「ル・マンでフェラーリを走らせる(そしてクラッシュさせる)のはどんな感じですか?」イギリス人フェラーリパイロット、ジェームス カラドに聞いてみた

ジェームス、ル・マンでフェラーリを走らせるのはどんな感じか、私たちに教えてください
まず第一に、フェラーリのオフィシャル・ドライバーであることは大きなプレッシャーなんだ。パフォーマンスを発揮し、勝つことが求められているから。イギリス人であり、このイタリアのファミリーの一員であることは、私にとってとても幸運なこと。2つの世界タイトル、2つのル・マン優勝、その他多くの勝利を手にすることは、とても特別なことだよ。私はいつも、フェラーリは他のどのチームとも違うと言っている。ロードカーもF1もGTカーも、みんなひとつの大きなファミリーで、その一員であることをとても誇りに思っているんだ。

夜のレースって、どんだけガ●キチなことなんですか?
夜の練習は2回。リズムをつかむのに3、4周かかる。基準点をすべて外しているので、コーナーが早く来るように感じる。そうすると、自然にそうなるんだ。バーベキューの匂いもするし、人々が踊っているのも見えるし、特にル・マンではいい気分だよ。他のナイトレースと違って、ル・マンではコースの周囲に照明がないので、木々の間を抜けていくには、とても良質なヘッドライトが必要だ。でも、夜のスティントは楽しいよ。タイヤは長持ちするし、エンジンは冷えた空気の中でよりパワフルになる。

ル・マンは24時間のスプリントレースですが、マシンをケアするためにペースを落とすことはないのですか?
レース中のペースによるんだよね。パフォーマンスのバランスがよければ、少しマシンを休ませることができる。そうでなければ、コンマ数秒を取り戻すために縁石を使ったり、プッシュしたりしなければならない。縁石を使うのは理想的ではないし、ダンパーを壊してしまう。

安全性とグリップの間にある微妙なラインを管理するのは難しい。でも、GTでは24時間、1周1周が勝負なんだ。ジンクスとは違うけれど、マシンはとても信頼できるし、ここ数年で大きく進歩した。以前は、特にブレーキなど、マシンのマネージメントが必要だったんだよね。

運転しやすく、快適なクルマになったのでしょうか?
運転が簡単になったというわけではなく、技術が進歩しただけだね。僕が初めてル・マンを走ったのは2014年の458だったけど、今は488の最も進化した形になっている。クルマはもう少しグリップがあり、エレクトロニクスも少し良くなっていて、あまり心配する必要はない。でも、毎年、簡単にはいかないのは確かだ。

ハイパーカーに邪魔されないようにしながら、どうやって自分のクラスのレースをするのですか?
昔はもっと難しかったよ。今はハイパーカーも遅いからね。ミラーを見ても何も見えないのに、突然、目の前をマシンが通り過ぎるんだ。最近は、追い抜きのスピードが速くなくなっているんだ。数年前までは、ただラインをキープしていたが、今は、通り過ぎるときにタイムを失わないよう、管理するように心がけている。バカ同士で争って2、3秒を失う代わりに、コンマ2、3秒を失うかもしれないんだから。

ル・マンでは、セーフティカーが入るので運も必要だ。セーフティカーを逃すと、35秒から40秒の遅れをとることになる。ル・マンでは常に上位にいることが重要で、セーフティカーが入ることを想定して一番乗りを目指して必死で戦っている。

毎スティントフラットアウトでプッシュしているとき、最大限の集中力を維持するのは難しいですか?
僕はプッシュしている方が好きなんだ。減速し始めると、フラットアウトで走っているときよりも、マシンが壊れないか心配になるんだよ。

耐久レースの魅力は何ですか?
耐久レースといえば、やはりル・マンだろう。レースだけでなく、雰囲気や観客、テレビの視聴者にも魅力がある。どのレースも同じように扱うけれど、ここに来られていることを幸運に思っている。ここでレースをするためのコストは想像もつかないし、ここに来るのも簡単じゃない。でも、フェラーリのためにこのレースで勝とうとするのはいい気分だよ。

ミュルザンヌのストレートの下で車が故障した場合、ドライバーとしてピットに戻るために何ができるでしょうか?
僕はこのクルマを知り尽くしている。うまくいかなくなったら、直せるかどうかがわかる。すべての手順を知っているんだ。ステアリングホイール上のものをリセットするだけでなく、小さなことがたくさんあるんだよね。例えば、燃料がなくなったら、ちょっとしたセーフティネットがある。でも、ゲームオーバーになったら、それはゲームオーバーなんだ。

初めてル・マンに参戦する人にアドバイスをお願いします
僕は2013/14シーズンにGP2から戻ってきたんだ。シングルシーターの世界では、F1へのステップアップのために、誰をも打ち負かそうとする。それが耐久レースに臨む僕の姿勢だったんだけど、それはまったくうまくいかなかった。2人のドライバーがいるのだから、彼らより速く走ろうとする必要はないことを理解する必要がある。チームとして働く必要があるんだ。僕は1年目に間違った態度をとってしまい、2014年には大クラッシュしてしまった。

入院していたため、レースにも出られなかった。その瞬間から、一歩引いて、2時間のレースではなく、耐久レースであることを認識する必要があるということがわかり、解放された。そこから、結果が出るようになったんだ。だから、若いドライバーに言いたいのは、大きなエゴを持たないでほしいということ。ル・マンはクラッシュするところじゃないから。特にロードカーのシャシーを使ったGTカーは、ここでクラッシュすると痛い目に遭う。

2022年のル・マン24時間レースで、ゼッケン51のフェラーリ 488GTEを駆るジェームズは総合29位、カテゴリー別2位の成績を納めた。

集客コンサルティング【しっとる】

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/50571/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

トレンド

アーカイブ