リルー・ワドゥ、リシャール・ミルのパートナーとフェラーリ・コンペティツィオーニGTの女性初公式ドライバーに就任



リシャール・ミル ファミリーは、若き天才ドライバー、リルー・ワドゥがフェラーリ・コンペティツィオーニGT初の女性公式ドライバーとなり、耐久レースの高みに到達することを誇りに思っている。彼女は2023年3月17日、LMGTE Am(「ル・マン」耐久グランドツーリング アマチュア)カテゴリーのスターティンググリッドにつき、AFコルセチームでRM 07-01 レッドクオーツTPT®を着用し、フェラーリ488 GTEのステアリングを握ることになるのだ。これは、WEC(世界耐久選手権)シリーズのGTレースにおいて、WEC GT Proカテゴリーで2022年のチャンピオンに輝いたAFコルセと、パートナーシップを継続しているブランドにとって、当然の流れであると言えるだろう。

リルーは、リシャール・ミル レーシングチームでそのポテンシャルを最大限に発揮し、2022年のWEC最終戦ではLMP2カテゴリーで見事なドライビングを披露した。若干21歳にして、彼女は多くの経験を積んできた。アミアン(フランス)出身の新しいLMGTEドライバーには、スピード、穏やかさ、戦闘力という言葉が最もよく似合うものだ。

幼い頃からカートに熱中していたリルーのモータースポーツにおける進化への欲求は、15歳の頃からフランスで絶え間ないテストと周回を重ね、翌年にはフルスロットルで彼女にとって初めてのヨーロッパでのGTレースで輝きを放つようになる。リルー・ワドゥは、プロモーション・フォーミュラの真価を発揮し、自然と耐久レースに目を向けるようになり、2020年に女性ドライバーに国際的でハイレベルなモーターレース競技へのアクセスを提供することを目的に設立されたリシャール・ミル レーシングチームに参加することになったのである。2023年にAFコルセの一員となったリルーの才能は、近年のGTレース、特に世界耐久選手権(WEC)でほぼすべての勝利を収めているイタリアのチームに生かされることになる。

「フェラーリとの新しい冒険が待ち遠しいです。AFコルセの信頼はもちろん、リシャール・ミル レーシングチームのアマンダ・ミル、そしてマネージャーのフィリップ・デュマの揺るぎないサポートに感謝しています。私は自分のキャリアにおいて新たな一歩を踏み出しました。LMGTE Amカテゴリーは、速いドライバーが多く、非常に競争が激しいです。488は要求の多いマシンですが、パフォーマンスが非常に高いので、それを100%発揮するためには、ドライビングテクニックを見直さなければなりません。でも、この挑戦の準備はできています」

AFコルセは、フェラーリおよびそのコンペティツィオーニGT部門とのパートナーシップにより、フェラーリが3度のマニュファクチャラーズタイトル獲得、チームが3度のドライバータイトル、50回のクラス優勝、LMGTE AMでの優勝を含む3回のル・マン24時間優勝を果たした700馬力の4.0L V8バイターボを搭載したフェラーリ 488 GTEを走らせる。

リシャール・ミルのブランド&パートナーシップ・ディレクターであるアマンダ・ミルは、フェラーリとの新たな冒険を見守ることになるが、それは感慨深いものがある。

「リシャール・ミル レーシングチームが誕生して3年、技術チームとドライバーの素晴らしい働きによって、私たちは女性ドライバーを最高のレベルに引き上げ、ハイレベルのチームを相手に入賞するという目標を達成することができました。リルーのキャリアはまだ始まったばかりですが、フェラーリの耐久レースの公式ドライバーになったことで、すでにモーターレースの歴史に新しいページを刻みつつあります。まだまだ課題は山積みですが、彼女が表彰台の頂点に立てるよう、私たちはこれからも彼女のそばで応援していきます」

【2023 FIA 世界耐久選手権シーズンカレンダー】

- 3月11日〜12日:セブリングでの公式プロローグ
- 3月17日 - セブリング1000マイル
- 4月16日 ポルティマオ6時間
- 4月29日 スパ・フランコルシャン6時間
- 6月10日~11日:ル・マン24時間
- 7月9日:モンツァ6時間
- 9月10日 富士6時間
- 11月4日:バーレーン8時間




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/01/56678/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ