バサースト12時間レースでのコンチネンタルGT3レーサーにインスパイアされたビスポークのベントレー


マリナーとベントレーシドニーは、2020年にベントレーがコンチネンタルGT3レーサーで優勝した過酷なバサースト12時間にインスピレーションを受けた2台の特別なベントレーを製作した。新型コンチネンタルGT Sは最近オーストラリアで発表され、V8エンジンのパフォーマンスを称賛する絶好の機会となった。この特別モデルはロードカーの兄弟車であるコンチネンタルGT3へのオマージュが込められている。

ドライビング性能とビジュアルの存在感を重視したコンチネンタルGT Sは、サーキットで活躍する同モデルと多くの特性を共有しているため、今回特別に製作した2台のロードカーのベースに最適だった。

この2台の車両は、それぞれ異なる仕様となっている。1号車は、優勝したレースカーのカラーリングからインスピレーションを得て、鮮やかなアップルグリーンのエクステリアに、ベルーガブラックのルーフ、ウイングミラー、ロウアーバンパー、リアトランクのシルエットがコントラストを成している。ユニークなフロントのビジュアルには、レーシングカーと同じようにグリルマトリックスにナンバー7が描かれている。

さらに、コンテンポラリーでパフォーマンス重視のテーマを強調するため、エクステリアのブライトクロームメッキをポリッシュブラックに変更するブラックラインスペシフィケーションや、フロントスプリッター、サイドスカート、リアディフューザーをカーボンファイバー製に変更するスタイリングスペシフィケーションを採用し、よりアグレッシブなビジュアルを実現している。

キャビンは、レーシングカーよりもはるかにラグジュアリーでありながら、パフォーマンスも感じられる仕様になっている。ベルーガのレザーとダイナミカを使用し、アップルグリーンのパイピングとコントラストステッチをアクセントにしたインテリアは、エクステリアと完璧に調和している。ヘッドレストには「BATHURST」のステッチが入り、トレッドプレートには「One of Two」の文字が見える。助手席側のカーボンファイバー製のテクニカルフィニッシュのフェイシアには、サーキットを表現したユニークなメタルオーバーレイが施され、センターコンソールには優勝したドライバーの名前とナンバー7が記されている。

バサースト12時間のイベントディレクターであるシェーン・ルジス氏は次のようにコメントしている。
「ベントレーはすぐにバサースト12時間レースの象徴的存在となり、参加者の多くに愛されるチームとなりました。

彼らはマウントパノラマサーキットに衝撃をもたらし、2020年の優勝はレース史上最も人気のあるシーンの1つであり、繰り返しリプレイされる象徴的なシーンとなっています。

2台のコンチネンタルGT3の参戦は人々の記憶に長く残る印象的なものでしたが、その時と同様、とてもスペシャルでユニークな2台のコンチネンタルGT Sの製作をすることでベントレーがレースでの優勝をお祝いすることのお手伝いができることを誇りに思います」

2号車は、2017年末に発売され2018年に参戦を開始した第2世代のコンチネンタルGT3の導入を反映し、シルバーテンペストで塗装されている。1号車と同様、エクステリアとビスポークのキャビンにブラッククロームとカーボンファイバーのスタイリングスペシフィケーションを採用している。各車両には、記念のフレーム入りオブジェと、優勝車の1:18スケールモデルが提供される予定だ。

マリナーチームは2022年、わずか12ヶ月の間に世界中の顧客のために500ものユニークなマリナーベントレープロジェクトを行い、パーソナルコミッションにおける新たなマイルストーンを達成した。チームのポートフォリオには、バトゥールなどのコーチビルド車、ブロワーなどのヘリテージカー、そして想像できる限りの多種多様な魅力的でユニークなカスタマープロジェクトが含まれている。

新型Sシリーズには、世界中から絶大な人気を誇る4.0リッターV8エンジンが搭載されており、最高出力550PS、最大トルク770Nmで、0-100km/h加速はわずか4.0秒だ。GTとGTC Sには、クロスプレーンV8のビートを増幅させるスポーツエグゾーストが標準装備され、エンジンがさらに強化されている。

コンチネンタルGT Sの各モデルにレスポンスの良さと俊敏性を与えているのは、強力で軽やかに回る軽量な4.0リッターV8エンジンであり、ベントレーが初めて開発した先進の48V電動アクティブアンチロールコントロールシステム、ベントレーダイナミックライドがそれをさらに高めている。0.3秒で1300Nmを発生させ、アンチロールバー内のモーターがコーナリングフォースをアクティブに補正し、ハードなコーナリング時のボディのロールを最小限に抑えるとともに、左右のホイールを互いに切り離すことで巡航速度での乗り心地を向上させている。

最新世代のコンチネンタルGT3レースカーは、ロードカーであるコンチネンタルGTとともに開発された。アルミニウムを中心とした構造により、レースで使用可能な1300kg以下の軽量化を実現し、重量配分も改善され、レースに最適な車となっている。エンジンは、レースで実証済みの4.0リッターベントレーツインターボV8を新たに開発したもので、ドライサンプシステムを再設計し、吸排気システムを一新している。

コンチネンタルGT3では、最適なエンジン性能を実現するために、高度に最適化されたロードカー用のインタークーラーが採用された。制限のないパワーは550bhpを超え、燃費も改善されている。排気音は低減されたものの、ベントレー特有のサウンドは健在だ。

エクステリアのエアロダイナミクスは、最新世代のロードカーの洗練されたラインをベースに、さらなるダウンフォースを実現している。新しいサスペンションとブレーキシステムもGT3のために開発されたものだ。

コンチネンタルGTは、ロードでもサーキットでもその並外れた幅広い能力を発揮し、2020年のバサースト12時間レースではコンチネンタルGT3が総合優勝を果たした。マキシム・スール(ベルギー)、ジョーダン・ペッパー(南アフリカ)、ジュール・グーノン(フランス)の#7 コンチネンタルGT3は、2020年インターコンチネンタルGTチャレンジの開幕戦で、11位スタートから追い上げて勝利を収めた。

#7コンチネンタルGT3は、スタート後ほどなくして表彰台争いに加わった。スーレ、ペッパー、グーノンという世界に名だたるドライバー、チームによる優れたレース戦略およびピットストップ戦略により、同チームはぬかりなく走り続け、7時間を経たときにはトップに立っていた。終了時間まであと1時間少しというとき、予期せぬパンクに対処することとなり、このピットストップがチームの勝利に向けた最後のマシン・セットアップとなった。40°Cを超える気温の中、雨も降り始めましたが、半日に及ぶスプリントに耐えた#7コンチネンタルGT3はバサースト12時間耐久レースの優勝者としてゴールラインを駆け抜けた。彼らはチェッカーフラッグを受け、共に戦ったクルーたちもまた314周という新しいレース走行距離記録を手にした。天候がさらに悪化する前に、チームは雨の中で喜びの声を上げた。




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/01/56807/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ