2023年に、この「空飛ぶクルマ」の中でゲームチェンジャーになる1台はどれ?



2023年、ついにこの中の1台の空飛ぶクルマがゲームを変えるのだろうか?トップギアで近年取り上げてきた空飛ぶクルマはこちら。近い将来、生産されることになるのはどれ?

クライン ヴィジョン AirCar(Klein Vision AirCar)


実際にBMWエンジンのAirCarは、70時間の飛行テストと200回以上の離着陸を終え、2022年初頭にスロバキア運輸局から「正式な耐空証明書」を発行された。未来はここにある?

PAL-V リバティ(PAL-V Liberty)


過去10年ほどの間に文字通りあらゆるモーターショーやモーターイベントに行ったことがある人なら、おそらくPAL-V Libertyが会場の天井からぶら下がっているのを見たことがあると思う。オランダの会社は2018年にリバティの生産開始を発表し、2021年2月には欧州連合航空安全局から完全な認定を受けた。最初の顧客納品は2024年に行われると聞いている。飛ぶ空間はどこなんだ?それとも、もっと上の宇宙空間とか…?

エアロモービル 4.0(AeroMobil 4.0)


AeroMobilについては過去に何度か取り上げ、4.0コンセプトが発表された際にはブラティスラヴァ郊外の本社を訪問したこともある。2018年にはその空飛ぶクルマのバージョン5.0のレンダリングが公開されたが、その後2021年に、ここにある2人乗りの4.0を2023年に運転・飛行できるという広告が飛び込んできたのである。エアロモービルのみなさん、安心してください、必要なら私たちは喜んでモルモットになりますよ。

テラフュージア TF-X(Terrafugia TF-X)


世界には、吉利に買収されていないメーカーが何社残っているのだろうか?ってくらい、ジーリー傘下は多い。このテラフュージアは2006年にTransitionというコンセプトでマサチューセッツ州に設立され、ジーリーがそのドアをノックしてきたのは2017年のことだった。それ以前には、ご覧のような322km/h(空中速度)のワイルドな「TF-X」を披露していたが、ここしばらくは怪しげな沈黙が続いている…。

ポルシェ×ボーイング


ポルシェとボーイングが2019年に「プレミアムアーバンエアモビリティ市場と都市交通の空域への拡張を模索する」と発表したのを覚えているだろうか。ええ、私たちも本当に同じことを考えてた。だが、あのようなニュースは頭に残らない傾向があるけれど、それはおそらく最善なことなのである。ともかく、空飛ぶクルマを共同開発したい既存企業2社を選ぶとしたら、この2社が候補の上位にくることは間違いないだろう。

ジョビーアビエーション×トヨタ


空飛ぶヘキサコプタータクシーのスタートアップ、ジョビー アビエーション(Joby Aviation)に2020年初めに3億ポンド(482億円)を投資したトヨタも、従来は地上にフォーカスしていた企業だ。当時、サンタクルーズに本拠を置く同社は、2023年に空飛ぶ輸送ソリューションを展開すると聞いていたが、それが実現するかどうか、見ておこう。

ルノー AIR4


ルノーのAIR4は、車輪がないため空飛ぶクルマとは言えないかもしれないが、技術的には空を飛ぶことができるルノー 4である。だから、空飛ぶクルマなのだ。このドローン風のものは、2021年の4の60歳の誕生日を記念して作られたもので、実際に地上をホバリングしている動画がYouTubeにアップされている。ただ、すぐに近くの車道で見られるとは思わないでほしいの…。




みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎
=海外の反応=
「車 ≠ 空飛ぶ
とくに05のは、クールに見えるかもしれないが、現実の世界では惨事になるだろう。 低高度での飛行に適した都市はない。着陸や離陸はもちろんのこと。
さらに、これまでの「空飛ぶ車」はすべて、翼が折りたたまれた飛行機であり、事実上、すべての「車」の側面が無視されていた。
折り畳みという名の下に、カメラの品質、バッテリー寿命、耐久性をすべて犠牲にした折り畳み式携帯電話を思い出してほしい。
車は飛ばない、道路の上を走行することに対処する。 そのために車輪はちょうどいい」
↑「ええ、翼のある車は飛行機でも車でもない。 しかし、そこには実行可能なオプションがある。 ドバイのタクシー用にテストされている Ehang Passenger Drone のように。 しかし、問題はまだ残っている。 空中にとどまり、着陸/離陸を制御するには、車両の合計重量よりも大きな力で空気を押し下げる必要がある。 それは子供たちを吹き飛ばすってことだ。
したがって、指定された着陸地点と、ロックオンするためのコンピューター化されたグリッドが必要になる。 これは、そもそも「車」を飛ばすのと同じくらい難しいことだ。そんなことの前に…100% 自動運転車はどうなったの?その面ではまだあまり進歩がなく、これには、イーロン マスクの最も精巧な主張よりも新しいレベルの安全性が必要になる」
↑「一言で言えばジレンマだ。 車と飛行機の両方をこなすものをなぜ欲しがるのか?という。その上、物事の航空交通側を制御することの追加の複雑さは、基本的に実用性を否定している。
では、Klein Vision Aircar を例にとると…200 回以上の着陸と離陸を行い、耐空性が証明されていますが、これらの着陸と離陸はどこから行われたのだろうか? 空港。 そのため、このタイプのトランスポートの問題が明らかになった。 車を運転していて突然交通渋滞に巻き込まれ、別の方法を見つけるという問題ではない。空港への道の上を飛べる許可を取る必要があり、飛行機に乗るためのすべての要件を通過する必要がある。だから、計画を立ててから、フライング マシンで楽しい道を進んでほしい。あなたは今、最初の目的地に最も近い空港に飛んでいる。率直に言って、30 分間の交通渋滞の中で、通常の方法で目的地に到着した方がよかったかもしれない。
率直に言って、これは今もこれからも 超富裕層の手段であるが、彼らはすでにプライベート エグゼクティブ ジェットとヘリコプターを持っており、空港や自分の好きな場所に連れて行ってくれる。
おっしゃる通り、自動運転システムを整理して、それを使って交通を制御すれば、渋滞の問題はない。 スムーズに稼働する生産ラインの相互接続を備えたトラフィック環境を本質的に作成できる。でもさあ…」
「空飛ぶ車のアイデア全体は、ほとんどすべての点でばかげている。
1. 飛行に理想的な機械は、運転に理想的な機械とは大きく異なる。関連する物理学は非常に異なるため、両方の機能を備えたものは非常に妥協することになる。
2. 交通は危険だ。何かが飛んでいるということは、許容範囲がはるかに狭い環境で動作するだけでなく、道路に制限されていないため、間違いが非常に悪い影響を与える可能性がある。
3. 車が故障した場合、車を止めて助けを求めることができる。 飛んでいるものが壊れて空から落ちてきて、人が逃げなきゃならない緊急着陸が起きたら、最悪の場合は…。
4. 空を飛ぶことは、車を運転することよりも多くのエネルギーを消費する。環境にクリーンなエネルギーを無制限に手に入れるまでは、空飛ぶ車についての長いジョークに資源を浪費するのではなく、より無駄のない輸送方法を選択する必要がある。
5. バカに見えて不器用だ」

「空飛ぶ車が登場するのは、まだしばらく先のことだと思う。ほとんど人間が正確にコントロールできていないから」
「Amphicar が 60 年代に大失敗に終わったのには理由があった。 それは、良い車と良いボートを合わせたよりも高いコストで、本当にがらくたの車とさらに悪いボートだったから。空飛ぶ車はまさに同じだが、はるかに悪く、はるかに高価であり、無限に危険だ。多目的なものというのははほとんどの場合、夢物語であり、忘れられるのが最善だ」
「空飛ぶ車の実現を阻む社会的、技術的な問題を彼らが突き止めたとしても、普通の道路に着陸することは決してできないだろう。 車を空中に持ち上げるのに必要なダウンフォースは、人々の犬や買い物したものをいたるところに吹き飛ばす」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/12/56424/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ