アルピーヌ A110 ツール・ド・コルス 75は150台限定で、英国には5台のみの導入

私たちは、アルピーヌ A110が大好きだ。そして、ラリーをモチーフにしたスペシャルエディションも大好きだ。だから、このアルピーヌ A110 ツール・ド・コルス 75のニュースが編集部の共有情報ボックスに飛び込んできたときの反応は想像に難くないだろう。いや、めまいがするほどじゃないけど。

このマシンは、1956年に始まったコルシカ島の「10,000のコーナーラリー」と呼ばれ、少なくともコロナ以前は世界ラリー選手権の常連だったツール・ド・コルスにインスパイアされたものである。

A110 ツール・ド・コルス 75は、1975年に優勝を目前にして、最終ステージでランチア ストラトス HFに惜敗した同名のマシンにオマージュを捧げたモデルである。栄光を逃したとはいえ、この年のラリーでは77台中55台が完走しているのだ。

さて、今回はどんな車なのか?イエローのボディに、ルーフとボンネットはブラックコントラスト、ボンネットにはホワイトボーダーが施されている。さらに白と黒のグラフィックが施され、このクルマが特別な存在であることをアピールするモチーフがふんだんに盛り込まれている。

ホイールはグロスホワイト仕上げの「グランプリ」18インチで、ブレンボ製ブレーキキャリパーはオレンジ色に仕上げられている。インテリアには、ツール・ド・コルス 75のネームが刺繍されたサベルトレーシングのバケットシートが装着され、オプションで競技用ハーネスが用意されている。また、コンペティション用ハーネスもオプションである。

さらに、Android AutoとApple CarPlayに対応したアルパインの最新マルチメディアシステムも搭載。そして、この特別仕様車には、生産台数を示すプレートが付属している。

この特別仕様車の生産台数は、わずか150台だ。英国での価格は66,855ポンド(1,100万円)。同じ296bhpのパワートレインを誇るにもかかわらず、最高スペックのA110 GTよりかなり値上げされている。

とはいえ、150台のうち英国に導入されるのは5台だけなので、少なくともその二足とびの値上げを正当化する独占性はあるだろう。注文は6月17日から受け付けている。シミュレーターの「グランツーリスモ 7」でアルピーヌ A220を選んでいる人なら(あっちはルマンだけど)、私たちを誘って、ぜひ乗ってみてほしい。


=海外の反応=
「これを何台かラリー仕様化すればいいのだが、最近のラリー車は本来の車と違いすぎて、経済的に無理なんだろうなあ」
↑「アルピーヌ A110もR-GTクラスだし、ポルシェ ケイマンもあるし、フィアット 124もあるし、他にもたくさんあるよ。基本的なルールは、GTクーペをベースにしたラリーカーで、2WDでなければならないこと」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/51060/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ