マン島TTチームトロフィー優勝から100周年を記念して、合計65億円を超える78台のベントレーがマン島に集結


78台のベントレーと当時のライバルたちが、世界で最も有名かつ挑戦的なサーキットに敬意を表し、この有名な島に戻ってきた。6月25日の朝、すべての車両がダグラスのプロムナードに集まり、ベントレー 3リッターモデルの展示としては過去最大級の規模を誇るものとなった。

この展示では、一般客やオーナーに、1世紀以上前の膨大な数の車両を眺め、比較し、鑑賞してもらう機会となった。この貴重なベントレーのコレクションは、推定4,000万ポンド(65億円)を超える価値を持ち、これらの車がすべて揃うことはこの先二度とないだろう。

ダグラス市長のジャネット トメニーは、展示会に出席し、「参加者とクルマが生み出すエネルギーと情熱を見ることができて素晴らしい」と述べ、オーナーを歓迎した。展示終了後、オーナーは市庁舎に招待され、マン島の副知事であるサー・ジョン・ロリマーKCB DSO MBEと面会した。

6月26日(日)、ベントレーと1922年型サンビームがピットレーンに集合し、14:00からパレードラップが開始された。当日は100年前と同じように激しい雨と強風に見舞われ、快適なドライブとは程遠いコンディションでスタートした。しかし、1922年とは異なり、雲は消え、天候は回復。警察のエスコートで、パレードは有名なサーキットの村や山々、チェッカーカーブの中を歴史的な旅へと出発した。観客が見守る中、パレードが始まり、W.O.ベントレーの初期の車両が島を一周し、90分以内に78台すべてがピットレーンに戻ってくる。

オーナーたちは、1922年にベントレーがチームトロフィーを獲得したことを記念して、ニュージーランド、アメリカ、スイスなど、世界各地から集まってきたのだ。

レース – 初期
1921年5月16日、ブルックランズサーキットで開催されたウィットソン・ジュニア・スプリント・ハンディキャップにおいて、ワークスドライバーのフランクWが、ベントレーの2号車EXP2を駆って初勝利を収めた。

W.O. ベントレーは、1922年6月22日にマン島で開催された有名なツーリスト・トロフィーに3台の3リッターベントレーを出場させることを決定した。レースは9時30分にスタートし、フランク・クレメント(No3)、ダグラス・ホークス(No6)、W.O.自身(No9)が、ひどい天候の中、302マイル(486km)をクリーム色と赤のベントレーで果敢に戦い抜いたのだ。クレメントが2位、残りの2台のベントレーが3位となり、チームの総合優勝を飾るとともに、フランスのル・マンで開催される24時間レースに向けたベントレーのポテンシャルを証明した。3リッターベントレーの成功は続き、1925年にはジョン・ダフが3リッターの24時間レースで21の世界記録を樹立した。その後、レースのバトンは4½リッターベントレー、アイコニックなブロワー、そして1929年と1930年にル・マンで2度の優勝を果たしたスピードシックスへと受け継がれた。これらの優勝を記念して、最近発表されたスピードシックス・コンティニュエーションシリーズでは、ル・マンで活躍したレーサーたちの仕様を再現した新車12台が製作される予定だ。

EXP2 – 世界最古のベントレー
1919年に会社を設立したW.O.ベントレーは、最初の生産モデルである3リッターのエンジンとシャーシの開発に2年を要し、この車は1921年から1929年の間に1,622台が生産された。その開発計画に欠かせなかったのが、エクスペリメンタルズ(略してEXP)だ。EXP1は、ベントレーのバッジを付けた最初の車だった。次に登場したEXP2は、EXP1が歴史から姿を消したのに対し(他のEXPを作るために使用されたのかもしれない)、EXP2は現存する最も古いベントレーとして1世紀を生き続けている。

EXP2は当初、2シーターのプレーンなボディで製造され、当時としては極めて先進的なエンジンとシャーシの開発テストベッドとしての役割を担っていた。その後、チャグフォード・ストリートのコーチビルダー、JHイースターによって、ダークレッドのボディとアルミニウム製ボンネットに改造された。

初レースは、初優勝のわずか9日前に行われた。フランク・クレメントの手により、1921年5月7日(土)にブルックランズで開催されたレースに出場したものの、完走はかないませんだった。。しかし、この初レースで発生した不具合は翌週には解消され、16日(月)に再びコースに出たEXP2は、初勝利を飾った。

EXP2は2年間、開発テストとレースという二足のわらじを履きましたが、1923年9月に売却された。この車は25年前にオリジナルの仕様に完全に復元され、現在ではベントレーヘリテージコレクションの最も重要なモデルの1つとなっている。



トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/07/51848/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ