ケン ブロックがアウディ S1 Hoonitronでジムカーナ史上初フル電動AWDドリフトマシンで参戦



ケン ブロックが、世界のタイヤメーカーを相手に長年続けてきた消耗戦(!)の最新作を発表した。おそらく一般的には「ジムカーナ」シリーズとして知られているものだろう。しかし今回は、電子を燃料とする特注のアウディが登場するため、「エレクトリカーナ」と呼ばれている。

この10分間のサイドウェイへの頌歌は、アウディの中でも最も有名な初代スポーツ クワトロ S1へのオマージュとして作られデザインされたクルマに対して、物理を無視した性能への静かな不信感だけがサウンドトラックとなるのだ。アウディのデザインボス、マーク リヒテがシェルを担当した。

スライドはもちろんブロックが担当。ドライブトレインについては、800Vアーキテクチャ、2つの電気モーター、全輪駆動、多くの馬力など、ほんのわずかな情報しか与えられていないが、ラスベガスで最も有名なストリップに黒いラインを描くには十分なものであるように思われる。

ブロックはS1 Hoonitron(フーニコーン+e-tronで、いい名前だよね)でシン・シティを回り、エッフェル塔のレプリカに沿ってドリフトし、駐車場からホテルへジャンプし、「ミスター・ル・マン」トム クリステンセンの前でストリップに沿ってドーナツ状に走るのだ。ブロックは、栄光のアウディ 90 IMSA GTO、200 Trans Am、Sport quattro S1 Pikes Peak、quattro Gruppe B A2、古いル マンレーサーであるR8 LMPとR18 e-tron quattroといったアウディの宝物でさえ目にすることができる。また、屋上ではベガスのもうひとつの趣味である「ボクシング」に興じる時間もあるそうだ。

ラジコンカーが発作を起こすようなサウンドトラックが流れる中、最も大きな音量で聞こえるのは…きっと、あなたの不信感だろう。




みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎

=海外の反応=
「ドリフトに関しては、特に逆走がすごかった。ジムカーナ史上、間違いなくベストの1つだと思う。その後、ジムカーナ10を観て比較したんだ。アウディでやってのけたことのいくつかは、燃焼系のクルマでは絶対にできないことだ。でも、ジムカーナ10はもっとエキサイティングで、それはエンジン音のせいなんだよね。電気自動車がどんな偉業を成し遂げても、エンジン音に代わるものはないんだ」
「世界初、そしてケン・ブロックはいいショーを見せてくれる」
「これは、BEVの真の可能性を示している」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/10/55053/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ