夢が広がるフェラーリ プロサングエのコンフィギュレーター、フェラーリ初の4ドア4シーターをどう料理する?


新車のコンフィギュレーターが公開され、私たちは一日中、最高の(そして最悪の、皆さんもやると思うけど)ルックスを考えることで、嫌な仕事を先延ばしにしているところである。

また、大きな問題を抱えているフェラーリの新車だ。というのも、フェラーリの「絶対にSUVではない」プロサングエについて、みなさんはすでにいろんな意見をお持ちだと思うからだ。プロサングエは、4シーターレイアウト、そして最高出力720psの6.5リッター自然吸気V12エンジンを搭載している。

フェラーリが用意したプロサングエのカラー、ホイール、インテリアのオプションを試すこと以上に、このクルマに対する意見をまとめる方法はあるのだろうか?ブルー トゥール ド フランス(Blu Tour De France)とロッソ スクーデリア(Rosso Scuderia)の最初の試みに、あなたは何を感じている?

コンフィギュレーターを試してから、あなたの感想を聞かせてほしい。


=海外の反応=
「人はゴミを買うものだ」
「フェラーリがSUVを作ったのは残念だ。それでも、もし私がフェラーリを買うなら、赤でなければならないだろう」
「1:18 スケールで仕様を作れば、余裕!」
「コンフィギュレーターでは、「屋根なし」オプションが特に気に入った」
「あなたが社会的責任の心を持っているなら、見栄えがするようにしなければならない」
「最良の選択肢は、物理的なボディを半分に減らし、300kg を取り除くこと。実際には、とにかく GTC4 Lusso になりがちなので、そっちを購入すればいいんじゃないか?」
「絶対に別のフェラーリを購入する」
「特にハイエンド ブランドの場合、非常にくだらないコンフィギュレーター レンダリングだ。私は苦情の電子メールを送って、何か他のクルマを買いに行こう」
「私は’買わない’という選択肢によってこれを仕様する。ばかげたクルマだから」
「オプションリストにジマーフレームの取り付けはある?」
「ほぼ同じ金額で、家族の用事には VW ゴルフ R ワゴンを、週末の丘でのドライブにはフェラーリ F8 トリブートを指定する」
↑「プロサングエは5,600万円くらいからだと思ったけど、だったら、週末は美しい V12 を 812 GTS (4,700万円未満) ででかけ、プロサングエの金額の残りでゴルフ R ワゴンを購入する余裕がある。または、コンバーチブルではない 812 スーパーファストで少しお金を節約し、アウディ RS6 を追加することもできる」
↑「これ。 100% 正解」
「気になるのはV12だけ。でも正直FFかGTC4 Lussoの方がいいよ」
「私だけかもだけど、それとも新しいフェラーリは伝統的なフェラーリの赤が、ひどく見えるんだけど?ローマのときも思ったし、そして今はこれ」
↑「F8、296 GTB、SF90 は赤でも問題なく見える。でも、GTC4 Lussoに似合わないと感じたのと同じように、ローマやプロサングエには似合わない。それらはすべて、シルバーやダークブルーなどのより落ち着いた色の方が、見栄えがする」
↑「同意。特にこの「ロッソ スクーデリア」は色が薄いので、少し色落ちしてしまってるよね」
「正直なところ、フェラーリが本当に欲しかったわけではないので、彼らのコンフィギュレーターをやってみたことはなかった。ポルシェやモーガンに比べればレンダリングの欠陥は少し抑えられているが、本当のフェラーリの顧客はコンフィギュレーターを使わないことを彼らはおそらく知っていると思う。誤解を避けるために言っておくけれど、私はまだフェラーリを所有したいとは思っていない」
↑「私はあなたが何をおっしゃっているかを完全に理解している。フェラーリのエンジニアリング、パフォーマンス、歴史を疑うことはないが、他のブランドのように、「宝くじに当選したら、最寄りのディーラーに直行するだろう」と考えたことはない」
「ひどいクルマ!」
「青と黄褐色のものは、ホイールを除いて見栄えがするので、興味深い…。最初の仕様のものはそれほどうるさくないかな。
私が注文する場合、最初の 2 つのオプションは、Scuderia シールドの削除 (このような大きな車両では少しばかげているように見え、低すぎるように見えるから) と、カーボン クラッディング ボディ カラーを塗装することだ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/09/54074/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ