初ハイブリッド、初電動走行のMカー、2.7トンの新型BMW XMは絶句する魅力が満載


新型BMW XMは、速くてすべてがつまったクルマである。ハイブリッドパワートレインを採用した最初のMカーで、短距離とはいえ、純粋に電気のみで走行可能な最初のMカー。史上最もパワフルな量産型Mカー。実際、BMW史上最もパワフルなクルマなのだ。

そして、BMWのMカーのうちで最もそのルックスが…ここにどんな言葉を入れるのかは、みなさんのご判断におまかせする。BMWが言うところの「際立った個性的なエクステリア」にとらわれず、ここで使われているテクノロジーの方に焦点を当てた方がいいかもしれない。イルミネーション付きのキドニーグリル周辺とコミカルでアグレッシブなシルエットを特徴とするBMW史上最も幅広なクルマであることは、言うまでもない。特に、2,710kgという驚異的な車重は見逃せないポイントだ。

つまり、BMW初のMハイブリッドってことである。BMWの伝統あるパフォーマンス部門にふさわしく、来年のIMSAウェザーテック選手権に参戦するMハイブリッドV8耐久レーシングカーの遺伝子を受け継いでいるのだ。

BMWの由緒ある4.4リッターV8エンジンの「大幅なアップデート」バージョンだ。クランクは強化され、ターボはエキゾーストマニホールドの近くにマウントされ、電気制御のブローオフバルブが装備され、豪華なオイル・ポンプ、サンプ、セパレーターが装備されている。

BMW Mは、644hpのうち482hpを供給するこの「新型」V8が「回転数に対する欲求」があると考えているが、それは812コンペティツィオーネスタイルのドラマを期待しない方がいいだろう。なぜならこのモデルは最大7,200rpmで終了し、V8は5,400rpmまでにそのハードワークをほとんど終えているのだから。それでも、1,500rpmから5,000rpmまでは十分なトルクを発揮する。

残りの馬力は、XMの8速オートマチックギアボックスに組み込まれた電気モーターと、XMの広大なアンダーボディに取り付けられた25.7kWhのバッテリーによってもたらされる。このモーターは、トランスミッションの入力時にトルクを増加させるプリギアステージを使用しており、XMのピーク値800Nmに加え、電気だけでこの大型M SUVを最高速140km/hで82-89km駆動することができる。

Getouttamywayモードでは、0-100km/h加速4.3秒、0-200km/h加速14.3秒、最高速度250km/hに制限されるXM。Mドライバーズパッケージを装着した場合は、さらに270km/hにまで拡大されて制限される。

もうひとつ、あなたの興味をそそるオプションがある。BMW XM LABEL REDと呼ばれるこのモデルは、2023年後半に発売予定だが、同じハイブリッドパワートレインの738bhpバージョンと、1,000Nmのトルクを備えているため、とても誇らしげな名前になっている。十分なフィーリングだ。


もちろん、「レギュラー」のXMにも十分すぎるほどのモードがあり、燃焼と電気推進の度合いを変化させることができる。「ハイブリッド」はすべてを統合し、「コンフォート」はバッテリーをより多く使用し、バッテリーが少なくなるとエンジンを発電機として作動させる。「エレクトリック」では、充電が少なくなるとV8が作動し、またはあなたがキックしたときに作動する。

このクルマは、しばしばそうしたくなる。リアにバイアスをかけた常時4輪駆動、この巨大な車のために特注されたMスポーツデフ、アダプティブMダンパーからのレスポンスを向上させるための2組目のコントロールアーム、そしてずっしりとしたスチール製スプリングのセットが用意されている。アクティブロールスタビライザーは、このヘビー級のマシンに搭載され、セットアップの中で最も働き者であるに違いなく、アクティブ・ステアリングも装備されている。

BMWの優れたブレーキ技術も標準装備され、電動アクチュエーターによって2種類のペダルフィーリングが設定され、ブレーキレスポンスが向上している。

ブラッククローム、ブラッシュドアルミニウム、マットカーボン、キルトアルカンターラ、LEDイルミネーションなど、高価な素材がふんだんに使われているのが特徴だ。フロントシートはマルチファンクションアイテムで、通常のハイドに加え「ヴィンテージ」レザーが配され、巨大なステレオも搭載されている。

V8エンジンの音もキャビンに響き渡るが、そのサウンドトラックが20世紀的すぎるというなら、ハンス ジマーが電気ドライブトレインのために作曲した楽譜が用意されている。

英国での価格は144,980ポンド(2,300万円)からで、来年には発売される予定だ。さて、あなたの最初の、そして一番響いた印象は?



=海外の反応=
「いい要素もあるんだよ。しかし、それは「まとまった直感的な目的を持った」デザインよりも「インパクトさえあればいい」の実践であるように思われる。では、背が高く、幅が広く、AWDのSUVで、ほとんどのスポーツカーより速いが、4人しか乗れず、荷物スペースも限られていて、滑らかな舗装路から絶対に動いてはいけないような、まとまりのある直感的なデザインなどあり得るのだろうか」
「環境問題への対応という点では、3倍近い材料を使っていることになるのだろうか?しかし、その重量の車は、軽い車よりも早くタイヤやブレーキ、道路を摩耗させることになるのだが」
「すごい。これはすごい。ちょっと想像してみたんだけど。
1. BMWのデザイナーがみんな黒い眼鏡をかけていて、ラブラドールをペットとして飼っていることを、誰が知っているんだ?
2. この醜悪な車のデザインに、子供が使うエッチスケッチでも使われたのだろうか?
3. もしかしたら、賭けだったのでは?
4. ドイツ人にユーモアのセンスがないなんて、誰が言ったの?」
「目が痛くなってきたので、いい角度を探そうとしたのだが その角度は見つけられなかった」
「もう脚本はお分かりだね。クーペバージョンを作り、価格を800万円上乗せする。すると、オリジナルバージョンを上回る売れ行きになる。BMWの株を買うなら今がチャンスだ」
「尻のブサイクさより、もっと大きな問題がここにある!2,710kg。このリヴァイアサン(巨大な怪物)が暴れ出したら、「街乗り」ドライバーはたまったもんじゃない」
「嫌いな人たちへ:心配しないでほしい。どうせ買えないんだからさ、君たちは」
「BMWのデザインはどうなってしまったのだろう」
「BMW の新しい醜い顔は、XM ではさらに醜い。高速で、コンサルの給与に値する SUV。
その重量を減らすために、非ハイブリッドバージョンを構築してほしいと思う。ロシアの
「イエス・キリストよ🙈🤢」
「マッチボックスのリムはケーキのチェリーだ。非常に多くの悪い決定が行われた」
「私がこの忌まわしき行為の対象者であってはならない。 M3やM4が続くなら、問題ない。お尻が醜い、大きすぎる、その他すべてがうるさすぎる。E46 ワゴンまたはセダンに 6 速マニュアルと甘美なインライン 6 を付けてほしい。E46 M3 ワゴンを待とう」
「これは、有名な M1 以来の BMW の最初のスタンドアロン M カーであり、SUV を作りたいが、新しいフェラーリ プロサングエまたは少なくともランボルギーニ ウルスとポルシェのターボ GT と競合させたい場合に適している。この車は重すぎて、競争するのに十分な速さや刺激がないように見えるな」
「私は生活で新型BMWを見ないことを願っている。でもiX は今では毎週のように見るし、1台に遭遇するだけで 1 日が台無しになる」
「かっこ悪くて嫌いだ」
「うるさすぎ」
「インテリアは素晴らしい。エクステリアも、違うソリューションで!」
「ドイツの レパード2 A7 戦車は、より魅力的!!!」
「巨大なRAV4のように見える」
「BMWさん、4 輪の形で「不快」という言葉を作成するための設計は簡単でした?」
「不可視モードがない限り、リリースしないでほしい!」
「大好き!エッジが効いてて、新しくて面白い」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/10/54278/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ