ポルシェが新型911 GT3 Rを発表、8,000万円スパッと出せるアマチュアドライバーにもフォーカス





一般的に簡単なことといえば、どんなことだろうか。ソファに座ること。友人とリラックスしたブランチをすること。寝坊すること。ウィキペディアのウサギの穴に落ちて、中国のパドルフィッシュについて読んでしまうこと。えー、そんなことするのは、私たちだけでいい。

でも、耐久レースが簡単だなんて、想像も、認識も、現実も、到底ありえない。確かに、耐久レースは簡単なことじゃない。だからこそ、ポルシェの新型GT3 Rは、文字通り耐久レースで勝つために設計されたにも関わらず、プロのドライバーを速く走らせることよりも、アマチュアが速く走れることに重点を置いているように見えるのだ。

旧型のGT3 Rは、すでにかなり強力なキットだった。とはいえ、デイトナ、スパ、ニュルブルクリンクの24時間レースでの勝利は、必ずしも楽に手に入れられるものじゃない。しかしポルシェは、新しいGT3 Rの焦点は、あなたが期待するような速さではないと述べている。より多くの人が、よりたくさんの時間を使って、そのスピードにアクセスできるようにすることだ。つまり、エアロはより安定し、タイヤへの負荷は軽減され、パワーバンドはよりワイドになった。ドライバーが新型GT3 Rで速く走れるのは、そのパフォーマンスを達成し、維持するのがより簡単だからなのだ。24時間という長丁場では、50psのパワーアップよりも歓迎されることだろう。

さらに、次のような改良が施されている。ABSの見直しによるロックアップの低減とタイヤ寿命の延長、見やすくなったディスプレイ、人間工学に基づいたシート、着脱しやすくなったセーフティハーネス、夜間走行の負担を軽減する投光式ヘッドライト…。あらゆる追加事項や改良は、どれもこれも、ドライバーの生活を楽にするためのものでしかないようだ。

もちろん、992ベースの新型GT3 Rが速いことに変わりはない。アルミニウムとスチールのコンポジット構造、そして内外装にふんだんに使用されたカーボンファイバーにより、GT3 R全体の重量はわずか1,250kgに抑えられている。この数値は若干変更される可能性があるが(耐久レースのバランス・オブ・パフォーマンスに関するものであるため)、4.2リッター、565psのフラット6を搭載し、この重量であれば、グズグズするってことはないだろう。

このパワーをタイヤに伝えるのは、6速シーケンシャルギアボックス(レース用)、3ピースのカーボンクラッチ、調整可能な機械式リミテッドスリップデフ、アルミニウムモノブロックキャリパー(フロント6ポット、リア4ポット)であり、ラップごとにそのすべてを巻き戻していく。

ポルシェがロードゴーイング911のサスペンションを変更したように、GT3 Rのサスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンクになっている。このあたりは、まだ詳細については分かっていないけれど。1989年までトーションバーを使っていた会社だからね。GT3 Rでは、コントロールアームとトップマウントは鍛造アルミニウムで、必要な調整可能なレーシングショックとセンターロックホイールが装備されている。ちなみに18インチホイールなのだが、ここはちょっと不思議。サーキットを何時間も走り続け、コーナーごとにトラクションの限界までブレーキングする耐久レーシングカーが、ブレーキをカバーするために18インチのホイールを履くとしたら…どうだろう?

いずれにせよ、992 GT3 Rは来年初頭から戦えるようになる。ル・マン24時間レースにGT3レーシングカーが参戦できるようになる最初の年なのだ。では、来年のサルテサーキットに出場するために、誰か私達に50万ポンド(8,060万円)を送りたい人はいます?え、誰もいない?

ええ、送金するってのはすごく簡単なことだよ。

=海外の反応=
「私の友人の一人は、この余分に注文しちゃったような豚肉チャーハンのスペシャルを数台持っていて、ほとんど倉庫に置きっぱなしなんだと思う。けど、彼は時々、自分のガレージを乗り越えるために厄介なスポイラーがあるので、一晩中私道の真ん中に放置することがある。そんなときがあったらとてもラッキーなんだ」
↑「え?これはサーキット専用のGTレーシングカーで、世界中の様々な大会に出場する予定なんだ。ポルシェはこれがちゃんとしたモータースポーツに参戦できるから作るんだよ」
↑「そうだよね、一部の富裕層はホモロゲーションに登録されたレースカーを購入することができる。ポルシェ 911 GT1 ストラッセンバージョン、メルセデス CLK GTR、マクラーレン F1 GTストリートバージョン、日産 スカイライン R33 LM、プジョー 205 T16、ランチア デルタ インテグラーレ HF EVO II、ランチア 037 ストラダーレ、フェラーリ 250 GTO、BMW M1、プリムス スーパーバードなど、レーシングカーなのに公道で乗れるっていう珍しい車があるよね」
↑「限定の豚肉チャーハンだ。レースカーに見えるもの、ビキニルーフの911、レースカーに見えるけど古いブガッティみたいな塗装のもの、などなど。誰かが言ってた「お金に余裕があれば作りますよ」という感じだろうか。そして、私道の真ん中に妙に中途半端に置いておくと、みんなが回り込まないといけなくなるなw」
「中国産のパドルフィッシュよ、安らかに😞」
「ポルシェは、一部の顧客が、工場出荷時の車を改造するかもしれないことを認識しているので、この問題を解決するために、正しい決定を下し、余裕がある人のためにこういったクルマを作っている。別の角度からこれを見れば悪いことではない、こういった機会は、しばらく前にほとんど不可能だったよね…。IMO、ポルシェのアプローチはスマートだ:もしあなたがそれを買う余裕があるなら、私たちはそれを作るでしょう」
「ポルシェのカスタマーレーシングプログラムは常にこのように運営されてきた」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/08/52562/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ