オフロードカーのライバル、V10のランボルギーニ ウラカン ステラート、詳細は11/30まで待て



2019年、ランボルギーニはTGをナルドに招き、ウラカン ステラート(Huracán Sterrato)と呼ばれるワンオフのスカンクワークスプロジェクトをドライブさせてくれた。ステラートとは、ごく大雑把に訳すと「土」という意味なので、このドライブがどれほど楽しかったか想像できるだろう…。

その後、数年間は沈黙を守っていたが、今年7月、ステラートは再び姿を現した。その時、 V10エンジンを搭載したオフロードスーパーカーの生産が開始されたことを確認したのである。そして今回、ついにランボはそのステラートを公開した。

そして今、ランボはその生産仕様のジャッキアップした「Huracán」の最初の画像を公開した。11月30日のステラートの公式発表まで、その全容はわからないけれど、見ての通り…。

ライトバー、ルーフバー、巨大なルーフスクープ、そしてオフロード用のクラッディングがたくさんある。タイヤもブリヂストン製でかなり太い。私たちはとても興奮している。

ランボルギーニによれば、ステラートは「勇敢、本物、意外性というブランドの原則」を強調するものだという。

さて、皆さん、これか、あるいは、ポルシェ 911 ダカールか?



ジムもセルフエステも24時間使い放題で月額3,278円(税込)のchocozap

=海外の反応=
「ついに、ICEでクールなものが。最近では珍しい」
「貯金始めなきゃ」
「これは中東で飛ぶように売れそうだ。彼らはすでに砂丘レース用にスーパーカーを改造しているけど、これはランボにとって非常に賢いやり方」
↑「中東にはすでに、砂丘用のさまざまな獣がいる」
↑「これ、超少数で構築されると思うな。しかし、これは、ウラカンとアヴェンタドールの両方が生産を終了している間に、ウラカンのさらに別のモデルを出すという賢い方法。ランボからの次のニュースは、新しいモデルだ」
「それは狂ってて、誰もそれを求めていなかった。大好き!オフロードのアクションにホントに対応できることを願っている」
「これは、洒落のわからない人がいないユートピアの世界で、ウルスが常にこうあるべきだったものだ」
「うわー、これは驚き。正直なところ、私は 911 ダカールを選ぶけど、ダカールとステラートの両方で連続してテストを行いたいと思ってる」
↑「そのテストは間違いなく必要」
「ブランドが一歩踏み出し、楽しみのためだけにエキサイティングなことをするのはクールだ。次はランボルギーニのビーチバギーかな」
「911のようにって言うけど、何のために?」
↑「このランボのステラートは911 ダカールの最高のライバルになるだろうと言いたかったのだが、あなたの投稿を見て考え直した。少なくともそれぞれと競争するってのはいいんじゃない?利用可能なすべてのモード(オンロード、オフロード、ハイウェイトリップ、氷上、砂地など)を比較してさ」
↑「すべての SUV と同様に、エアロダイナミクスと効率性と引き換えに、車高とホイールをときどき抑える能力を重視する人向けだ」
「とてもよく見えるんなら、誰が性能なんて気にする?」
「ヨーロッパ南東部に住む人々のためのスーパーカーだ」
「まあ、どちらも市場全体のどのクロスオーバーってよりも、スポーツ ユーティリティ ビークルだ」
↑「2+2 であるっていう点では、これらよりも優れている可能性のある車両が少なくとも 2 つある(5 人乗りの可能性も)。パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ S & フェラーリ GTC 4 ルッソ T (V12-それでも素晴らしいサウンド)」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/11/55482/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ