メルセデスAMG ONEはニュルブルクリンクの史上最速市販車…だけじゃなかった



先月、ニュルブルクリンクで6分35秒183という驚異的なタイムを叩き出したメルセデスAMGONEは、市販車最速のラップタイムを記録したことはもうご存知のことと思う。現在発売中のトップギア・ジャパン052でも、AMG ONEにクリス ハリスが試乗した記事を掲載している。

メルセデスがこの記録を発表したとき、私たちはそのタイムと、ラップ中の素晴らしいオンボード映像をお届けしていた。しかし、AMGが公開した最新の映像によると、なんとこのマシンはさらにいくつかのラップレコードを更新していたっていう…。

ニュルブルクリンク(1分56秒096)、レッドブルリンク(1分26秒846)、ホッケンハイムリンク(1分38秒563)の3つのサーキットで、市販車の記録を塗り替えたのだ。F1エンジンをロードカーに搭載するために、研究開発に何年も費やせば、最終的にはかなり速いものができあがるということだよね。けど、一体、こんなキテレツマシン、誰が考えたんだろう?




ジムもセルフエステも24時間使い放題で月額3,278円(税込)のchocozap
=海外の反応=
「ポルシェなら、この記録を打ち破る方法をしっている…。彼らはその獣をワンアップしようとしている。 ポルシェのエンジニアはおそらく王冠を取り戻すことができるクルマの開発に取り組み始めたがっているので、実現するかしないかはすべて幹部次第だと思う」
「で、アストンマーティン ヴァルキリーが登場すると…」
↑「いいことだ」
「ニュルブルクリンク GP の記録は、現在の GT3 のラップ記録よりも 0.1 秒遅いという理由だけで驚くべきものがある」
↑「それは、両方の車がいかに印象的であるかを示している。 1048 馬力の車ができることを行うのに GT3 はわずか 500 馬力しか必要とせず、公道で使用できる車は適切なレースカーとしても使えるってこと。
ONEが実際にレースをしなければならなかった場合、おそらく技術的な問題でリタイアするだろうし、そのような車はレース中に問題を解決できるクルマじゃない」
「間違いなくこれは速い車だ。 直線だけではなく、どこでも速く走ることができる。唯一気がかりなのは、ロードカーの扱い。これは「公道で合法」であるという点で「ロードカー」だけど、「ロードカー」と呼ぶのは、ちょっと拡張された解釈だと思うな。エンジニアリングとデザインの面では、[2 シートにもかかわらず] 「公道で使用できるようになるまで改造されたフォーミュラ 1 カー」と表現したほうがいいのでは?」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/12/55855/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ