さよなら、ドリフトモード…999台限定のメルセデスAMG E63 S ファイナル エディションは、V8を手に入れる最後の1台


W213、5代目となるEクラスの物語が終わりを迎えようとしている。メルセデスのパフォーマンス部門は、AMG E 63 ファイナル エディションでグランドフィナーレを迎えることとした。

999台の限定生産で、サルーンとエステートが用意されている。ファイナル エディションは、Mk6でハイブリッド化が始まる前に、612ps、4.0リッターのツインターボV8を手に入れる最後のチャンスとなる。

20インチ鍛造ブラックアルミ、マットグラファイトマグノペイントに加え、AMGのナイトパッケージにより、フロントスプリッター、トリムストリップ、ウィンドウサラウンド、ミラーハウジングなど、様々なハイグロスブラックエレメントが装備されている。

ブラッククロームのツインテールパイプ、Bピラー後方のティンテッドガラスも装備されている。CピラーのAMGエンブレムは、即席のドラッグレースが行われる際に、他のドライバーにあなたの優位性をアピールするものだ。

AMGのシート パッケージ ハイエンドのパックは、ナッパレザー仕上げのシートで、「ダイナミックなドライビングをサポートする」と、メルセデスでは言っている。

レザー(とマイクロファイバー)はステアリングホイールにも施され、イエローのコントラストステッチが外観を引き締めている。この手のものにはよくあることだが、センターコンソールにはAMGファイナルエディションという特別なマーカーがあり、999台の最終生産台数におけるこのクルマの名前が記されている。

さらに、「ガレージのホコリから大切なクルマを守る」ために、室内用カーカバーもプレゼントされるとのこと。ちょっと殺風景。思慮深いけど、やっぱ殺風景。

さよならドリフトモード…さみしいな。


=海外の反応=
「最終版で自然吸気エンジンにできなかったのが残念。このミュートされたV8は、ひどい音だ。4気筒か6気筒の自然吸気でよかったのに」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/50140/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ