新型レンジローバー SV ‘ランズダウン エディション’は4,000万円の高級SUVだが限定16台は完売



ランドローバーは、250,000ポンド(4,000万円)という魅力的な価格で販売される新しい限定版ランドローバーを発表した。このレンジローバー SV ランズダウン エディションは、受賞歴のあるSUVの最新モデルで、16台のみが販売される。まあ、入手「できた」って、過去形なんだけどね。

ストラットストーンという高級なメイフェアのディーラーで行われた発表会に先立って、すべての予約枠が埋まってしまったのだから、発表会を成功させる必要さえなかったのだ。では、このランズダウン エディションのどこがそんなにエキサイティングだったのだろうか?ランドローバーのスペシャル ビークル オペレーションズ(SVO)部門であるSV Bespokeが製作したこの限定モデルは、英国限定のスペシャルモデルだ。ランドローバーのP530 V8エンジン、直噴4.4リッター、ツインターボ、マイルドハイブリッド、全輪駆動、最高速度250km/h、最大トルク750Nm、総合出力523bhpを搭載しているのが特徴だ。

16台のレンジローバー SVランズダウン エディションは、それぞれがユニークなスペックを備えている。16台すべてのスペックをここで紹介することはできないけれど。たぶん、退屈な読み物になってしまうかもしれないので。だが、すべての車が持つ豪華なハイライトをお伝えする。たとえば、このエディションのために特別にデザインされた「ランズダウン グレー グロス」のエクステリアは、「ローズウッド」と「エボニー」のリッチで温かみのあるブラウンで引き立てられている。

コリスと名付けられたダークグレーのグロス・コントラスト・ルーフと、それに合わせたウィングキャップとホイールインサートが、派手なエクステリアをうまく引き締めている。英国最古の家族経営ジュエラーと言われるファットリーニは、16台のランズダウンン エディションにそれぞれブラッククロームのバッジも装着している。

トランクは、「これはただのテールゲートではなく、レンジローバー SV ランズダウン エディションのテールゲートです」と、裕福な街で走らせられようにしている。テールゲートには、レザークッションを備えた専用の「イベントスイート」が用意されている。

しかも、そのレザーはただのレザーではない。アニリンレザーは、最高級のレザーだ。最高のコンディションを保つにはかなりの手入れが必要で、直射日光に当たると色あせますが、スマートな方なら全周囲プライバシーガラスを使用できる。エボニー・モヘア・カーペット、セラミック・スイッチギア、イルミネーテッド・トレッドプレート、SV特製パドル・ライトが組み合わされている。

JLRの英国セールスディレクターであるパトリック マクギリカディは、次のように述べている。「私たちの製品の深い望ましさが、これほどまでに明らかになったことはありません。レンジローバー SV ランズダウン エディションは、16台すべてが発売前に完売していることからも、当社のラグジュアリーブランドの魅力を実証しています」と述べている。まさに、特別な存在だ。






=海外の反応=
「裕福であることが知性を意味するわけではないことを証明している。私の06年型SC付きのレンジローバーは、BMWの部品が故障し続けていることを除けば、今でも素晴らしい車だ。何年か前に中古で7,000ドル(92万円)以下で買った。今でもその価値はあるよ。でも4,000万円?私の予算で買えるようになる頃には、今のRRをBMWの部品を心配することなくEVに改造していることだろう」
「OK、よかった。今度はDaciaについて何かお願いできますか?」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/02/57176/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ