フォード ブロンコが欧州導入になったんすけどね…右ハンドルのイギリスは除外なのよ



ビッグニュース! フルファットな新型フォード ブロンコがいよいよ2023年後半に欧州に登場する。万歳! しかし、あなたが私たちのように英国に住んでいる場合は、ほんのちょっと、あなたの地元のディーラーを呼び出すのは延期してほしい。フォードは、この生まれ変わった4x4は、「選択された左ハンドルのヨーロッパ市場」で「厳密に限られた数」で利用できるようになると述べているからだ。

私たちは、ジープ ラングラーに匹敵する新型ブロンコがむしろ好きだ。米国と、クライブ サットンの輸入車扱いで、英国で運転し、9/10の評価をしたほどだ。

無限のカスタマイズが可能で、見た目も頑丈なこの車は、イギリスでも大成功を収めると思う。米国での価格は、3ドアが30,800ドル(420万円)、4ドアが34,700ドル(470万円)からとなっている。

ヨーロッパに来る予定なのは、後者の方。フォードは、それぞれがどのくらいの費用がかかりますか、正確にどのくらいの数が北大西洋を渡って旅をするか発表していない。とにかく、1台キープするために、紛争が起きるだろうことは、想像に難くない。

「重要なボリュームがないこと」こそが、オーストラリアやイギリスのような右ハンドル市場はまだパーティーから除外されている理由なのは明らかだが、フォードは右ハンドル国への導入が「将来的に機会を評価し続ける」とも述べている。

右ハンドル国に導入せよ、という大声での歌と派手なダンスのムーブメントが起こるかもしれない。さあ、インターネットの民よ、何をすべきか分かっているはずだ…。




=海外の反応=
「作りの良さについては、良いことを聞いたり読んだりしたことがないけれど、おそらく悪いクルマじゃないんだろう」
「この醜い巨体について、なぜこれほどまでに大騒ぎをするのか?」
「SUVの売れ行きを考えると、ドライバーはSUVに乗っているところを人から見られたいので(90%のオーナーはこれがSUVを買う理由)、ブロンコは英国で大量に売れると思うだろう。新型ディフェンダーを見てほしい。他のSUVよりも無骨に見えるけれど、それでもよく売れている。ブロンコは、同じようなSUVやクロスオーバーとは一線を画しているのだ」
↑「正直なところ、ディフェンダーがあまり売れているとは言えないのでは?ドイツのライバル車と比較すると微々たるもの」
「ヨーロッパというより、EUに行くんだね」
「アメリカで31,000ドル(420万円)からなら、イギリスでは50,000ポンド(820万円)からくらいだから、誰も買わないだろうね」
↑「そう、いつも同じようにカッコいいアメ車が安っぽく聞こえてガッカリするのだ。でも
A) 彼らの価格には税金が含まれていないので、私たちは「価格を読み間違えて」いるだけで、ドル建て価格を見るときは20%を追加しなければならない。
B) 英国で買う人が少ないことを知っていて、より多くの人に合うであろうミディアムトリムを選び、めったに買われないエントリーレベルを省き、輸出するには安すぎるということだ。
だから…あなたの言うとおりだが、私は、元の価格は見た目ほどお買い得ではなく、私たちが手にするものは実はそれほど悪くない、ただ、ロートリムの米国価格という「偽のお買い得品」と比べると、本当に悪く見えるだけだとも思っている」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/07/51811/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ