アストンマーティン DBR22は特注部門の10周年を記念したDBR1をモチーフにしたロードスター

人工知能と機械学習の人気オンライン講座

これはアストンマーティンDBR22で、Qの10周年を記念して作られたコンセプトカーだ。いや、映画に出てくるあのQではない。長く感じていたとしても、まだこのQ部門ができてから10年しか経っていないのだから。ジェームズ ボンドの「歯磨き粉が爆発する」部門でもないしね。

アストンマーティンはDBR22をコンセプトと呼んでいるが、そのすぐ後に「アストンマーティンの顧客によって選ばれたQのための生産が現実」になるだろうと述べている。その証拠に、具体的な数値が記されているのだ。アストンの5.2リッターV12ツインターボは、715psと752Nmを発揮する。そして、近い将来、少なくともモントレー・カー・ウィークに参加する人たちは、DBR22のロードゴーイングカーを見られる。

過去10年間のQ部門の仕事をご存知ない方のために補足しておくと、その中には、強烈なパワーを持つヴィクター、ワープ並みのスピードのヴァルカン、そして栄光のヴァンテージ V600など、覚えているものもかなりあるはずだ。Qの才能を測る試金石とするならば、DBR22は運転するのも、眺めるのも、とても楽しいものになるはずだ。

この写真が示すように、DBR22はル・マンを制したアストンのDBR1(同年の世界スポーツカー選手権でも優勝している)を大幅にパクって(失礼、リスペクトして)いる。ボディパネルの数を最小限に抑えることで、より彫りの深い、筋肉質な存在感を生み出しながら。でも、DBR22の横顔をもう一度見てほしい。パネルの数がいかに少なく、ひとつひとつのパネルがいかに複雑であるかがわかるだろう。

今回Qブランチは、この機会にアルミニウムの3Dプリントやカーボンファイバーのボディワークなど、アストンの最も重要な生産技術を披露している。DBR22のリアサブフレームは、3Dプリントされた複数のアルミニウム片から構成され、リベットや溶接ではなく、接着されることで「大幅な軽量化と剛性の低下が起きない」ことが特徴だ。これは、かつてインターネットで見た広告によく似ているような気もするけど。

DBR1スタイルのグリルはカーボンファイバー製で、アストンは特注のセンターロックホイールは直径21インチで「軽量」と主張しているが、これはむしろ「比較的」とか「戦車級ハッチほどの大きさにしては」といった修飾語を誘うものである。

いずれにせよ、715psのパワーは、静止状態から97km/hまでの発進が3.4秒と、かなり快調であることを意味している。DBR22の最高速度は319km/hで、私たちが発するすべての言葉が風に吹き飛ばされたり、V12エンジンにかき消されたりしなければ、「快調」という表現がふさわしいだろう。文句じゃなくて、感想だ。

さて、次は悪い知らせだ。標準装備のオートマチックギアボックスに、歯を食いしばり、肩をすくめることになりそうだ。アストンは、この8速ギアボックスが「DBR22に他のモデルとは異なるマナーとデリバリーを与えるためのトルクシェイプ」を採用していると言っているが、低速回転時に752Nmをフルに発揮すると、高価なギアボックスの機構を台無しにしてしまうような気がするのだ。

また、Q部門は10年来のヒット作に恵まれ、文字通り顧客の気まぐれを満たすために存在する部門であることも指摘しておきたい。もし、マニュアルギヤボックスを修理できる人が意見を言える立場にいたらいいんだけどね…。


=海外の反応=
「曲がる方向が違うんじゃ…?」
「ゴージャスだね。今こそ、それを実現するときだ」
「限定生産と予想。でも、秘密の隠し場所に閉じ込められた(ワンオフ)よりも、いいな」
「寝るわ、おやすみ」
「アストンマーティンは徐々にマクラーレン路線に移行していく」
「アストンマーティン CC100は、やはり現代のAMスピードスターで一番格好良いな。2台しか作られなかったのが残念だけど」
↑「このプロトタイプを逃した人向けに、AMが一部の顧客(もちろん前払いした人全員)に限定シリーズでやってくれれば、この1台で大満足」
「ディッシュホイールじゃないのが寂しいな…。この7本スポークのホイールはとても素敵だが、スポークの前に3-4インチのディッシュがあると、ちゃんとアグレッシブに見えるのに」
「一日一枚のレンダリングで、文句の多い投資家に何も言わせないって戦法」
「素敵。でも、V12スピードスターを改造したものなのかな?というのも、期待したほど多く出荷されなかったから?」
↑「このようなケースはよくあること。アストンマーティンとフェラーリは、プレスツアーの後すぐにスピードスターについて沈黙しているが、マクラーレンはエルバがひどく売れていることについてかなりオープンにしており、彼らが作ろうと言っていた量が半分になってしまったほどだそう。また、マクラーレンのディーラーがランド ノリスとダニエル リカルドのためにカスタムした2台のエルバを持っていて、どちらもまだ手に入れるのに苦労しているという投稿をネットで見ることができると思う」
「見た目は華麗だと思うけど、車の硬派さを考えると、革とタッチパネルを少し無くした方が良かったかな」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/08/52918/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ