テスラ、後ろ、後ろ!メルセデスが独自の充電ネットワークを構築



テスラ、後ろ、後ろ!気をつけろー、みたいな。電動化の世界にビッグニュースが飛び込んできた。メルセデス・ベンツは、北米、欧州、中国、および「その他の主要市場」において、独自のEV用充電ネットワークを構築し、10年後までに10,000基以上の充電器を設置すると発表した。

テスラのスーパーチャージャーネットワークの大部分と同様、充電器はすべてのEVドライバーに開放されるが、メルセデスのドライバーにはさらなる利点がある。例えば、メルセデスのEVに乗っている人は、到着する前に充電器を予約することができるとか。

このネットワークは、まず北米に導入され、今年から350kWの急速充電器が、ほとんど覆われた大きな充電ハブに設置されると聞いている。このハブは、「主要都市や都市の人口集中地区、主要幹線道路、便利な小売店やサービススポットに近い場所に設置される」予定だ。

この計画について、インターネットの皆さんはどう思う?





=海外の反応=
「これらのネットワークがすべての EV に開かれている限り、問題ない。 絶対に避けたいことは、ラップトップで最も長い間起こったことの繰り返しであり、どこにでも独自のソリューションが絶対にあるはずなのに」
「テスラは 10 年前に最初のスーパーチャージャーをオープンし、世界中で 40,000 台以上を設置している。 他のメーカーが独自のネットワークが進むべき道であることに気付くまでに、これほど長い時間がかかったのだ。メルセデスがすぐにテスラに追いつくことはない」
↑「トップギアスタッフのポール ホレルから:
私の立場からすると、独自のネットワークを持たないほうがよいだろう。 誰にとっても、シンプルなユニバーサル ペイメントで誰もが利用できるステーションが最適だ(公平を期すために、フォルクスワーゲンやルノーなどでもテスラ ステーションを使用できるが、テスラ アプリが必要だ)。 EV充電ステーションについては、非接触型決済をお願いする。または、Apple / Google Payを使用できるように、少なくとも簡単なWebリンクが必要だろう。
本当に驚くべきことは、自動車会社が独自のネットワークを構築しなければならないということだ。 彼らはこれまで、ガソリンスタンドを設置する必要はなかった。 この中で、石油会社はどこにあるのだろうか? 彼らは自らを「エネルギー企業」と呼んでいるので、彼らが石油から離れて、彼らが熱望していると主張するクリーンエネルギーの提供を開始するのを見ていこう。 Shell、BP、および Total は小さな努力をしているけれど、本当にピーナッツみたいなもの」
↑「テスラは他の会社に充電ポートの設計とスーパーチャージャーへのアクセスを無料で提供したが、誰もその申し出を受け入れなかった…。彼らを受け入れたのはApteraだけだと思う。これはテスラのせいではなく、文字通り他のすべてのメーカーが責任を負っていること。それは誰にとってもはるかに良い経験をもたらしただろう。他の充電インフラはテスラのものに近いけれど、確実に動作することはない」
↑「理想的な世界では、すべての EV 充電器が高速で、非接触型で、すべての高速道路サービス ステーションに設置され、kWh 価格が明確に表示され、十分な容量があり、誰も列に並ぶ必要がない。
現実の世界では、政府、電力供給業者、競合する自動車メーカーが協力して考えなければならないため、英国では決して起こらない。
したがって、会社の車の運転手として EV を使用したい場合は、テスラ以外に選択肢がない。時間通りに予定に間に合うようにしながら、動作する充電器を探したり、さらに別のアプリをダウンロードしたりする時間がないからだ。 したがって、テスラのドライバーとして、他のメーカーがテスラのスーパーチャージャーを使用することを望んでいない。
メルセデス、または他のメーカーが同様のサービスを提供している場合は、少なくとも車「ああ、そうだ、現在40,000 台の充電器を設置しているテスラと、年間10,000 台の充電器を製造する工場があることは、2030 年までに10,000 台の充電器を作りたいと考えている自動車メーカーの方を心配する必要がある」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/01/56566/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ