【フェイクニュース】ロンドンの交通監視員が駐車禁止ラインの判定にVARを導入へ



トップギアの特派員であるコリー スポンデント(コレスポンデント:特派員)が、自動車業界から、独占フェイクニュースをお届けしている。

ロンドンでは、黄色の二本線は常時駐車禁止だ。ロンドンの交通監視員たちは、まもなくVARを利用して、黄色い二重線に駐車していたかどうかをミクロの精度で判断できるようになると、ロンドン警視庁が発表した。

これは、間違いなくワールドカップの日本対スペインの試合に触発された ものである。勝利のゴールは、当局が静的な白線の様々なスローモーションのリプレイを熟考して数分を引っ張った後に授与された。警察は、技術がまさにそれが21世紀に交通取締りを引っ張るために必要であると判断したようである。

「限界線の警告は、警察官と運転手の間に起こるいざこざの主要な原因なのです」と警視庁の広報担当者は言う。「たいてい、『5分間そこに駐車していただけだ』とか『救急車だ』といったささいな言い訳がそれに続くのです」

「VARを使えば、このような問題を一刀両断できるでしょう。合法的に駐車しているのか、そうでないのか。違法の場合は、ただちに60ポンド(10,000円)を支払ってください」

それに、都市の路上で最新鋭のカメラを使用することで、サッカーの試合日以外にも、ビデオアシスタントレフェリーに何らかの仕事を与えることができる。もっとも批評家は、サッカーから持ち越された偏見がドライバーに影響を与えることを懸念しているが。

その偏見とは、以下の試合結果に基づく。2010年、イングランドは決勝トーナメント初戦でドイツと対戦した。イングランドが1-2と1点を追う展開で、ランパードがミドルシュート。ボールはクロスバーに直撃した後、ゴールラインを超えたところで跳ねたように見えたが、判定はノーゴールだった。流れを失ったイングランドは1-4で敗れている。

「ドイツがグループリーグでカタールを去ることを喜んでいるわけではないですよ」と、ある関係者はニヤニヤしながら言った。「でも、もし制限区域でアウディA5の匂いを嗅いだら、ハイエナのようにひっぱたくだろうけどね」


ジムもセルフエステも24時間使い放題で月額3,278円(税込)のchocozap

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/12/55863/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ