国産初の腕時計、琺瑯ダイヤルの「ローレル」をオマージュした、 セイコー腕時計 110 周年記念限定モデル



セイコー プレザージュから、国産初の腕時計「ローレル」をオマージュし、当時のデザインを表現したセイコー腕時計 110 周年期限限定モデルを、2023 年 1 月 13 日(金)より発売する。価格は 220,000 円、世界限定 2,500 本だ。

セイコー腕時計 110 周年のテーマは「人に寄り添い、共に時を刻む」。
1881 年、時計の修繕と販売から事業を開始し、1892 年に掛時計の製造に着手。大正初期、懐中時計が主流の時代、やがて来るであろう腕時計の時代に備え、セイコーは腕時計の試作・研究を続け、1913 年、国産初の腕時計「ローレル」を完成させた。以降、110 年、セイコーは数々の革新的な腕時計を世に送り出している。

日本の時計メーカーにとって冒険的な挑戦であった「腕時計の製造」を、1913 年に実現。これにより日本の設計技術・微細加工技術や工作機械開発が大きく進化していくことになった。2014 年には日本機械学会より、日本の機械技術や産業の発展に寄与し、国民生活や文化に貢献した文化的遺産として次世代に伝えるべく、「機械遺産」に認定されている。

懐中時計を思わせる、初代「ローレル」のフォルムを踏襲し、本作はその丸みを持つ独特な形状とプロポーションを最新技術で表現している。ボックス型の風防をサファイアガラスで再現、時計本体とストラップを可動式パーツで接続した。さらに初代のローレルと同様に大型りゅうずを採用し、日本の腕時計の原点とも言える姿を表している。

ダイヤルは初代「ローレル」と同じく 、琺瑯(ほうろう)を採用。製造難易度の高い琺瑯ダイヤルは、琺瑯職人の横澤 満(よこさわ みつる)氏監修のもと焼き上げられている。横澤氏の技によって一枚一枚作られるダイヤルは、琺瑯ならではの艶やかな光沢と温かみのある質感を持ち、色褪せない美しさを保ち続ける。

当時は秒針が配されていた 6 時位置には、針式の日付表示を配置。さらに本作では 9 時位置にパワーリザーブが備えられている。時分針、日針、パワーリザーブ針は当時と同じく繊細な形状を採用。ダイヤルに印刷されたアラビア数字も、オリジナルの書体を忠実に再現。特徴的な「4」の書体も表現している。

ストラップとケースの接続部は、現代の品質基準をクリアしながらも、当時と同様の可動式構造を採用し、引き通しストラップデザインを採用した。ストラップの表材には、柔らかくしなやかな鹿皮革を使用し、装着性を高めている。鹿皮革は通気性に優れており、湿気の多い気候にも適した素材だ。裏材には耐久性に優れたカーフを採用している。




みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/12/56026/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ