リビングでパガーニ ウアイラ Rを運転できるようになっちゃった?ゲーミングペダルが発売


人工知能と機械学習の人気オンライン講座

パンツ一丁でパガーニを運転したいと思ったことはない?ちょっと不思議な夢だけど、もしそうだとしたら、今あなたは幸運な人だ。

パガーニはデンマークのアセテック シムスポーツ(Asetek SimSports)社と共同で、お気に入りのドライビングシミュレーターゲームをプレイするために、このちょっと素敵なウアイラ Rシムレーシング ペダルを作った。そう、ユーロ トラック シミュレーター 2だね。

ペダルとペダルアームは、250万ポンド(4億円)のV12エンジンを搭載した特別仕様のウアイラRサーキット専用車に使われているものと全く同じデザインで、シムレース用には「ほんの少しの調整」が必要なだけのようだ。

そのひとつが、ユニークな「ツイン油圧対向ラピッドピストン」ブレーキシステムの追加らしい。それが何であるのかを正確に説明しようとするならば、我々の能力をはるかに超えてしまうだろう。

ただ、このペダルは「実際のフォーミュラやGTのドライバー、シムレーシングのプロによって何百時間もテストされ」、1セットあたり消費税抜きで1,680ユーロであることはわかっている。

ちょっと待てよ、これは23万円以上だぞ。ということは、やっぱりXboxの標準的なコントローラーに戻っちゃうのか…。


=海外の反応=
「パス」
「:( 悲しいことに、彼らはクソ企業であるAsatekと一緒に仕事をしている」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/08/53394/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ