンジ・ヨーロッパでタイトルを獲得し、2023年はデイトナ24時間レースでの表彰台で幕を開けました。その間、我々はカスタマー レーシング チームと密接な関係を保ち、彼らの提案の多くを新しいEVOパッケージへ取り入れ、性能の一貫性と整備性を改善しました。これによりマクラーレン720Sは、今後何年にもわたりGT3レースにおいてリードすることでしょう」マクラーレン・オートモーティブ モータースポーツ・ディレクター、イアン・モーガン氏




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/02/57276/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ