「SUVではない」と主張するV12の4ドア4シータースポーツカー、フェラーリの新型プロサングエ



少し前までSUVは作らないと言っていたフェラーリ。では、この新型車「プロサングエ」はなんなのか。フェラーリの言葉を借りれば、SUVでもクロスオーバーでもない、スポーツカーなのだ。マラネッロ史上初の4ドア4シーターで、全高は1,589mm。ヒュンダイ アイオニック 5と肩を並べる高さだ。レンジローバーなら、この上に樫の木のようにそびえ立っていることだろう。

ルックスだけでなく、スペックも含めて、プロサングエ(イタリア語で「サラブレッド」の意味)の実像に迫る。まず、非常にパワフルで、速い。6.5リッター自然吸気V12エンジンをフロントアクスルの後ろに搭載し、巨大なクラムシェルボンネットの下で、725psと716Nmという圧倒的なパワーを8,250rpmまで堪能することができるのだ。

プロサングエが事実上置き換えることになるシューティングブレーク4シーターフェラーリの現行モデル、GTC4 ルッソと同様、エンジンはフロントアクスルの小型化されたトランスミッションを介して前輪に駆動力を送り、残りをリアマウントのギアボックスを介してバックアクスルに送る。この場合、8速デュアルクラッチシステムが採用される。フェラーリによれば、この決してSUVではないクルマは、静止状態から3.3秒で100km/hに到達し、0-200km/hをわずか10.6秒で駆け抜け、最高速度は310km/hを超えるという。性能的にはスーパーカー以外の何者でもない。

適切なハンドリングをすれば、宇宙船のような乗り心地になるはず。プロサングエは、フロントに22インチ、リアに23インチの大径リムを装着し、特にロープロファイルタイヤとセラミックブレーキで包み込むように制御されている。812 コンペティツィオーネと同様に後輪独立駆動のステアリングを採用し、そのステアリングは極めてクイックで、モダンなフェラーリらしい俊敏性を発揮する。必要な液体(燃料タンクだけでも100リットルはある)と、それにドライバーの重量を加えれば、プロサングエは2.2トンに達する。

それを利用するために、フェラーリは非常にヘビーデューティーなサスペンションを開発した。レーシングカーチームMultimaticの技術を導入し、各ショックアブソーバーに高速で反応する電気モーターを開発した。このモーターはコーナリング時に回転して圧力を供給し、自然に起きてしまうボディロールを打ち消すことができる。その結果、驚くほどフラットなコーナリングが実現するはずだ。

プロサングエの車高は、私たちが普段乗っているSUVよりもかなり低く、車軸間の重量バランスもほぼ完璧だ。さらに、ドリフトに強いサイドスリップ角制御、グリップ予測型トラクションコントロール、296 GTBに初めて採用されたブレーキバイワイヤー方式のABS「evo」などが搭載されており、ハンドリングは本当に強力なものになるはずだ。しっかりつかまるんだ、家族のみんな。

ローマや812のプラットフォームを流用するのではなく、プロサングエのシャシーはすべて新しくなり、GTC4の構造よりもはるかに硬くなった。標準装備のカーボンファイバー製ルーフは重心を低くしているが、オプションで巨大なガラスパネルを装着することも可能だ。ホイールアーチにもカーボンがふんだんに使われ、ルーバーとダクトで空気抵抗を減らしている。フェラーリはプロサングエのダウンフォース値を公表しておらず、フィオラノのラップタイムについても(あることは確認しているが)異常に口を閉ざしている。その代わりに得られるのは、リアヒンジ式の電動バックドアという形で、フェラーリの新領域だ。まさにロールス・ロイスといったところだ。

内部では、座席は正しい4人乗りだ。フェラーリによると、3人掛けのリアベンチは用意されないため、3人の子供がいる場合は、一番聞き分けのない子を選んで置いていくことになる。

各列の椅子には、専用の空調システムと電動調整式バケットシートが装備されている。フロントのドライバーズコクピットは296やSF90のようだが、助手席は10.2インチのタッチスクリーンになっており、以前よりずっと遊べるようになっている。他の場所には、スマートフォンのワイヤレス充電、USBソケット、そして豪華な家族用備品を収納するための変則的な収納スペースが用意されている。フェラーリは、初めてApple CarPlayとAndroid Autoを標準装備することを決定し、作り付けのナビの設定はない。

フェラーリもハイブリッドや電気自動車のプロサングエについては言及していない。乗員は低い位置に座るので、PHEVのバッテリーを埋めるスペースはあまりなさそうだ。V12か、それとも何もないか。しかし、持続可能性への配慮はなされている。発表車にはリサイクルポリエステルのヘッドライニング、カーペットには再生漁網の繊維、エコロジーなアルカンターラが使用されている。また、カーペットの代わりに軍用グレードの防弾ファイバーフロア(マジよ)を採用し、より実用的な雰囲気を演出することも可能だ。

通常フェラーリは、車内の音響に合わせた特別なチューニングを施したバーメスター製ハイファイや、10個の膨張式クッションを備えたマッサージシートなどについて、あまり騒ぐことはない。しかし、これはいつものフェラーリとは違う。

473リットルのトランク(VWゴルフ エステートの荷室には遠く及ばない)に4つのシートしかないこの全長5メートル、全幅2メートルのモンスターは、特に実用的でもなく、オフロード性能にも言及せず、ランニングコストも安くはないだろう。では、これはSUVなのだろうか?ファミリーカーなのか?それとも、エンツォに近いレベルのパフォーマンスと友人用のスペースを備えた、新しい形のスーパーカーなのか?

価格は390,000ユーロ(5,600万円)からで、ランボルギーニ ウルスやアストンマーティン DBX、ベントレー ベンテイガのライバルになることはないだろう。この3台はどれも半額程度なのだ。フェラーリによれば、プロサングエの販売台数は総生産台数の20%を上限とするとのことなので、既存のどのスーパーSUVよりも稀少な存在であり続ける。右ハンドル車を目にするのは2023年の冬だが、すでにBTSのチケットよりも早く売れてしまっている。

そのすべてを受け入れるには、まだ時間がかかる。アグレッシブな顔、筋肉質な腰つき。山盛りのダッシュボード。搭載された膨大なテクノロジー、そして大音響のV12エンジンを搭載したSUV(場合によっては、そうじゃないかもしれないけど)の狂気…。どなたか、ご意見を言いたい人はいる?


=海外の反応=
「SUVが嫌いな私でも感動。SUVが好きな人の気持ちを想像してみた」
「フェラーリ…やっぱり、釘付けだよ」
「マラネッロ史上初の4ドア4シーターは、実は1980年のフェラーリ ピニンで、あれはワンオフのコンセプトだったのですけどね。プロサングエは、ダッシュを除けば、とてもいい感じだと思う」
「えー。いいんじゃない?他の人が言うほどガツガツしてないし。というか、もっとひどいことになってた可能性もあるわけで、そうでなくてよかったよ。この名前は、クロスオーバーよりもフェラーリの最後のICEに適していたような気がしてならない。この名前のために慈善団体を訴えるほどの車ではないことは確かだ」
「これが新しいフェラーリだ…。でも、ああ、もうないんだ。最初の3年間の生産分はすでに完売」
「GTC4 Lussoは常に奇妙な仕掛けだった。今回は、独自性もあるし、他のSUVとは差別化もできてる」
「これはまさにSUV、つまり5ドアハッチに若干のクリアランスアップといくつかのクラッディングを施したもの。見事だと思う」
「このようなことができるなんて、本当に驚きだ。でも、もし余裕があれば買いたいかな?って言われると、うーん…」
「プラグを自分で交換しない人用」
「億万長者のゴルフGTI」
「せめて…サプライズが欲しかった」
「明らかにSUVではなく、とても速いホットハッチだね」
「これ、欲しいんだけど、ダメ?」
「一応、良さそうなんだけど」
「フロントアクスルのエンジンとトランスミッションを除外すると、電気モーターといくつかのバッテリー用の十分なスペースがあるし、リアトランスアクスルと燃料タンクを取り除けば、さらに多くのものを置くことができる。バッテリーを乗員室の下に置く必要はないし、フェラーリのエンジニアができないとは思えない。フランクのスペースも確保できるかも」
「アストンマーティンは、DBXよりずっと格好いいのを見て沈黙した。でも、値段がだいぶ上だったので安堵のあまり気絶したに違いない」
「すっきりとした外観とその輝かしいV12だが、実用性では、プラスサイズのルッソにさらに2つのドアが付いている感じ。既存のフェラーリ所有者にとってはより使いやすくなりはするけど…カリナンの方が実用的かも?」
↑「確かにカリナンの方が実用的だが、見た目もカリナンに似てるよね」
「"見ろよ、俺の息子のエンツォが虐殺されたぞ…"V12は素晴らしいが、内外装とも醜悪で、実用的でもない。カイエンを模倣するのは勝手だが、少なくともこれとウルスはある種の同族だ」
「思っていたよりブサイクじゃない。嬉しい驚き」
「少なくともフェラーリは、ランボルギーニが臆病になってV10を諦めたV12で、そのルーツに立ち向かったのだ」-
↑「同意。私もそれは間違いだとずっと思っていた。エスパーダやLM002が、よりファミリー向けのパッケージングにもかかわらず、ブランドのクールなファクターを維持できたのは、ウラッコやジャルパのベビーV8ではなく、当時のフラッグシップエンジンを(多かれ少なかれ)使用したから。モデルラインナップの中ではかなり上位に位置していたので、ランボルギーニがお金を追いかけてブランドを安っぽくしているとは受け取られなかったのだ。しかし、ウルスは…サブエントリーレベルのエンジンじゃないか。ランボの口紅を身に着けているアウディのプラットフォーム。それほどクールではない。
フェラーリがここですべてをうまくやったとは言いないが(まず「プロサングエ」という響きが、デスイーターが乗っているように聞こえる)、エンジンとラインアップの位置づけについては正しい道を歩んだと思う」
「競争は決して激しくないが、これまでのSUVの中で最高のデザインだと思う」
「今まで見たSUVの中で一番カッコいいと思う」
「SUVとしては格好いいと思います(ホイールアーチが黒いのは別として)。きれいなラインでバランスが取れている」
↑「黒いホイールアーチがより威圧感を出しているね。このようなデザインは、とても素敵だと思う。機能性もあがっているけど、そんなことは気にしない」
「このような、"フェラーリであるが故の醜さ、息を呑むような価格、生産台数の20%しか売れないというフェラーリの主張、どれがより滑稽なのかわからない。もう1台を引っ張れば、ドアから飛び出すだろう。フェラーリがもっと儲かる唯一の方法は、彼らがお金を印刷し始める場合だ。正直言って、すべてがおかしい」
↑「不細工?本当に?あなたのコメントは少し傲慢で、誤った情報であり、愚かだと思う。しかし、それは私の意見に過ぎない」
「そうですね、肥大化したマツダ 3に変なヘッドライトをつけたような感じ」
↑「5,600万円のマッダ3」
↑「強化されたフェラーリ ルッソのように見える。けど、あなたは純粋主義者であり、デザインに鋭い目を持っているようだ」
「すべてが複雑化されている時代に、とてもクリーンなデザインだと思う。よくやったフェラーリ」
「フェラーリよ、怒ってるんじゃない。がっかりしてるだけだ」
「大好き」
「とてもよくできている。美しくデザインされ、差別化された製品を提供していることは、とても魅力的だ。将来のフェラーリの車やレースの資金源になるという事実は、まさに最高のチェリーと言えるだろう。単品では、最高だ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/09/53852/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ